よっしー のコメント

前々から思っていたのですが、
三味線引きさんのコメントが秀逸で、
ユーモアとのバランスが絶妙で、
何故か毎回楽しみにしている自分がいます。

特に、木蘭師範への誉め言葉が面白く、
次はどんなフレーズなの?と、ワクワク期待している自分がいます。

あんまりプレッシャーかけちゃうと、
変に意識しちゃって良くないかも?と思っていたのですが、今回は書きます。

今回のゴー宣の提言、
「国会に一定数の女性枠を設ける」は、
納得でした。

何故なら、いくら実力でのし上がるとか言っても、結局は、
「女は子供を産む生物」というだけで、女は圧倒的に不利!
私的(家庭の事情)なことで休むことに抵抗感がある男社会(産まなくて良い殿方がトップにいるので、仕方がないかもしれませんが)の中では、特に、出産育児で休むことは罪悪感が伴うものでありましょう。

野田議員が訴えたかったことは、
産まない性を持つ男には、産む性を持つ女の事情がわからない、という「諦め」も含まれていると思います。

一定の枠を設けたとしても、その枠を名誉男性な女性が占めたら、もともこもありませんね。
名誉男性な女性は、名誉白人のように、ひたすら男の代弁者となって偉そうに女を教育しようとするので、女にとっては迷惑このうえない存在です。

名誉男性の女性の特徴として、
権力に弱い
嫉妬深い
が、あると思います。(女目線ですが)

男の人(今現在の権力)に尽くすことでしか、自分の中の主体的な情熱の持って行き場を発揮できなかった名誉男性の女性は、主体的に自己主張する女性を見ると、もし、その女性の生き方を自分が認めてしまうと、自分の生きてきた足跡&歴史を否定することになり、それに耐えられないので、異様に攻撃的になるのではないでしょうか?
それはすなわち、今まで自分を誤魔化して、見て見ないふりをしていた自分の中の「主体性」に、気付かされることにも繋がります。

勝手な女性目線の分析ですので間違っているかもしれませんが、
ここ(ライジング)に集う殿方が、奇妙な男尊女卑社会に疑問を呈している、というのは一筋の光だと思ってしまいました。

No.100 58ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細