諫議大夫 のコメント

続いて、【今年の出来事】に投票します。

◆天皇陛下『生前退位』の御意向がニュースで流れる。「ゴー宣道場」の威信をかけた熱い公論の展開が始まる。
『理由』:今年の出来事として、というよりも、おそらくゴー宣道場始まって以来の最大の出来事ではないでしょうか。
日本の存続をかけた最大の戦いを生の現場で観られるのは、道場と道場ブログ、ライジングの周囲だけというのは、
一見心もとないように見えて、実は最も核心に迫った議論を直接見られる又とない機会であり、それを見ている私(たち読者)は
なんて幸せな現場に居るんだと感じずにはいられません。

◆「地方ゴー宣道場は運動化ではないか?」という議論が起こる。
『理由』:その時のよしりん先生が熱い怒りをこめて反論されたことは今でも忘れられません。その時の当事者の読者がネチネチと
一日に何回もコメントに書きこんだおかげで、「書き込みは1日3回まで」というルールが作られました。

◆コロコロアニキにて【おぼっちゃまくん】復活!
『理由』:まさか今年になって新作「おぼっちゃまくん」が読めると思っていませんでした。そして生放送でよしりんとのむらしんぼ先生の
対談が見られると思っていませんでした。超ラッキーでした。新作バンザイ!

◆堀辺正史師範が昨年12月26日に逝去されていたと訃報が伝わる。
『理由』:やはり、堀辺師範あっての『ゴー宣道場』です。師が寄り添って支えてくれたからこそ、今日の公論の場が出来あがったのです。

◆よしりん、自宅の住所も電話番号も分からず、警備会社に怪しまれる。
『理由』:いや、住所と電話番号くらい、覚えておきましょうよ。

◆よしりん「外国人観光客は目障りだ」とブログで述べて炎上。
『理由』:その後のブログで、たかみなのコンサートの帰り道、横浜中華街の坦々麺を食べたことが書かれ、「わしは熱い坦々麺を作ってくれる
中国人には感謝する」と述べていました。『には』って何ですか?『には』って?

◆【民主主義という病い】発売。
『理由』:「民主主義という病い」これは今年最大のキーワードといっても過言ではありません(一時の流行語で終わらせたくありません)。

◆小林よしのり代表師範「耳が聞こえなきゃ手話をつける」と発表。
『理由』:現ハンドルネーム「おいも」さんとは8月のゴー宣道場でニセただしさんとともに親しくなりました。私やニセさんとおいもさんは筆談でしたが
十分伝わったようで、それだけで感動でした。おいもさん、ありがとう。感謝します。また一緒に食べに行こうね。

◆黒木瞳さんから『大東亜論』の愛読者カードが届く。
『理由』:大女優の方から応援メッセージが届くなんて、ビックリです。しかも頭山満と黒木瞳さんの”縁”に二度びっくりしました。

◆笹幸恵、数の子を煮る。
『理由』:地味なネタだけど、可笑しくてつい選んでしまいました。


ぎりぎりでやっと投稿できた…。

No.163 58ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細