天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

日本の「詐欺的金融システムの全体像」の図解の更新 実体経済と金融経済の説明の追加

2017/12/01 22:50 投稿

  • タグ:
  • 真の民主社会を創る会
  • 天野統康
  • 三村康雄
  • 実体経済
  • 金融経済
  • 経済学
  • 詐欺
  • 信用創造
  • GDP
  • 格差社会

クリックして拡散のための応援をお願いします


br_c_4523_1.gif
社会・政治問題ランキング  


昨日、記事にした「現在の日本の詐欺的な金融システムの全体像」の図解に、
実体経済と金融経済の説明を追加した。

<リンク>通貨発行権を握る銀行支配(現在の金融システム)の図 新たにお金を消滅させる「お金蒸発器」を追加


2b036f3cdb79f376da67f1b8d7b477164bb79850


実体経済は製造業などの実物の取引が行われる市場であり、企業の設備投資や家計の個人消費などが関わるところだ。

そのため経済規模や成長率などを計る「GDP」や、日銀が2%の上昇を目標として金融政策を行っている

「物価」などが変動する市場である。


一方、金融経済は、株や不動産など、非GDP取引に関わるところだ。

資産価格の上下は、経済規模にも物価にも反映されない分野である。


黒田日銀は

「実体経済の物価を2%上昇させる」

と述べて、金融経済にばかり資金を供給している。

その額は、毎年、国債80兆円、株6兆円、不動産900億円。

当然、株や不動産や債券価格は上昇しているが、実体経済の物価を上昇させることに失敗している。


何故、黒田日銀が400兆円もの資金を創造しているにもかかわらず、物価2%程度も上昇させることができないのか?

それは実体経済に新たな信用創造を拡大していないから、という単純な答えになる。

ところが主流の経済学では、中央銀行と民間銀行が作り出す信用創造量を、

実体経済向けと金融経済向けに分割する理論が用いられていない。

だから、物価が上昇しない理由を、信用創造量の向かい先の問題にするのではなく、

「市場の期待インフレ率が上がらないからだ」

などと人々の心理の問題にしてしまう。

今回作成した図によって日銀が行っている政策は、株や不動産、債券などの
資産価格を上昇させる政策を行っているだけだというのが明らかになる。

資産価格が上昇して儲かるのは富裕層である。

日銀が行っている量的緩和政策というのは、金持ち超優遇の格差拡大政策だということだ。

しかし、

「富裕層を優遇する政策を行います」

といって政策を行う事は出来ないので、

「皆さんのために景気を回復させ物価を上昇させます」

といって金融経済にばかり新たな信用創造をしている。

このように国際銀行家が何百年にもわたって作り出してきた詐欺経済学は

マネーの管理者に支配される社会の実現のためにフル活用されているのである。


詐欺経済学と信用創造についての参考書



<関連リンク>世界中で通貨供給量が増加してもGDPに反映しない理由 Rヴェルナー氏の信用創造理論の正しさの証明



現在の自由民主制度は次の図のような状況にある。








このマインドコントロール体制を次の図のように変化させなければならない。

 

 

 

 

日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

こちらの本をお読みください。

o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

<リンク>天野統康の本 amazon


■動画での解説

 

<リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

 

<リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■次回の勉強会 真の民主社会を創る会

 

<リンク>12/2(土)11月の政治経済の解説 民間が所有する中央銀行FRBの人事の変化など

 

 

真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

軍事支配を無くす社会を目指しています。

<リンク>真の民主社会を創る会HP



■出版関連


<リンク>先月号に続きザ・フナイ12月号に船井氏と安西氏と私の鼎談掲載 危険な金融資本から日本は離れるべき






■最新刊



98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


HP

<リンク>天野統康事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細