小林よしのりライジング

「『海外では女医が多い』の疑問」小林よしのりライジング Vol.281

2018/08/21 16:50 投稿

コメント:109

  • タグ:
  • 小林よしのり
  • よしりん
  • 小林よしのりライジング
  • ゴーマニズム宣言
  • ゴー宣
  • 泉美木蘭
  • 女性差別
  • 男女平等
  • 戦争論
  • おぼっちゃまくん
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第281号 2018.8.21発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…日本国内の社会問題を批判するときに、比較対象として「海外では…」と他国の例を持ち出して、他国が無条件に優れているかのように賛美する人々がいる。女医問題でも同じで「海外では女医が多いのに、日本では…」と言われるが、果たして本当だろうか?各国のデータや社会保障制度、医療制度を比較検討しつつ徹底解説!
※「ゴーマニズム宣言」…時代の空気というものは、その時代に生きた人にしかわからないところがある。しかも当時を知っている人でもあっさり忘れて「なかったこと」のように記憶を改竄してしまったりするもので、なおさら後世にその感覚を伝えるということは非常に困難なものになってしまう。今の日本は完全に右側に振り切れて「自尊史観」にまで行ってしまったが、『戦争論』以前はどういう空気だったのか思い返してみよう。
※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。しーぎゃーびー!!ぽっくんたち、嵐の海の中で漂流中ぶぁい!誰か何とかしてクリ!金で解決できるんなら、いくらでも払いまーしゅ!

 66d77d5a92f2fe2970c3b9448ba0f33b2d608143


【今週の目次】
1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第93回「『海外では女医が多い』の疑問」
2. ゴーマニズム宣言・第289回「〈空気〉を変えたのは『戦争論』だ!」時浦兼
3. しゃべらせてクリ!・第238回「しぎゃびー! 嵐の海で絶体絶命ぶぁい!の巻〈前編〉」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




d0341ad05fcd097fda3efd17d8490d73efe0402c

第93回「『海外では女医が多い』の疑問」

「日本は諸外国に比べて女性医師が少ない!」
「フィンランドでは女性医師の割合が5割。なぜ日本はできないのか?」

 日本国内の社会問題を批判するときに、比較対象として「海外では…」と他国の例を持ち出して、他国が無条件に優れているかのように賛美し、「それにくらべて日本は未熟で悪辣」と結論づける人々のことを、ちまたでは、その口癖から『海外出羽の守(かいがいでわのかみ)』と呼んでいる。
 亜種として「うちらの業界ではさぁ~」と、すぐ“自分のいる業界って特別なんだぜ風”を吹かせて悦に入る『業界出羽の守』、先進国での複雑化した貧困問題について語っているのに「アフリカでは飢餓の難民が~」と言い出す『途上国出羽の守』も本当にやっかいだ。
 また、LGBTに関する話を聞いていると“現実はそんなうす甘い恋愛話ばっかりじゃねえよ!”と腹が立ってきて、つい「二丁目ではねぇ~」と言ってしまう『新宿二丁目出羽の守』(あたしだよっ!)も最近発見されている。

■ドラマ見て女性差別と決めつける出羽の守
「20年以上前のアメリカのドラマ『ER緊急救命室』では女性医師が活躍していた。アメリカでは女性にとってERが普通の職場。日本の医療界の男女差別は酷いな」
 よっぽど演出がかっこよくて「アメリカ人のたくましい女医、憧れるう~♡」と記憶に残ったのかもしれないが、日本だって『救命病棟24時』では松嶋菜々子や松雪泰子が救命医として大活躍していたし、『ドクターX~外科医・大門未知子』も超大人気ドラマじゃないか!
『科捜研の女』に至っては、死体を解剖する監察医のみならず、法医学の世界で働く女性科学者が異常なまでに事件に食い込んで大活躍している。1990年にも『外科医有森冴子』が大ヒットしたし、今年10月からはじまるTBS系の連ドラ『大恋愛~僕を忘れる君と』は、若年性アルツハイマーに侵された女医の恋愛という、単純に“活躍する”女医像ではない、複雑多岐に渡る設定が発表されていた。

 49d627d31a46c0d5d81a520562e396af0f796811
 『ER season1』DVDパッケージより

 そもそもアメリカはポリコレがすごいから、表現に関しては、男女だけでなく、白人、黒人、スパニッシュなど人種にも相当配慮して配役していると思う。ドラマや映画では理想像を描きながら、白人至上主義との衝突など、現在進行形で大問題が起きているのがアメリカだ。
 ドラマの配役だけで、即「アメリカは進んでいる、日本は遅れている」とは決められない。

■国柄を無視するOECD出羽の守
 これは、OECD加盟国の女性医師の割合について、各国を比較した表だ。平均は39.3%。日本は20.4%と低く、21.9%の韓国に次いで最下位である。
 
 0855e5a9c324528fbffb39945e153fe37216f22d

 最下位と聞くと、反射的に「もうちょっとなんとかならんのか……」と思う。しかし、この表を掲げて日本を「女性蔑視」と叩く前にちょっと冷静になってみたい。

「1位のエストニアは凄い。女性医師の比率が73.8%にのぼるじゃないか。それに比べて日本は……。女性の人権がないがしろにされている」
 ……とは、言えない。
 エストニアをはじめとするバルト三国は、もともと旧ソ連の影響を受けており、「働かざる者食うべからず」。日本のように「家事という仕事」が認められず、男女ともに「主婦・主夫なんてあり得ない」という感覚の国でもあるが、そこに加えて社会体制の崩壊が影響して「男性が早死する」という事象も起きている。エストニアは人口の男女比率が偏っていて、女性100に対して男性が88しかいないのだ。 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

希蝶
No.138 (2018/08/28 09:34)
もう少し宜しいでしょうか。インターネットニュースを見ていたら、とんでもない記事を見つけてしまって。

さくらももこさんのご冥福をお祈り申し上げます。ちびまるこちゃんを見ていると、昔の子供の頃のことを思い出して、懐古的な気持ちになること、しばしばでした。

遅れましたが、菅井きんさんのご冥福もお祈り申し上げます。私にとっては、必殺シリーズよりも、ジーパン刑事のおかあさんでした。

しめっぽい話ですみません。それでは。
国士無双十三面待ち
No.139 (2018/08/28 10:08)
さくらももこさんのご冥福をお祈りします。
人間行き続けると、失うモノが多くなるのは、本当ですね。
ニセただし
No.140 (2018/08/28 11:19)
またまた、本編とは関係ない内容で、失礼致します。
今朝、仕事を終え帰ってきて、『オドレら、正気か?』をタイムシフト予約で見てみたら、無事見れました。
昨日の19時頃は、まだ見れなかったのですが。
お騒がせ致しました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細