ハックルベリーに会いに行く

中学生でも使える実践的恋愛講座vol.11「恋愛ゲームにおける罠の仕掛け方:女性編」(2,048字)

2013/11/14 06:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 中学生でも使える実践的恋愛講座
  • ゴミ文体
恋愛とはゲームである。ゲームである以上、勝たなければならない。そして勝つとなれば、罠を仕掛け、相手をそこに陥れなければいけないということを、前々回に書いた。

中学生でも使える実践的恋愛講座vol.9「恋愛をする際に必要な心得とは?」(2,645字)

また前回は、その罠の仕掛け方:男性編をお送りしたのだが――
中学生でも使える実践的恋愛講座vol.10「恋愛ゲームにおける罠の仕掛け方:男性編」(2,443字)
今回は、その続きとなる「女性編」についてお伝えしたい。


ところで、女性の罠の仕掛け方というのは、実は簡単である。それは、女性の恋愛対象となる男性には、ある重大な弱点があるからだ。
その弱点とは、男性に特有の性質なのだが、名前を「マイ・フェア・レディ症候群」という。

「マイ・フェア・レディ症候群」とは、「『マイ・フェア・レディ』の主人公のように女性を育ててみたい」という男性の願望のことをいう。女性を自

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

小岩井
No.1 (2013/11/14 10:55)
こういうパターンで付き合い出す話は結構ある。悩みを聞いてるうちに、、、っていうのは多い気がする。もともと女性には、気になる人には、なにか相談する本能があるのかもしれない。
岩崎夏海 (著者)
No.2 (2013/11/18 12:05)
>>1
そうですね。本能と同時に、その手が「効く」と、勘と経験とで見極めているのかもしれません。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ハックルベリーに会いに行く

ハックルベリーに会いに行く

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細