まみ のコメント

まみ
No.93 (2020/02/20 19:21)
こんばんは!
慰安婦についての、トッキーさんのブログを読ませていただいて、
今の自分たちの価値観だけで、自分の絶対的正義を、疑わないで、過去を、ひとを裁くことの、卑劣さ、野蛮さは、罪深さは、本当に、自覚なき恐怖、最大の侮辱でしないと、本当に、そう思いますが、
その他の、よしりん先生の言葉は、自分自身に、本当に、響いて、やっぱり、わたしは、自分自身の不幸に甘んじていて、酔っていただけだったんだなと、思いました。
いつのまにか、わたしも、先生が、作品で書かれてきたことを、他人事として、自分自身の問題という意識をなくして、高みの見物人になって、自分は、なんの努力もせえへんで、世の中や、加害者や、社会のせいにして、ちゃんと頑張っている人たちのことを、ただただ羨んでいただけやったんやなと、本当に、反省しました。先生が、書かれてきたことを、いつのまにか、忘れてしまっていて、わたしは、自分で、自分のことをかわいそうなひととして、そう生きてきたんやなと。平等も、人権も、そんなもんなくて当たり前やな。誰も何も選ぶことはできない。与えられた宿命のなか、自分が、その中で、どう運命を、切り開いていくか。
そのことを楽しめないと、生きていくことすらできない。心が痛いけど、本当に、真実でしかない。どんなに頑張っても、現場を持つことも、なんのプロになることも、人としての実りや、積み重ね、社会的な、生産性や、社会との、健全な関わりを持つこと、経済力も、ひととしての、基盤づくりが、自分の頑張りでは、実ることのない人生に、懐疑的だったけど、
だから、慰安婦も、性風俗産業で、働くひとも、かわいそうひとたちなんかじゃない。
人として、一生懸命に生きてる立派な人たちや。かわいそうなひとでしかなったのは、自分でした。わたしは、自分の人生で、もう社会的な生産性を持つことは、無理かもしれないけれど、学ぶこと、日常をまかなう、お金を直接生み出すことはないけど、生きていく上で、大切な、労働は、また出来るようになりたい。そして、これ以上、頑張っている人たちの、血税で、自分の最後まで、面倒みてもらうことを、最低限に、納めたい。まずは、そこを目標にして、頑張るためにも、生きていくためにも、贅沢でもある、学びも、楽しむことを、忘れないためにも、学ばせてもらいます。
いつも、ありがとうございます!目下、最短の目標、慰安婦を買うこと!それから、中四国ゴー道場を、家にて、万全の態勢で、観させていただくこと、皆さんと比べて、なんて情けないことかと、思うけど、自分の日々の日常の積み重ねを、これからは大切に、頑張っていきたいと、そう思いました。いつも、本当に、ありがとうございます!

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細