小林よしのりライジング

「【バングラデシュ事件】ついに日露・大東亜戦争の遺産は食い潰された」小林よしのりライジング Vol.184

2016/07/12 15:40 投稿

コメント:153

  • タグ:
  • 小林よしのり
  • よしりん
  • 小林よしのりライジング
  • ゴーマニズム宣言
  • ゴー宣
  • バングラデシュ事件
  • イスラム国
  • 安倍晋三
  • 泉美木蘭
  • グローバリズム
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第184号 2016.7.12発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…バングラデシュの首都ダッカのレストランを過激派組織「イスラム国」のテロリストが襲撃し、日本人7人、イタリア人9人を含む民間人20人を殺害するという大事件が起きた。この事件が、大の親日国であったバングラデシュで起きたという意味を、我々はもっと深刻に捉えなければいけない。かつてはテロの危険を回避できた日本人が、今や一番のターゲットにされるかもしれない事態となっている!
※小説「わたくしの人たち」…新連載開始!極めてヘンテコな人たち、強力にヘンテコな物事に囲まれて、ヘンテコな体験をするという星のもとに生まれた泉美木蘭さん。小説「わたくしの人たち」では《私心が肥大化した》モンスターたちの滑稽さに焦点をあてます。この小説を読むことで、木蘭さんが見舞われたヘンテコな経験を疑似体験できる!?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!公務員を人事評価や成果主義で評価するのは正しい?ギターを弾いていた先生流の「音楽の極意」とは?イギリスのEU離脱で、ヨーロッパ先進諸国間での戦争のリスクは上がったのでは?時間旅行ができるとしたら、どの時代に行き何をしてみたい?等身大の自分を自覚し自意識を肥大させないことと、牙を抜かれた情けない男になることの違いとは?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第179回「ついに日露・大東亜戦争の遺産は食い潰された」
2. しゃべらせてクリ!・第144回「ずんずんお父ちゃまとしゃなしゃなぽっくんのお通りぶぁい!の巻〈後編〉」
3. 新連載!泉美木蘭の小説「わたくしの人たち」・第1話「グローバル肥大化おじさん」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




92012ce2937a424ec04761a13cac032ec9ba9961

第179回「ついに日露・大東亜戦争の遺産は食い潰された」

 バングラデシュの首都ダッカのレストランを過激派組織「イスラム国」のテロリストが襲撃し、日本人7人、イタリア人9人を含む民間人20人を殺害するという大事件が起きた。
 この事件が、大の親日国であったバングラデシュで起きたという意味を、我々はもっと深刻に捉えなければいけない。

 バングラデシュの国旗は緑の地に赤い円というデザインで、日の丸によく似ている。

 3a09805511c2325e1f5fe1419f052471e07c61fb

 バングラデシュのシェイク・ハシナ首相は2014年5月に来日した際の講演でこの国旗について、父親で初代大統領などを務めたシェイク・ムブジル・ラフマンが、1972年の国旗制定時に「日本に魅せられ、日の丸のデザインを取り入れた」ものだと語っている。
 パラオの国旗も青地に黄色の円で日の丸に似ており、元高千穂商科大学教授の故・名越二荒之助(なごし・ふたらのすけ)氏は、講演で日の丸とバングラデシュ、パラオの国旗を「日の丸『三兄弟』」と称し、他の親日国の国旗と併せて次々と広げるパフォーマンスをやっていた。

c12ecec25e4f235e2dbeb1f19372fc252a5819ae
(『日本統治論』わしズム2005秋号『ゴー宣EXTRAパトリなきナショナリズム』に収録)

 その名越氏はバングラデシュの国旗について、著書にこう記している。

 私が駐日大使館に国旗の意味を訊ねたら、広報担当官が流暢な日本語で「日本への憧れですよ」と言下に答えた。私が「それは外交辞令ではないか。独立国らしく答えて貰いたい」と言うと、「私の国では国旗の意味を特定していない。解釈は自由なのだ」という。そして、「バングラデシュというのは、“ベンガルの国”という意味である。そのベンガルに世界に誇るべき偉人が三人いる。一人はアジア人で最初にノーベル文学賞を貰った詩聖タゴール(岡倉天心と親交あり、数回来日している)であり、続いてインド独立に命をかけたチャンドラ・ボース、そして極東裁判で正論を貫いたラダビノッド・パル判事だ。この三人はいづれも日本と深い関係にある」と答える。
 同じ解釈をするのは大使館員だけではない。独立した時に日本は早川崇国会議員を団長に、バングラデシュを訪問したことがある。その時建国の父といわれるシェイク・ムジブル・ラーマン首相が、訪問団に同じ趣旨のことを述べたという。このことは同行した田中正明氏の証言でもある。
(『世界に開かれた昭和の戦争記念館4 大東亜戦争その後』展転社)

 少々話がそれるが、パラオの国旗についても触れておきたい。 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

ニセただし
No.157 (2016/07/19 11:41)
木蘭先生、大丈夫かい? ぐっすり眠れたかい?
よしよし、よしよし。
叢叡世
No.159 (2016/07/19 19:22)
嘗て安倍首相の病気で擁護していた右派が、今度は鳥越の癌の病み上がりで攻撃しています。
そしてまた、左派が嘗て安倍の事で責めていた筈が今度は鳥越の擁護に回っているのです。

これぞ腐った民主主義ですよ。
tintiropo-n
No.160 (2016/07/19 19:22)
今日配信のジャーナリストもくれんさんの記事が楽しみ。ワクワク。

同じ主題の堤未果さんのアメリカシリーズは読むのが辛すぎて・・・。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細