小林よしのりライジング

エマニュエル・トッドの考えに同意する

2016/10/04 13:30 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • エマニュエル・ドット
  • ヒラリー・クリントン
  • EU
  • グローバリズム
  • 小林よしのり
  • ЕС
  • 朝日新聞
 

最近、朝日新聞にエマニュエル・トッドがしばしば出て
くるのは良いことだ。
トッド氏は「私はトランプ支持者ではない」と言いながら、
「だが、クリントン氏はじんましんがが出るほど嫌いだ」
と言う。
わしと感覚が似ている。 

クリントンを「帝国主義的で新自由主義的なリーダーだ」
と言う。
わしはこれに「親中派で信用ならない」と付け加えたい。 

「グローバル化の神話は終わり、国家回帰に拍車がかかる
だろう」という予測も、わしと同じだ。
わしはEUはバベルの塔だとずっと言ってきたが、
神をも恐れぬ不可能に挑戦して失敗し、どうせバラバラの
言語に拡散してしまうはずなのである。 

トッド氏は言う。
「日本には一つしか問題がないと思う。人口問題だ。
女性が仕事をして子供を産む条件の、バランスが取れて
いない」
まったくわしと同じ見解だ。 

日本と世界の未来を考えたときに、国の象徴である天皇を
女性にすることは、国益・公益にかなうのである。
そして伝統にもいっさい反していないと断言しておく。

 

 

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

小林よしのりライジング

小林よしのり(漫画家)

月額:¥550 (税込)

コメント

россии и банка
No.1 (2016/10/04 21:40)
私は、ヒラリー・クリントンはグローバリストだと思う。
安倍政権の批判は重要なのだが、批判側のメルケル・ヒラリー賛美連中には呆れかえる。
それでエマニュエル・ドットさんの本を数冊読んで拝見したが、ドイツと日本は家族形態を気楽にする制度が必要だと考えている。
自分でもそう思うし、ロシアは父権社会でありながら女性の社会進出は高く、しかもナタリア・ポクロンスカヤさんやザハロワ報道官と言った人も出ていて感動した。
ナタリア・ポクロンスカヤさんは母子家庭でありながら日本やアメリカ、フランス、英国等の西側諸国で起きている母子家庭の貧困には直面しておらず、資本主義と男尊女卑は必ず結びついている事は間違いないと思います。

だが、アホな女性は大体、アメリカやフランスを賛美して資本主義国家特有の男尊女卑の餌食になるのは言うまでもない。
後は、姦通罪を男女ともに適用する必要があると思います。(要するに不倫禁止... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細