麻雀最強戦ブロマガ

近代麻雀プレミアリーグ後期第3節A卓レポート

2015/09/11 19:00 投稿

  • タグ:
  • 麻雀最強戦
  • 近代麻雀プレミアリーグ
  • 近代麻雀
  • 竹書房
  • 和久津晶
  • 滝沢和典
  • 鈴木達也
  • 鈴木たろう
208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

第3節A卓は、起家よりたろう・滝沢・和久津・達也の並びとなる。
00d993c5dc7dfb49b141a0b3ea4f4daf8ebc3321

第1・2節を連勝スタートした和久津。
be6f48604f81cbff7342154c47566eb153c85e8e
もし、ここで3勝目を決めることになれば、早くも決勝進出当確のランプが点灯する。そうなればこのリーグ戦の展開もガラリと様変わりするという分岐点の半荘である。

東1局。その和久津を捕らえる一撃が炸裂した。

手が入ったのは起家のたろうだ。ドラpai_s_sha.jpg
009186c8197073a5908b38efed359180923d55ba

f9f03781b5140564ce5c6b075317a76ad438cd7e

456のタンピン三色のイーシャンテンでドラのpai_s_sha.jpgを手放す。下家の滝沢がソーズに走ってpai_s_5p.jpgを2枚捨てているだけに、たろうとしてはpai_s_5s.jpgはまだ離せない。場合によっては、pai_s_4p.jpgpai_s_6p.jpgと払ってソーズのイーペーコーあたりに移行することも視野に入れているからだ。

そして、このpai_s_sha.jpgを滝沢がポン。
74bda667addab4bf6f0a9bd6234a01f843cda2bf

7faa216db409c56b60638f65084d9e876c4ad70e
滝沢もハネ満まで望めるイーシャンテンとなる。ソーズが連続形なので、アガリの感触も高かったに違いない。

その直後、和久津にもテンパイが入る。
ba380adf1f7220e821e4a25f6814cf87df2d151e

pai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_pe.jpg ツモpai_s_8p.jpg ドラpai_s_sha.jpg

こちらは一手変わりでチャンタ三色が加わるため、 pai_s_9m.jpgツモを待って当然のヤミ。

が、ここでたろうが親リーチをかけてきた。
0e19408a2a899257a567d041589afed7a8cab2e2

50f755a2e404992648c8df6ebdc052df375bc4e7
絶好のカンpai_s_5p.jpgを引き入れてのリーチ。pai_s_9m.jpgでも親満となる強力な形だ。

さらに同巡、滝沢もカンpai_s_8s.jpg待ちのテンパイ。さらにツモpai_s_3s.jpgで3メン待ちに変化した。
008e6f072c29ee5bbf1ad2ed5798132c670cc83f

ee77dafa5e0dcdcf5867d6188326c207d362c44a
こうなると滝沢も真っ直ぐ行くので、たろうとのめくり合いになる。親リーとドラポンホンイツに対し、役なし愚形の和久津はどこかで退くだろうと思われた。

が、そんな和久津に誘惑の牌が舞い込んでしまう。
f66882ed69c23a6ac688ac3ce48cd1cbe5d3dc29

a4801a9dbe27cc314f318edd54c07b453ac8a008
絶好のpai_s_9m.jpgでチャンタ三色のつく形に変化。こうなるとpai_s_6m.jpgは止められない。たろうへの親満放銃となってしまった。

32a827a4d0c256e5c764cd1f89ffdd5efeda9227
たろうのアガリ
pai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpg ロンpai_s_6m.jpg ドラpai_s_sha.jpg 裏ドラpai_s_3m.jpg

ここまでトータルポイントで最下位のたろうにとっては最高の出だしとなった。



続く1本場では、ファンタジスタ・達也が光る一打を披露する。
69e9032271f89b5545d3e6f720869e1665b93c22

ポイントは6巡目。ドラpai_s_2m.jpg
eb8ead6d8d2e74ba3248ff4e0817f749d37c4462

皆さんならここで何を切るか? 好形を見据えてpai_s_6p.jpgはまだ手放したくないところ。となるとpai_s_1m.jpgに手がかかるのが自然である。だが、ここから一通をみた達也は打pai_s_6p.jpgとした。

この狙いがズバリはまった。達也はpai_s_9m.jpgpai_s_8m.jpgと引き入れての一通テンパイを果たす。
d8fb73cc4df7e316a5fa047859739cab9e92f2d7
親のたろうのメンタンリーチを受けながら達也が一通のツモアガリ。W鈴木がワンツー体制で序盤をリードする。

さらにこの争いに滝沢も参戦。
1a8247a55621ae595ee4736b684cb5df371ffa6c

親でテンパイ連荘後の1本場。
d4442b95e8ea57627e5edbd97352f504ec88c633
2000オールのアガリでW鈴木に肉薄。和久津を置いてけ放りの展開とする。



東4局1本場。タンヤオドラ2の2000オールを引いた達也に好配牌が訪れた。
8cfaaad96c81565c4351cabe9a215185f0317ae1

458128b6925f80b9e27cb58ea97e8b1a349bdaca
イーペーコー確定のタンピン形。345の三色、マンズのチンイツまで狙える形だが、では第一打で何を切るか? 形が良すぎて逆に難しい。達也はここで打pai_s_5s.jpgを選択した。

達也「345もありますが、イーペーコー確定部分のpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgを払うのはやりすぎかなと思いました。一応、pai_s_5s.jpgから払ってドラのpai_s_2s.jpgを引いたら打pai_s_2m.jpg、と考えていました」

結局、達也はpai_s_2m.jpg引きでテンパイ。即リーチをかけた。
d4f2f87e1e3653ac37ca0119933bfeeaa092b368

達也「親だしこれで十分かなと思ってリーチをかけました。イーペーコーが崩れるpai_s_8m.jpgツモとかだったら、チンイツまで向かうんでしょうけど…」

このリーチはさすがにアガれそうだった。トップ争いをしているたろう・滝沢はともに突っ込みたくない。また、すでにハコ下の和久津も出ていかないだろうと思われた。が、達也のリーチが早すぎて逆に情報が乏しくオリようがない。そのことが達也にとって災いした。

やってきたのは和久津だった。
dc565837d42d69f8331a81fd1b1f1be4d07e1330

6559fff59848fc555a51f1016c19b813bb4b6514
ドラ1枚含みのpai_s_5s.jpgpai_s_8s.jpg待ちで追っかけリーチ。この待ちに一発で達也が飛び込んでしまう。
0af41caa9663e82f60789c88b8e064e7849ab25a
和久津は裏ドラも乗せ満貫のアガリ。まだラス目とはいえ、第1節のような逆転劇を思い起こさせるような展開に視聴者も盛り上がっていた。

714d1b7f818ef014f5d339098cb48a3844caa5f3
達也「アガれないにしてもまさか満貫放銃になるとは思いませんでした。この局が痛かったですね」



南入以降はたろうが先行。それを追って滝沢が続くという並びになった。が、南2局1本場以降、たろうの高速仕掛けがズバズバ決まりだした。
44b650ca44780e063d3af6f8f112a1682306b6b1

まず北家で、オタ風のpai_s_sha.jpgからポンしてこの形。
40580c05fda208e775ffee552f00a3a643c4fa62

pai_s_pe.jpgバック、ソーズの一色、トイトイをみての仕掛けである。テンパイまでは遠くリスクはあっても、他家、特に上家の達也の打牌を曲げさせる効果はある。

その後、pai_s_pe.jpgpai_s_9p.jpgとポンできたたろうはあっという間にpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpg待ちテンパイ。
52beb2e550884f831274df8296f4383214172fb6
達也からサクっとpai_s_4s.jpgでアガって、当面のライバル・滝沢の親をわずか5巡で落とすことに成功した。ニコ生のコメントではたろうの仕掛けへの是非で賑わっていたが、「コメ見てたら終わってた」というほど早い決着だった。

続く南3局でも、たろうは3巡目にカンpai_s_8p.jpgチーから入る。
8039dae18c746c31eafba31ef31f2288f964ab5b

すぐさまpai_s_hatsu.jpgを暗刻にしたたろうは、滝沢からpai_s_8s.jpgでロン。
e050931d2fe35df69dcc4694d6a704763a8ba96d
この局も6巡目で決着。捨て牌が2段目に及ばぬ間にたろうがさらにリードを広げてオーラスを迎える。

オーラスも5巡目にあっさりピンフをテンパイしたたろうが、即滝沢からpai_s_8s.jpgでロン。
bfeb3411ab4cc01bbdb70cf6e337dd7f1aca2683
再び一段目の決着で逃げ切った。

南2局1本場から3局連続でアガったたろう。所要時間はわずか7分である。1局で流局まで10分かかることもあることを考えれば、この3局のアガリがいかに早かったかお分かりいただけるだろう。

第3節A卓結果
たろう+61.5 滝沢+13.2 達也-11.6 和久津-63.1

この時点でのトータルスコアは以下の通りである。
a7e3c28ff4d74d453391e93f93f834aee9fa5097

トータルラスだったたろうがトップ、トータルトップの和久津がラスということで、一気にポイントが縮まった感がある結果となった。これにより決勝進出の椅子の数、そしてボーダーラインの争いが熾烈になりそうである。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

麻雀最強戦ブロマガ

麻雀最強戦

月額:¥880 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

麻雀最強戦チャンネル

麻雀最強戦チャンネル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細