ハックルベリーに会いに行く

[Q&A]どのようにして秋元康さんの弟子になったか?(3,069字)

2013/11/13 06:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • Q&A
[質問]
どのように弟子入りなされたのか詳しくお話を聞かせて頂きたいです。

[回答]
きっかけは、高校2年生のときでした。
修学旅行先で同級生が見ていたテレビ番組をたまたま一緒に見ていたぼくは、そこで衝撃を受けました。その番組が、あまりにも面白かったからです。
おニャン子クラブというかわいい女の子たちが何人も出ていて、とんねるずというお笑い芸人が魅力的な企画をくり広げていました。それは「夕やけニャンニャン」という、フジテレビで放送していた平日夕方の帯番組でした。

以来、その番組を毎日楽しみに見ていたのですが、そうするうちに、おニャン子クラブやとんねるずの歌詞を書いていたり、あるいは番組そのものの構成を担当しているのが秋元康さんだと分かって、秋元康さんに強烈な憧れを抱きました。
「ぼくも、秋元さんのようにいろんなものをクリエイトする人間になりたい!」
そうして、弟子入りを志願するようになったのです。1985

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

hirune
No.1 (2013/11/13 08:03)
 ハックルさん、こんにちは。秋元さんの弟子になるまでの過程、拝見させていただきました。ずっと疑問だったのですが、ハックルさんは東京芸術大学美術学部建築科卒という立派な肩書がありながら、その立場にあった就職先を全く検討しなかったのでしょうか?4年通って、気持ちの変化は起こりませんでしたか?
 以前、肩書のために入学したとか、つまらない大学だったとかおっしゃっていられたと思います。私からみると「もったいない」と感じてしまいます。
岩崎夏海 (著者)
No.2 (2013/11/18 12:07)
>>1
もったいないという気持ちはありませんでした。まぁ、時代がバブルで就職ならいつでもできると思っていたところもありましたが、それ以上に、自分がやりたい仕事をしたいという強い気持ちがあったのです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ハックルベリーに会いに行く

ハックルベリーに会いに行く

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細