麻雀最強戦ブロマガ

近代麻雀プレミアリーグ後期第7節A卓レポート

2015/11/13 19:00 投稿

  • タグ:
  • 麻雀最強戦
  • 近代麻雀プレミアリーグ
  • 近代麻雀
  • 竹書房
  • 佐々木寿人
  • 小林剛
  • 和久津晶
  • 鈴木達也
208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

第7節A卓は、起家より和久津・達也・小林・寿人の並びとなる。
23e19a37b155fea6e092be48dd728b8348f95998

トータル上位3人と、ボーダーライン突破にはトップが必須の達也。心理的には追う達也が有利なのは間違いない。が、逆に序盤に達也を沈めれば非常に楽な展開でゲームを回せる。そんな状況のもと、まず先行したのが和久津だった。
130bc31c3917204e0313f282b1127dae18988fd6

東2局。ドラpai_s_2s.jpg。親の達也がドラのpai_s_2s.jpgを捨ててリーチ。待ちはpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgのシャンポンで、抑え込みの意味合いが強いリーチである。このドラをポンして反撃に出る和久津。
5800a866822556c17b54309b0bbdda7b9d7a8fcd

食いタンドラ3のイーシャンテンだが、ポンした時点で安全牌はゼロ。しかもpai_s_4m.jpgが片アガリのテンパイになる可能性はある。和久津の攻めっ気が強いのはいつものことで、対局後も

和久津「これは絶対ポンしますよ~」

と言っていた。ただ、相手が高打点派の達也のリーチとあればなかなか声が出ないところである。結果、この積極策が功を奏した。
d8d86634e2acc095aa0f2f051d73dc23e78935cb

何と和久津は達也のホーテイ牌で満貫のアガリをものにしたのである。

a5940ba00efaf898bf8d37e9624dde62359db4d8

追う側の達也にとってこういうアガられ方は精神的に堪える。そんな達也を試すような手が次局訪れた。
bb38e5b6d10814a780c66d4c1318a19257ba6be5

ドラのpai_s_2p.jpgを重ねてチートイツのイーシャンテン。だが、タンピンや食いタンなどの可能性もあるため、pai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpgを捨てる人もいるだろう。ただ、チートイツが得意な達也はその道を選ばないと思った。となれば、マンズかpai_s_5s.jpg。メンツ手の保険をかけるならpai_s_5s.jpg切りだろうか。だが、ここで達也はメンツ手の未練を断ち切るpai_s_3m.jpgを選んだ。

達也「まずマンズに手をかけたのはメンツ手にブレたくなかったから。仮にpai_s_5s.jpgを捨てて次にpai_s_2p.jpgなどを引いたらまた迷ってしまってアガリを逃しかねない。pai_s_3m.jpgを捨てたのは、pai_s_2m.jpgに自信があったからです」

メンツ手とチートイツは最終的にどちらを選ぶにしても、片方を早めに見切るほうがアガりやすいもの。次巡、達也はpai_s_4m.jpgを重ねテンパイ。自信のあるpai_s_2m.jpg単騎でリーチをかけた。
3a92feaff92ba4a95b8e875a3c1fc875557c4b75

pai_s_2m.jpgは山に1枚だったが、これを見事に掘り当てた達也。決勝進出への赤信号が灯りかけたが、一局で戦線に復帰を果たした。達也は続く東4局でも、リーチ・pai_s_chun.jpg・ドラ3のアガリを決め、南場をトップめで迎えることになる。



さて、この半荘、精彩を欠いていたのが寿人だった。
cf02fa90b67dc4733822fb71dde2812542411812

真っすぐ前に出られる手がなかなか来なかったのは事実だが、それでも普段の寿人の麻雀を見ているものにとっては、少し退きが早いような感じがした。それは寿人自身も認識していたようで、自分が前に出なければと思っていた。

だが、それが焦りにつながったのだろうか。南2局。ドラpai_s_6s.jpg。西家の寿人は1巡目に役牌のpai_s_sha.jpgをポンしてアガリに向かう。寿人の手がイーシャンテンになったところで、6巡目に親の達也のリーチがかかる。寿人はリーチに無筋のpai_s_5m.jpgも押してイーシャンテンを維持。

その後、両者に挟まれた小林が、pai_s_5m.jpgのスジであるpai_s_8m.jpgを捨てた。だが、寿人はこれを見送ったのである。
6285f0e8953c935dd2a486aa9cfb54d72cf92b75

これをチーして安全牌のpai_s_9s.jpgを切ればpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpg待ちのテンパイ。ドラのpai_s_6s.jpgは達也の現物でもあるのでそれなりに勝算はある。

寿人「これ鳴かなきゃいけないですよね。ホンイツをアガろうという気持ちが強すぎました」

現状ラスめということもあり、高い手を目指した寿人だったが、やはりこれをチーしないのは不自然でもある。結果、寿人が達也のロン牌pai_s_6m.jpgを掴み、3900の放銃となった。

267028922252af32b784d113e3224b459d9b2f00



南2局2本場は小林が「らしい」手筋を見せる。
729786fe4fc27052a1b54796400a5ff78b918c2b

752e8f5c82f5c6969f8c1ff4cd5848254b124392

目下3番手の南家・小林。2巡目にチャンス手のイーシャンテンとなる。タンピンドラ1、高めイーペーコーの形だ。pai_s_4s.jpgを捨てる人が圧倒的に多いと思う。だが、ここで小林は打pai_s_nan.jpgとした。その後、pai_s_3s.jpgをツモってこの形になる。

b81a2e31be970d7683813efb5df7fa80bfb9345a

こうなったらこうなったで若干、迷いも出る。打pai_s_2s.jpgだと、マンズを先に引いたとき単騎待ちのテンパイになるのが不満。pai_s_4m.jpgを切ればピンフが確定するが、ドラツモでのテンパイを逃す。が、ここで小林は打pai_s_2s.jpgとした。

が、驚いたのはその直後。
f0f4c07528fd0879bb3329d60c224e4920c3150d

何と小林は、上家の達也が捨てたpai_s_4m.jpgにチーテンをかけたのである。満貫・ハネ満のみえるイーシャンテンから2000点に落としてテンパイを取ったのだ。常日頃、小林は「みんな欲張りなんですよ」という言葉を発するが、この見切りには驚いた。これは完全に決勝進出のボーダーを見据えた選択である。この程度のマイナスの3着なら十分残れる位置だし、次の親番次第ではもっと良い状況(この半荘での着順アップ)になるかもしれない。言われてみれば確かにそうだが、とはいえなかなかこの選択をできる人は少ないだろう。

結果、達也からpai_s_5p.jpgが出て小林は2000点のアガリを決めた。さらにオーラスではリーチ・pai_s_pe.jpg・ドラ2の満貫をアガって2着に浮上。小林としては最高の結果で第7節を終えた。
e41c9f21237baf7b8360276d7def719c8a00132c

第7節A卓結果
達也+47.2 小林+11.1 和久津-14.5 寿人-43.8

この時点でのトータルスコアは以下の通りである。
14dd952d2cea14d732e7d87b9722e3f704edcb10

トップを取った達也はついにプラス圏内に突入した。最終節もトップを取らないと厳しい状況ではあるが、可能性は大幅にアップ。B卓のたろうとともにW鈴木の復活はあるのだろうか?

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

麻雀最強戦ブロマガ

麻雀最強戦

月額:¥880 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

麻雀最強戦チャンネル

麻雀最強戦チャンネル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細