三味線弾き のコメント

三味線弾き
No.59 (2019/11/23 17:29)
Vol.336の配信、ありがとうございました!
手練れカワイイもくれん先生の『トンデモ見聞録』、圧倒されました!!
新潮文庫版『泥にまみれて』の最後に、「解説」なるものが掲載されていますが、解説になっていないので、もくれん先生の原稿に差し替えて欲しいくらいです(印刷して本に挟んどこっと。^^;)。
『泥にまみれて』は、噛めば噛むほど味が出るダシ昆布ですね^^;。母性で夫のすべてを受容する下りは、ごく身近な現実に引きつけると、勘弁してくれ〜(そこまで我慢が必要なら、離婚でいいから自由にやってくれ)、って感じかも。人格なんか委ねられても困ります(笑)
「もともと妻には、思想を持ってそれを極めるということに興味がなかったのではないだろうか。」するどい!!「このような自己消滅の感覚も、簡単に馬鹿にできないところ」鋭すぎますΣ@@!!「理想やスローガンだけでは何も変わらないぞ。自分の思想を強く持ち、現実のおぞましさと立ち向かう覚悟はあるか?」これだー(≧▽≦;!!
ハリウッド版『GODZILLA』で、テロに荷担した母親が責任を取らされたように、「母親」や「子育て」「女性=弱い」などが水戸黄門の印籠のように機能する時代を終わらせない限り、女性を苦しめる男尊女卑はなくならない(男女公平にはならない)気がしてきました。

今号のゴー宣、グローバリズム称賛は、もういい加減、間違いであることに気づいて、ブレーキをかけないと、とんでもないことになりますね。大学の学部とかで「グローバル何ちゃら」とか名前を付けてしまったところは、かな〜り恥ずかしいレベルです。(´・ω・`;;
人・モノだけでなく、サービスの分野も規制しないと、GAFAのような、税金すらロクに払わず、動植物とは違って存在理由の疑わしい有害企業が世界規模で大繁殖したり、地域の人々の生活や産業、あらゆるものが破壊されてしまいます。○| ̄|_

オドショー、勉強になりました(≧▽≦;!!『泥にまみれて・その後展』めちゃ見たいです(笑)
自分を客観視するってのは、やっぱ他者にどう思われるかを気にするだけじゃなく、自分で自分を自覚的に表現することも含まれるんですね!!
護憲左翼のゴミ屋敷と化した立憲民主党。安住とかいうコビトとか、山尾議員の能力を殺しにかかっている連中は、もぅ無責任な小学生・幼稚園児にしか見えません。他人からの見た目や「愛される」ことくらいしか関心がないコビトたちには、当事者意識を持った国政、というのはムリなのでしょう。
「桜を見る会」、国内政治芸者・三浦瑠麗も参加してたんですね(爆笑!)

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細