孫崎享のつぶやき

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の発言、このブログで「人間の奴隷でないが、制度の奴隷」を見たが、彼はさらに「貪婪諸国連合軍を相手に無謀絶望の戦争をはじめ、自らを最後の犠牲にしてしまう悲運を見るのではなかろうか」と予言している。

2019/03/24 08:34 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

「無謀絶望の戦争をはじめる」ハーン

この国のあの称賛すべき陸軍も、軍武すぐれた海軍も、政府の力ではとても抑制のきかないような事情に激発され、あるいは勇気つけられて、貪婪諸国連合軍を相手に無謀絶望の戦争をはじめ、自らを最後の犠牲にしてしまう悲運を見るのではなかろうか

・(日本の)近代の変転、変化の目まぐるしいばかりのあわただしさー一九八七年の社会の改革から一八九一の第一回国会開設に至るものーを考察いただきたい。一九世紀の半ばに至るまで、この民族は、二六〇〇年前のヨーロッパの族長社会と同じままでいた。

・ド・クーランジェ(一九世紀のフランスの中世学者)は個人の自由の欠如ということがギリシア社会の紛乱と結局の壊滅を見るにいたった真因であったと指摘している。

・産業競争に対する能力なども、婦人や子供のみじめな労働力に依存してなされるようなものではありえない。どうあっても個人の知

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

りゃん
No.9 (2019/03/25 02:21)
では英文はどうかと調べてみたら、
http://www.gutenberg.org/ebooks/5979
にいきついた。これも自分では詳らかにしないが、東洋文庫版の底本になっている英文テキストも、ここから手に入るものとだいたい同じなのだろうとおもった。

この英文テキストをざっと読んでみると、該当する箇所は、
INDUSTRIAL DANGER の章のなかの終わりあたり
(REFLECTIONS の前のところ)であり、結論は

But the statesmanship that has already guided Japan through many storms
should prove able to cope with this gathering peril.

である。つまり、「greedy states」による侵略の脅威にさらされている日本は、これらの国と伍してやっていくのには不利な条件が多いが(ここで教育などが例にあがるわけである)、それでも(すでに多くの嵐を乗り越えて日本を導いてきた)政治への期待感をにじま... 全文表示
猿のセンズリ
No.10 (2019/03/25 04:26)
山口薫「公共貨幣」=シカゴプランが世界を救う。まずはYou Tube.
change
No.11 (2019/03/25 08:25)
>>5
神国日本国会図書館デジタルコレクションの情報ありがとうございました。検索で知っていましたが、400ページを超えるので、スルーしてしまいましたが、改めて1時間ほどざっと目を通しました。
①奴隷制度のことは、封建制度以前朝鮮人、中国人の移住があり、先住者が遅れて移住してきた人を差別して扱ったとか、奴隷の在り方をかなり細かく述べている。封建制度以降の奴隷として特に強調しているように見えなかった。
②孫崎さん引用の文章は、どこにも見ることができなかった。「追録」があり、5年前に東京在住のハーバート スペンサー氏が金子堅太郎氏にあてた書簡のことが語られている。極秘扱いになっていたが、公表されることになった。諸外国に対して日本が注意すべき点が述べられている。注意すべき点を守らなければ、諸外国に侵略されるであろうということである。居住地を奪われるということであった。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

孫崎享チャンネル

孫崎享チャンネル

月額
¥110  (税込)
このチャンネルの詳細