孫崎享のつぶやき

イラン、「イラン新大統領にライシ師 反米強硬派、8年ぶり政権復帰」。基本的にはイラン国民、対米関係の改善を希望。しかしイスラエルに強く影響される米国政権は核合意離脱等イランに強硬、制裁継続。バイデン政権でも改善の可能性ない状況下、イラン内強硬派に勢い。

2021/06/20 08:17 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

・イランの政局は米国の対応に大きく左右される。
・イランはシャー時代急速に西側文化を受け入れたことで、一般市民はイスラム社会でも基本的には最も西側文化を受容している国民である。国民の約8割程度は米国との関係の修復を願っているものとみられる。
・イスラム体制下、イスラム圏では、イランは精神的、物質的に最もパレスチナを支援している国であり、イスラエルはイランに強い警戒心を持っている。かつ米国の中東政策は、①軍産複合体の利益、②イスラエル支援で、基本的に米国の対イラン政策は強硬論である。
・一時、イランと安保理五か国+ドイツで核合意が形成された。
 これは、イランに対し、テロ支援やミサイル開発などの懸念があろうが、イランが核兵器開発をすれば中東の危険度は一気に高まるということで、核の開発に絞り、イランが開発を進めなければ、正常な経済関係を持つ(制裁はしない)というものである。しかし、米国はイスラエルの強

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

change
No.4 (2021/06/20 13:28)
>>3
今回話題になっていないのに、「中国は強い」を繰り返す弱虫の繰り言はいい加減にしてほしい。戦争をなくす思いを伝えるなら納得できるが、中国は強いを繰り返されると、平和国家日本の中ではお前馬鹿かといいたくなる。プラスにならず、日本人は逆に反感を持ちますよ。

何かこの方は自分の気持ちを収めるために、私にうっぷんをぶつけてくる傾向がある。
相容れるとも言っていないし、解決するなどとも一言も言っていません、言う相手が間違っていませんか。

孫崎さんに言っているのならわかりますが。
フレデイ タン
No.5 (2021/06/20 15:06)
>>4
戦前の日本の合言葉だった「鬼畜米英」が今「鬼畜中国」になっているのが貴殿の眼に見えませんか?

それが私にはくっきりと見えます。その私の視力から日本に警告を発してます。

誰さんが言っている?言ってない?

誰誰さんなら、分かる?

いやだなその権威主義。古いですよ。
なし
No.6 (2021/06/20 15:39)
>>1
おおむね同意します。

おしまいの3行には強く同意です。

なんだか、いつものchangeさんではないよう。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

孫崎享チャンネル

孫崎享チャンネル

月額
¥110  (税込)
このチャンネルの詳細