小林よしのりライジング

「男らしさ、女らしさをなくすべきか?」小林よしのりライジング Vol.488

2023/12/12 16:40 投稿

コメント:123

  • タグ:
  • 小林よしのり
  • よしりん
  • 小林よしのりライジング
  • ゴーマニズム宣言
  • ゴー宣
  • 泉美木蘭
  • 男女平等
  • キャンセルカルチャー
  • 自称保守
  • おぼっちゃまくん
f2595d0d53f7f1e38a592799eb4b4f5bbcb64d85
第488号 2023.12.12発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…人間、なろうと思えば、必ず何かの「被害者」になることができる。現在の自分が不遇なのは自分のせいだと認めることができず、どこかに自分をこんなことにした「加害者」がいると思いたがる、不幸な人は必ずいる。そして、そんな人を自分のイデオロギーのために利用しようという人も、必ずいるものだ。11月19日に「国際男性デー」なるものがあったらしい。「『男らしさ』という固定観念や、男性や男の子の健康に目を向け、ジェンダー平等を促す日」なんだそうだ。朝日新聞は今年初めて「国際男性デー」のイベントを開催、8回にわたって「らしさって 国際男性デー」と題する連載特集を組んだ。朝日新聞がこの特集で「国際男性デー」の普及のためにどんな主張をしたのか、見てみよう。
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…月刊『Hanada』は12月も元気だ。編集部のX公式アカウントが、河野太郎からブロックされたらしい。SNSによって神経質な独裁者気質の顔が如実になった河野太郎も気になるところだが……今号の目玉記事は、百田尚樹、有本香、櫻井よしこの「日本保守党は王道を歩む」という鼎談だ。「安倍晋三を尊敬する」「安倍なき自民党は最悪だ」と言いながら、日本保守党が批判している政策は、消費増税しかり、外国人労働者受け入れ拡大のための入管法改正しかり、ほとんど安倍晋三がやったことである。彼らはどのように自分を納得させているのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…国会で議員が答弁中にスマホを使うのはマナー違反?生命至上主義が蔓延る現代日本で『ゴジラ-1.0』があのように描かれた意味とは?BRICSの拡大などロシアは持ち直した一方で、ウクライナでは厭戦気分が高まっているのでは?外国人観光客が戻ってきていることをどう思う?今まで聞いて来た中で違和感を持った曲は?「日清どん兵衛」のCM出演者が吉岡里帆さんからアンミカさんに交代した事で、賛否両論が巻き起こっている件をどう思う?「おぼっちゃまくん」がグローバルなポリコレの波に覆われる可能性はない?高等学校無償化に賛成?反対?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第517回「男らしさ、女らしさをなくすべきか?」
2. しゃべらせてクリ!・第444回「メリー苦シミマス! 地獄のサンタがやって来た~っしゅ!の巻【前編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第311回「河野太郎にブロックされているHanadaウォッチ…“安倍さんは奇跡”だって。」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




41fe431703e1373a31553805b9bf17cfe3cc9f16

第517回「男らしさ、女らしさをなくすべきか?」

 人間、なろうと思えば、必ず何かの「被害者」になることができる。
 現在の自分が不遇なのは自分のせいだと認めることができず、どこかに自分をこんなことにした「加害者」がいると思いたがる、不幸な人は必ずいる。
 そして、そんな人を自分のイデオロギーのために利用しようという人も、必ずいるものだ。

 先月「ゴー宣道場」ホームページで始めた「ゴー宣ジャーナリスト」ブログで知ったのだが、11月19日に「国際男性デー」なんてものがあったらしい。「『男らしさ』という固定観念や、男性や男の子の健康に目を向け、ジェンダー平等を促す日」なんだそうだ。
「国際女性デー」というのがあって「女らしさ」という観念をなくそうとしているというのは聞いていたが、なんとその男性版が出てきたらしい。
 男らしさ・女らしさをなくそうなんて、それでどうしようというのか? わしには、無茶苦茶としか思えない。男がスカートを履いて、両脚を斜めにくっつけて座り、女がズボンを履いて、股開いて座れとでも主張する日なのだろうか?

 少し調べてみたが、「国際女性デー」の源流は20世紀初頭まで遡り、オーストリア、デンマーク、ドイツ、スイスで初の「国際女性デー」の記念行事が行われたのが1911年。現在、3月8日とされている「国際女性デー」は1975年に国連が定め、1977年に国連総会で決議されている。
 もともと「フランス人権宣言」が女性の人権を認めていなかったことに顕著なとおり、世界中で女性の権利は著しく低く抑えられていた。
 そのため歴史の必然として女性の権利・地位向上運動が起こり、その一環として「国際女性デー」の発想が生まれたわけで、「女らしさ」の否定にまで暴走してしまった現在のありようは論外としても、その着想の時点においては十分な必要性があったとはいえるだろう。
 それに対して「国際男性デー」には、何ら歴史的な必然を感じない。単に「『国際女性デー』があるんなら、『国際男性デー』も作らなきゃ、男女平等じゃないやい!」というような、駄々っ子の発想としか思えない。

 実際、「国際男性デー」はカリブ海の小国トリニダード・トバゴで1999年に始まったもので、まだ歴史も浅く、国連も正式に認定していない。
 なんでトリニダード・トバコかというと、たまたまこれを提唱した学者がトリニダード・トバコ人だったからで、「人権真理教」の本場・アメリカの発祥ですらないのだ。今まで知らなかったのも当然としか言いようがない。
 そしてなぜか今年になって、その話題をわずかながら聞くようになったわけだが、それは、例によって左翼マスコミが煽り立てたからだ。
 朝日新聞は今年初めて「国際男性デー」のイベントを開催、これに併せて11月18日から25日まで(web版)、8回にわたって「らしさって 国際男性デー」と題する連載特集を組んだ。
 では、朝日新聞がこの特集で「国際男性デー」の普及のためにどんな主張をしたのか、見てみよう。

 連載の第1回では64歳の元消防士を取りあげ、次のような身の上話を紹介する。
 何不自由ない家庭に育ち、23歳で子供の時に憧れた消防士になる。
 消防は軍隊を思わせる、厳しい上下関係の男の世界。勤務は苛酷で、同僚は過労で倒れるが、「頑張るのが当然と思っていた」。
 40歳の頃、8歳下の女性と見合いし、結婚を前提に付き合ったが、女性の母親から「顔も見たくない」と言われるほど嫌われ、頭に来て「親を捨てろ」と言い放って別れを切り出され、やり直そうとしたが破局、今も独身。
 55歳の時、部下に声を荒らげて「パワハラ」と訴えられ、処分には至らなかったが、職場では孤立。家でも一人きりで孤独。
 5年前、定年退職して駅ビルの管理会社に再就職するが、周りはほとんど女性で、何を話していいかわからない。上司から「お客様」を迎えるお辞儀の角度を細かく指導されていらつく。「言い方がすごいきつい」などと苦情を言われたこともある。
 初日から辞めたくなった。お金にも困っていない。でも辞めない。その理由は「男のプライドがあるから」と、記者の目を見つめて真剣な表情で言った。

 こんな男の身の上を延々と読ませて、いったい何が言いたいのかというと、要するに「この人がこんなにつらい人生になってしまったのは、世の中に『男はこうでなければならない』という、『男らしさ』の観念があるせいだ」と主張しているのだ!
 男性は認定心理士のセミナーで「『男はこうあるべきだ』にがんじがらめになっていますね。つらくないですか?」と言われ、はっとしたという。そして、女性と別れた時や職場で孤立していった時、いつも「男たるもの強くなければ」と言い聞かせてこなかったかと自問したそうだ。それで、「あのときこうしていればという後悔ばかり。自分で選んだ人生だけど、孤独ってしんどいな」と言ったそうだ。

 続いて記事には大妻女子大学准教授の田中俊之という「社会学者」が登場。 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

ちなみに私は「DOJO」のほうが良いと思います。
DOJO、カッコいいじゃないですか。地に根をびっしり張って倒れない感じがして好きです。

No.129 5ヶ月前

ライジング配信ありがとうございます!

ゴーマニズム宣言・第517回「男らしさ、女らしさをなくすべきか?」拝読しました。

取材を受けた男性たちの生きづらさは、何か一つが原因という訳ではないでしょう。

本人のプライドの高さ、目下の人間に対して高圧的に接する姿勢を改善できない頭の固さ、男尊女卑、「エリートになれば幸せが約束されている」という思い込み。

男らしさのせいにするのは違うと思います。

全国紙の取材に応えたのは、世間から「男らしさの犠牲者」として同情されたかったからなのでしょうか。
「かわいそうに」と哀れに思わるために、今まで生きてきた訳じゃないでしょうに。

木蘭さんのトンデモ見聞録・第311回「河野太郎にブロックされているHanadaウォッチ…“安倍さんは奇跡”だって。」拝読しました。

SNSによって、河野太郎の独裁者気質が露わになったのは良いことかもしれません。

安倍氏の権力に魅入られ、取り憑かれた人たちが繰り返し唱える「奇跡」。
「奇跡」と思えるほどの思い込みの強さが奇跡です。

No.130 5ヶ月前

DOJOサポーターのゴロンです。
「愛子天皇への道」/本日のブログ紹介です。
①【自民党議員に、はがきを送ってみた】(基礎医学研究者さん)
https://aiko-sama.com/archives/34066
②[good]毎日新聞「考・皇室 深まる危機」続報②
https://aiko-sama.com/archives/34062
③毎日新聞「考・皇室 深まる危機」続報②に対する反応(ゴロン)
https://aiko-sama.com/archives/34076
④毎日新聞「考・皇室 深まる危機」続報②に対する反応(ただしさん)
https://aiko-sama.com/archives/34088
⑤【小者ronpa】いつ名乗り出るの?今でしょ!
https://aiko-sama.com/archives/34074

①【自民党議員に、はがきを送ってみた】(基礎医学研究者さん)
 基礎医学研究者さんのはがきルーティン、ひとまず最終回は、自民党幹事長でもある茂木敏充懇談会会長代理です。「静謐な環境」の意味が、他社の意見を聴かないことでは×です。
②[good]毎日新聞「考・皇室 深まる危機」続報②
 毎日新聞の考・皇室シリーズ、インタビュー第二弾は元最高裁判事で、平成の有識者会議座長代理の園部逸夫氏でした。10月のYahooニュースで、最高の提言をして頂いた方ですね。第一弾が昨日紙面に載っていましたね(リード文が変わっていたのが嬉しい)。
③毎日新聞「考・皇室 深まる危機」続報②に対する反応(ゴロン)
 「皇室がなくなっても、何も変わらないでしょう」から始まったので、どのように意見を述べようかと思いましたが、それは、以前は私も同じように考えていたし、園部氏の経験上そういう考えに至るのも仕方ないと思い、今の気持ちを伝えました。
④毎日新聞「考・皇室 深まる危機」続報②に対する反応(ただしさん)
 ただしさんの、「(天皇のありがたさに)気付いた国民は、天皇制を守るべき」という意見、私もそう思います。紙面では、男系継承のリード文が変わったのは良かったですね。
⑤【小者ronpa】いつ名乗り出るの?今でしょ!
 何も考えない応えない知らない、胸糞悪いだけの輩。いっそ旧宮家の子孫の方々全員が「万が一皇籍取得を求められても断固拒絶する」という書面でも出せばいいのになぁ。

 昨日のゴー宣ジャーナリスト焙煎珈琲さんのブログ、なかなかの衝撃でした。出前館のイメージが覆りましたね(出前を頼む習慣が0の私にはあまり関係はないのですが)。「テレビCMを出している会社はあやしい」なるほどです(ニシタンが思い浮かびました)。次回の目線も楽しみです。
https://www.gosen-dojo.com/blog/44090/

過去の注目記事
https://aiko-sama.com/archives/30579
愛子天皇への道
https://aiko-sama.com/

No.131 4ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細