天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

国際金融マフィアの欧州中央銀行が月に8兆円を供給する大規模な量的緩和政策を発表。家計への影響

2015/01/24 04:25 投稿

  • タグ:
  • 有料記事
  • 通貨発行権
  • 国際金融軍事権力
  • 金融経済
  • 実体経済
  • 格差社会
  • 欧州中央銀行
  • 量的緩和



=======================


■HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ

<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Twitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
  


==========================

5d3e991b3ac82344f8b032bd1dca0096e0b8d246


【今回の参考記事】

・欧州中央銀行が量的緩和 国債など購入1兆ユーロ超 来年9月まで
日本経済新聞 1面 1月23日(金)

(記事より以下転載)
欧州中央銀行(ECB)は22日国債を大量に買い入れて資金を
流す「量的金融緩和」の導入を決めた。
ECBの指揮下で各国中銀が3月から国債を含めて
毎月600億ユーロ(約8兆円)の資産を買取り、当面2016年9月まで続ける。
資金供給で景気と物価をテコ入れし、域内でデフレが進むのを阻止する構えだ。
(転載終了)


欧州中央銀行も日銀や米国の中銀FRBと同じように、
景気対策のために量的緩和を行うことを決めた。

更なる130兆円以上ものマネーを金融経済に供給し、欧州に格差社会を作り出す意向のようだ。

世間には殆ど報道されない量的緩和政策の意味と、経済と家計への影響を解説する。

(以下有料)

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細