弱いなら弱いままで。

『エヴァ』にカタルシスがないと感じる人へ。

2019/04/02 13:08 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 新世紀エヴァンゲリオン
  • グイン・サーガ
  • 栗本薫
  • 小説
  • アニメ
  • 漫画
  • アオアシ
  • 1
  • 2
  • 3
 『アオアシ』が!面白すぎる。この作家さん、『水の森』の頃から追いかけていたんだけれど、いやー、良いですね。実に素晴らしい。弱い自分自身を乗り越えて成長していく者たちの物語。王道のスポーツ漫画です。

 で、この「自分を乗り越える」という概念について最近、いろいろと考えています。まずは自分自身の弱さ、愚かさ、醜さ、小ささ、与えられた環境への恨み、他者への妬み、怒りや憎しみといった負の感情などを「乗り越える」ことを「成長」と呼ぶことにしましょう。

 「自分を乗り越えるための戦い」とその結果としての「人間的な成長」は物語の大きなテーマで、結果として「乗り越えられた者」をここでは「大人」と呼ぶことにしたいと思います。

 少なくとも現代においては、どうやって「大人」になるかということは物語のひとつの大きなテーマとして存在しているといって良いでしょう。

 たとえば、『新世紀エヴァンゲリオン』は「乗り越

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

誰もが乗り越えられる側ではないですし、Fateの桜も主役ではなく救われるヒロイン側ですから
さらに言ってしまえば、コンテンツは人を勇気づけたり、希望を持たせたりもしますが、完全に逆の方向にも働くことができます
救われない物語にも価値はあるという・・・

No.1 32ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細