ニコニコチャンネルメニュー

みらぷろ

底辺亭底辺の「今日も底辺!」

曲直瀬道三天下を献上する (醒睡笑)

2017/07/26 10:44 投稿

  • タグ:
  • 安楽庵策伝
  • 底辺亭底辺
  • 古典
  • 落語
  • 醒酔笑
  • 織田信長
  • 曲直瀬道三
  • 戦国時代
  • 円盤亭爆死ん
本作の原典は、醒睡笑巻の四「唯有」の章である。
醒睡笑には話毎に題名が醒酔笑巻の八 「祝い済多」の章より

アニメ版は下記URLリンクにて公開。 
http://www.nicovideo.jp/watch/1501033443






 
 
名医・曲直瀬道三が初めて信長に謁見した時の話。
その時、道三は進物として扇子を二本だけ持ってきた。
 
居並ぶ信長の近習たちは
「献上品がたった二本の扇子とは少な過ぎるのではないか?」
と呆れ騒めいた。


 
だが、道三が奏者に
「これは、信長様に目出度く日本(二ホン)を手に入れて下さい、と云う意味の進物です。」
と言上したので、群臣はみな感動した。

 
 
 
 

曲直瀬道三は戦国期の医師。
皇室を始め、足利義輝・三好長慶・毛利元就らの有力大名の診察にあたった。
貴賤の分なく医事に尽くし、多くの後進を育てたことから医聖と呼ばれる。
 
9271d2566c9747cbb72fb14235c4480bb6441188

(曲直瀬道三肖像画)



 
類似の逸話は信長公記にも見られる。
(公記における献上者は道三ではなく里村紹巴である。)
 
二本の扇子を紹巴から献上された信長は
 
「二本(日本)手に入る今日(京)の喜び」
 
と云う歌を上機嫌で詠んだと言われている。
 


ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

底辺亭底辺の「今日も底辺!」

底辺亭底辺

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事