psy のコメント

生放送お疲れ様でした。
長野オリンピック期間中にインフルエンザが猛威を振るっていた事実は重いですよね。
小児医療に関わるものとして、この1998年は忘れられない年ですので投稿させていただきます。

1970年代以降、インフルエンザのワクチン接種は学童への集団接種が基本でした。
40代以上の方は学校の体育館で一斉に接種していた記憶をお持ちのことと思います。
ところが、副作用報告やワクチン無効論に押されて集団接種が廃止され、医療機関での個別接種に移行したのが1994年です。
以後の接種率は当然のように激減し、ワクチン製造から撤退する製薬会社が続出しました。
こうした背景の下、1998年はインフルエンザに罹患した小児の急性脳炎が相次いで報告されました。
インフルエンザの危険性が大きくクローズアップされたことで、再びインフルエンザワクチンの接種が(重症化予防の観点から)見直される契機となりました。

新型コロナウイルスに新型インフルエンザ等対策特別措置法を適用した以上、こうした経緯も議論の俎上に載せられて然るべきだと思います。

http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0760010009.pdf

No.217 6ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細