ゲキビズ田原通信

田原総一朗 世界の大学ランキングで東大が32位。日本の教育に何が足りないのか?

2013/10/24 20:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 田原総一朗
  • 教育
最近見たある記事に、僕はショックを受けた。その記事とは、イギリスの調査会社が調べた、世界の大学ランキングである。記事によると、日本でもっとも順位が高いのは東京大学である。だが、その日本のトップの大学の順位がやっと32位なのだ。次にくるのが京都大学で35位だ。

ちなみに100位までに入る日本の大学は、ほかに大阪大学、東京工業大学、東北大学、そして名古屋大学で、合計6校しかない。私立大学では最高が慶応義塾大学で193位。早稲田大学は220位だ。東京大学は、この5年ほどの間、毎年順位を下げ続けているそうだ。そして、いまやシンガポール国立大学や香港大学にも抜かれてしまった。

ランキングの要素として大きいのは、その大学に所属する研究者が作成した論文の「引用回数」である。論文が数多く引用されるということは、研究内容が重要だと認められているわけだ。そして、重要な研究と認められるためには、多くの研究者に論

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

steve
No.1 (2013/10/24 20:23)
率直に言って田原さんは間違っています。ダントツの一番は英語力です。お金ではありません。ジャーナリストらしくない。   上位ランキング大学の殆どは英語で授業をしています。よって論文も全て英語です。その結果、拙い論文でも論文数が多いので、香港大学のような大学の論文が読まれる頻度も増えるわけです。生徒の能力自体は明らかに東大生の方が上ですが、大学自体のいわばマーケティングの失敗により、他の大学が上位にランクされるわけです。  しかし、私はだからと言って日本の大学を肯定はしません。 英語力の弱点を克服すれば、すぐにでも日本の大学は実力通りに評価されるのですが、それさえ出来ないのが日本の実力だからです。日本と言う社会は邪魔しかしないので、野球やサッカーのように個人は外国で勉強して実力をどんどん試すべきです。金が不足と言って環境のせいにしていたら、ガラケーのように滅びます。大学が優秀になれば、金は勝手に入ってきます。それは国内からだけではなく外国からも入るのです。  PS:でも、田原さんのファンですが、、、。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ゲキbiz田原チャンネル

ゲキbiz田原チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細