麻雀最強戦ブロマガ

佐々木寿人と鈴木優の名勝負

2014/01/21 03:35 投稿

  • タグ:
  • 佐々木寿人
  • 鈴木優
  • 麻雀最強戦

最強戦の名勝負として、2011年の著名人代表決定戦(綾辻行人さんの四暗刻ツモ)を挙げる人が多いが、実行委員長の僕の一番好みの半荘は「2011年の新鋭プロ代表決定戦決勝」である。

あまりに好きなので無料動画とさせてもらった。 

(ドラや持ち点表示はないが実況を聞いていただければ分かるかと思う) 

なぜ好きなのかというと、敗者の鈴木優プロの負け方が悲壮感漂う源義経、浅井長政、柴田勝家、など無念のまま戦いに敗れ乱世に散った武将のように見え、華やかな佐々木寿人との対比が面白く映るからだ。

鈴木優は2007年の第18回、2008年の第19回、二大会連続で約2千人が参加した読者大会を勝ってベスト20の舞台に上がってきている。中でも第19回はその決勝オーラスまでトップ目で、さらにリーチ、アガリ牌は山に3枚いた、その状態から張にまくられるという悲劇の打ち手だ。

そんな鈴木がついに2011年新鋭プロ代表選メンバーに選ばれたという、初めて優遇されたチャンスをもらった舞台だ。 

この半荘、東2局鈴木が圧倒的リードで親リーチ。メンタンピンで47ソウ、5巡目で待ちは十分。僕は鈴木を応援しつつもこれは東場で早くも圧勝でつまらないゲームになるのかもとも思った。

しかし「南」を仕掛けていた佐々木寿人が南のみでイーシャンテンからつっぱりテンパイ、さらにノータイムで無筋を連打してアガり切ってしまう。

これが寿人のかっこいい所で、この後マンガン、ハネマンと連続でリーチしてツモりあっという間に逆転してしまうのだ。しかし差は1600点。 

そして南2局、この半荘のクライマックスが訪れる。

寿人の理不尽なツモでまくられた親の鈴木優がピンズのホンイツドラ1のイーシャンテンになる。

1223334789)西西白 ドラ(1)

(3)のくっつきテンパイだ。

しかしすぐに出た「西」をポンして(3)切り

(122334789)白 ポン西西西

あっさりホンイツドラ1の「白」タンキで5800テンパイを組んだ。

「このポン自体もったいないかも」という解説をよそに、鈴木の次のツモはドラの(1)。
これで一気にテンションが高まる。
(1)(4)に受けても白タンキに受けても親マンだ。

鈴木は枚数重視で(1)(4)に受ける。この辺は彼のシステムだ。

(1122334789) ポン西西西 ドラ(1)

これが決まるともちろん再逆転。寿人の手は(4)はもちろん切る構え、(1)もドラだが切ったであろう。 

一方、「西」を鈴木に鳴かせた寿人はというと、実はこんな手から西をツモ切っていた。

一二三三四四五七7南南北北 ツモ西

配牌からマンズのホンイツ一直線に手を進めていたにも関わらず7ソウではなく西をツモ切ったのだ。マンズで3メンツ候補があるので西はいらない、7ソウをとっておけばもしかしたら迷彩になるかもということか? 迷彩を普段ほどこさない寿人なので、らしくない。
手拍子で切っちゃったというほうが正しいだろう。

しかしそれが大きく局面を動かす。
親の鈴木に西をポンされて再びツモがすぐに回ってきた南家寿人のツモは6ソウなのだ。
たまたま残した7ソウを残して西を切ったらポンされそこに6ソウがくっついた。これがこの半荘を大きく動かすことになる。
今度は妥協点も見出して一万を切る。

寿人の理牌

二三三四四五67南南北北七

マンズのホンイツはあきらめました、58ソウが入ったら七を切ってリーチしますよという準備万端である。

さらにツモがよれる。

ツモ6ソウ、打七万。ツモ五万、打二万で

三三四四五五667南南北北

7ソウ単騎のチートイツテンパイになってしまった。

配牌からマンズ一直線に走った時と構想とは大きく異なる手になったのも面白いところ。

2巡後、待望の6ソウを引いてダブ南と北のシャンポンリーチに打って出る。

三三四四五五666南南北北

寿人のすごいところは打牌が全てノータイムということ。 

その間、鈴木はずっと(1)(4)で親マンのテンパイをしており、よくすり抜けて手が変化したなと思う。

そしてーーーーーーー

鈴木の一発目のツモが「南」なのである。

(1122334789)ポン西西西 ツモ南 ドラ(1)

寿人のダブ南をつかみ考える鈴木。
実は「白」単騎なら自身でツモっていたというのも結果論だが分かっている。

とはいえ(1)(4)も無筋。

覚悟を決め「南」を卓に打つしなやかな鈴木の指に僕は敗者の美しい散り際を見た。

牌の織りなすドラマ、というのはキザ過ぎるが、元をただせば寿人の西切りがこんな牌の並びを作り、華麗なる優勝者寿人と悲劇のヒーロー鈴木を作った。 

さて、ここからは後日談。

この戦いは寿人の独り舞台で終了、新鋭プロ戦を華々しく優勝するもファイナルで敗退。寿人はその後最強戦では勝てていない。

一方、またも惜敗した鈴木優、しかし彼はこれで終わらなかった。翌年、新鋭戦にも選ばれなかったがなんと140人が参加した全日本プロ代表決定戦に参戦し、そこで優勝しファイナルステージに上がってきたのだ。

最強戦の申し子の名前の通りの根性と実力だ。

だが鈴木もその年ファイナルで初戦敗退。翌年もいい所なしで終わっている。

佐々木寿人と鈴木優、僕はこの二人はいつか最強位をとる候補と見ている。それがいつになるか、どういった形でとるのかは分からないが、またこんな生きのいい麻雀を見てみたいのは言うまでもない。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

麻雀最強戦ブロマガ

麻雀最強戦

月額:¥880 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

麻雀最強戦チャンネル

麻雀最強戦チャンネル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細