M.O のコメント

M.O
No.93 (2019/09/14 10:02)
トッキーさんは異論排除をしているのではなくて、異質者を排除しているだけなのですよね。
先日の『オドレら正気か? 公開生放送』でよしりん先生が言われたように、読むべき内容がある文章かどうかは、最初の数行を見ただけで分かってしまう。
保守は態度で人を納得させるものと言いますが、品性や知性が伴わない人間はそれが態度に表れてしまうのでしょう。
それを自己認識できない人間は、憤怒の感情にまみれてアンチと化すのでしょうけど、そうなる前に考えてみればいいのに、と思います。
運動家はすぐに行動に起こすけど、思想家は死ぬまで考え続ける。
よしりん先生も考え続けているし、我々も考え続けている(思想家というのはおこがましいですが)。

今回の内閣改造、私は「お友達人事極まったな。ラスト2年を見据えたか」と思いました。
だから、よしりん先生がブログで「評価する」と書いていたのを見て、少し驚きました。
でも、ちゃんとその理由が書いてある。
私自身がその評価を支持するかどうかは別として、内容に納得することが出来る。
それでいいじゃん、と思います。
「0か1か」のポジショントークを排し、「この人の主張のこの部分は納得できる。でもこちらの主張はどうだろう?」と考え続けるスタンスは、『ゴー宣』連載当初からの「権威主義否定」にも重なる基本姿勢であるはずです。
だから、よしりん先生はさんざん「わしは安倍政権は嫌いだ」と但し書きをつけた上で、今回の対韓外交もポジティブな評価を示しているわけです。
安倍政権は支持しないけど、今回の対韓外交は支持する、というのは何ら矛盾しません。

排除された人間が『ゴー宣』読者に対して、ことごとく「小林よしのり信者」と表現するのも、自分が物事について深く考えることがないからでしょう。
自分自身が、お気に入りの知識人や評論家やブロガーなんかに簡単にマンセーになっているから、『ゴー宣』読者も同じだと思ってしまう。
考え続けている読者というものの存在を、想像することすら出来ないんでしょう。
トッキーさんはこういうネット民を、コメント欄やTwitterでさんざん見てこられたから、その品性や知性を最初の数行で判別できるのだろうと思います。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細