小林よしのりライジング

GHQ洗脳本「民主主義」が復刻されている!

2016/02/17 23:30 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • GHQ
  • 民主主義
 

ある本を読んでおぞましさに衝撃を受けた。
幻冬舎新書から出た『民主主義』という本だ。
文部省著と書いてある。
戦後、日本の文部省が作った本だという。
高橋源一郎が帯で「圧倒された」と激賞している。 

中を読んでみるとデタラメ!

「民主主義を正しく学び、確実に実行すれば、
繁栄と平和とが
もたらされる。反対の場合には、
人類の将来に戦争と破滅とが
待っている。」

民主主義の根本精神がしみわたっていけば、
「だんだんと世界が一つになって行く。
対立と搾取と闘争のない、ただ一つの平和な
世界が築き上げられて行く。」

「民主主義の反対は独裁主義である。」

日本も無謀極まる戦争を始め「国民のすべてが
独裁政治によって
もたらされた塗炭の苦しみを
骨身にしみて味わった。」
 

あまりに著述がおかしい!
「民主主義」を宗教化した完全な左翼本だ。
ようするにこれは占領期に中学・高校用の
教科書として使われた本なのだ。
当時のGHQは左翼だったから、その影響を受けた
文部省が、国民に「民主主義」を過剰な理想主義
として教えているのだ。 

まったく呆れた。占領期のGHQの洗脳本を、今頃、
復刻して、それを読んで感動している馬鹿が
いるのだからおしまいだ。

高橋源一郎がいかに左翼かがわかった。
GHQの洗脳本を激賞しているのだから、
おしまいの人間だ。

 

 

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

小林よしのりライジング

小林よしのり(漫画家)

月額:¥550 (税込)

コメント

россии и банка
No.1 (2016/02/18 22:06)
左翼でもリベラル系(非ソ連左翼系)が民主主義を過信し過ぎていると思います。
ロシア蔑視が強いのは実はリベラル系の連中で、彼らは米中賛美とロシア蔑視を繰り返しています。

シリア問題やミャンマーの一軒も民主化運動がデマである事がばれている以上、民主主義を過信しない方向で行くしかない。
勿論、安倍や上海閥習近平みたいなアメポチ集団にも負けないようにやるしかない。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細