音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」

《新連載》『 人生のあれこれ 』 ③ 「自分」の基本形について

2013/12/09 15:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 津田直士
  • 音楽プロデューサー
  • X-JAPAN
  • YOSHIKI
  • 音楽
  • 人生
  • 生き方
  • 幸せ

 では前回に引き続き、「自分」の基本形について書いていきたいと思います。
 
 僕は仕事柄、優れたアーティストと触れる機会が多いのですが、優れたアーティストは
たいてい「自分」と「自分以外のすべて」
が明確に整理されていて、それぞれしっかりと
した「自分」の基本形を持っています。
 
 そういった素養は、もしかすると
『 オリジナルな世界観を作品にして、多くの人達に発信する 』
というアーティストの性質上、必須条件なのかも知れません。

 アーティストをプロデュースする際、僕はそのアーティストの世界観を共有し、さらに
伸ばしていくために、そのアーティストの基本形をしっかり把握することにしています。

 「自分」の基本形について、僕が関心を持っているのは、そういう背景もあります。
 
 
 さて、
前回書いたように、僕の場合「自分」の基本形は、
   
 
好きな人や景色、好きな音楽やファッション、好きな映画やアートに触れて、
 心が喜んでいる状態
 
 です。
 
 つまり、

 フラットな状態より、ほんの少しだけ幸せな状態

 ということになります。

 このような心の状態でいると、世界が少し明るく見えます

 また、未来が少し楽しみになります

 そして、そんな「自分」でいられることが嬉しくて、自分を取り巻くすべてのもの、
つまり「自分以外のすべて」に感謝したい気分になります。

 そのため、この状態でいると、
 「自分」と「自分以外のすべて」の2つの関係が、良いバランスでいられる
 ということになります。

 
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

①〜③まで、通して何度も読ませていただきました☆
自分と自分以外のすべてを二つにわける考え方、とても考えさせられました☆

まず己と向き合う。そこで、自分を見つけ、自分はどう思い、感じているのかを知る。
「でも、あぁだしな、こうだしな、こうしたほうがいいかな。こんな意見もあるなぁ。あんな考え方もあるぞ。自分がこうしたらどう思われるんだろう?」←この思考は、『自分以外のすべて』に属する、といった事かな?と思いながら読んでいました。
見つけた自分を大切に強く持ち続ける。かたや、色んな考え方にも耳を傾け広い視野で見る。
その二つをハッキリとわけ、その比率を、大きな事が無い限りは50%50%のバランスで考え、何かが起きた時は、世界を二つに分けた状態は保ったまま、その比率を変えて考えると、何に悩んでいたのか、どう進むのか、今までみえなかったものか見えてくる。という事でしょうか?

そしてその二つのバランスをよい状態に保つ秘訣が、「自分の基本形をフラットな状態より少しだけ幸せな状態に置いておく事」である。というように受け取りました☆

うーむ。少しずつ見えてきました。
まだ、完全に見えてはいませんが、感覚的には見えてきました!

No.1 96ヶ月前
userPhoto 津田直士
(著者)

コメントありがとうございます。
そうですね。
暗闇の中だと何も見えなくて不安だけれど、灯りが点くと様子が分かって安心するように、自分を取り巻く色々なことを、まず「自分」と「自分以外のすべて」の2つに分けて考える事で整理してみる、というのが、この考え方をご紹介した意図なんです。
そう言う意味で、Ruiki Kiraさんにはちゃんと伝わっているので、良かったです。
良かったら、またコメント下さい。

No.2 96ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細