音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」

《新連載》『 人生のあれこれ 』 ① 自分の弱さは人生の宝物

2013/11/25 15:00 投稿

コメント:7

  • タグ:
  • 津田直士
  • 音楽プロデューサー
  • X-JAPAN
  • YOSHIKI
  • 音楽
  • 人生
  • 生き方
  • 幸せ

 さて、今回から新しい連載になります。

 題して「人生のあれこれ」

 人生の秘訣を扱うのは以前と共通していますが、サムネイルでお分かりのように、
以前の「主人公という生き方」よりも読みやすく、より自由な内容になっています。

 
 実際は前回からフェイドインしていますので、テーマは前回からそのまま続いて

 「弱さは人生の宝物」です。

 今回は、僕の実体験を題材にして綴ってみます。


***********************************************


 思春期を迎えた頃ですから、たしか13才。僕はとてつもなく不安になりました。

 不安は、これからの人生についてでした。

 おそらくそれは当時、この先、人生というのは自分で創らなければならないのだ、
と気づいたからだと思います。

 まず、普通の中学生なら当たり前のことなのですが、自分が特別な能力を持って
いない、という現実が、不安の大きな原因の一つでした。

 そしてそのために未来、つまり先が見えない、ということがもう一つの不安の原因
でした。

 この二つは、逆の見方をすれば、自分が何か特別な人生を歩むのだ、という意識を
僕が持っていたことを表しています。

 けれども、その根拠は、きっと自分自身から生まれたわけではなく、何か周りの
情報から(自分もそうなれたらいいな)と思う、その程度のことだったと思います。

 つまり僕は、大した根拠もなく、自分は何か特別な人生を送るのだ、と決めていた
のです。(今で言えば厨二病ですね)
 そしてその根拠がないために、不安になっていたのです。

 問題はそれだけではありませんでした。

 親や友達との関係、成績や毎日の課題、自意識や異性に関わることなど、悩んだり
思うように行かない事が沢山あって、そのどれかがうまくいっても、一方で必ず何か
が問題となっていたりしていて、心が傷ついたり苦しくなったり行き場がなくなった
り、とにかく複雑な毎日でした。

 おそらくこういったことは、思春期に、ほとんどの人が経験することではないかと
思います。

 そんな毎日の上で、さらに人生の問題ですから、まあ、大変だったわけです。

 さらに、ひょっとすると自分は、人と比べて取りわけ弱い人間なのでは、と心配す
るよう
になっていきました。

 心に嵐が起きるたびに、深く気持ちや自信が揺れ動いて、何かに守ってもらわない
と生きて行けないような複雑な気持ちで、いっぱいになってしまうからです。

 そうしているうちに、ある時発見したのが、以前から好きだった音楽が、そんな風
に傷ついた心を救ってくれる、特別な力を持っている、という事実でした。
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

userPhoto 津田直士
(著者)

>>3
コメントありがとうございます。
確かに、僕が今回書いた、「弱さ」や「強さ」の前に、まず本当の自分を知ること、そしておそらくそのためにしっかり自身を見つめる、ということが大切で、前提ですよね。
少し考えたのですが、頂いたコメントを、次回以降の内容に反映してみようかな、と思っています。
こうやって会話できることが、僕はとても大切なことなので、これからも、何かあればぜひコメント下さい!

No.5 97ヶ月前
userPhoto 津田直士
(著者)

>>4
深く読んで理解頂き、しかも内容の濃いコメント、ありがとうございます。

書いて頂いた、
「ああ、何かにならなくていいんだ。
見栄なんて張らなくても、強がらなくても、ありのままの自分でいいんだ。
そう気付いたら心が軽くなり、より自分らしくいられるようになりました。
弱さと向き合い、ホントの自分と出会い、ありのままでいる事の大切さと強さを知りました。

それからというもの、私はどんな人と向き合う時も、無理をする事なく、見栄を張ることもなく、ありのままの自分で接するようになりました。
自分の心と向き合う時もありのままの自分を見つめ、受け入れられるようになりました。
自分の事が少し好きになれました。」

という内容ですが、そう気づかれた頃は、おそらくRuiki Kiraさんの人生にとって、大きな分岐点になっていると思いました。
自分らしくいることで起きる問題は、自分を抑えている時に起きる問題と、質と意味合いが全く違いますから。

Ruiki Kiraさんから頂いたコメントに関わることも、やはり今後の内容に反映させたく思いました。
以前から、このブロマガを、なるべくインタラクティブな内容にしたかったので、頂いたコメントは、貴重です。
ありがとうございました。
今後もぜひ、気軽にコメント下さい。

No.6 97ヶ月前

>>6
一字一句、読んでくださり、受け止めてくださってありがとうございます。

そうですね。
ありのままでいいんだ!と気付いたあの頃は、私の人生の大きな分岐点だったと思います。

実は、私の中には、強い自分、弱い自分の他に、もう一人、客観的に見ていて鋭くジャッジを下す自分がいるんです。
その子は強い自分が生まれてくる前からいて、鎧だらけの心を更に鎧で塗り固めようとした時、「お前にゃうんざりだ。何がホントの気持ちなのかわかんない。」と言ったあの子なんです。
あの子が居たから気付く事が出来たのかもしれません。

色んな鎧を一つ一つ脱いでいく時は、真っ正面から自分と向き合い、自分の弱さ、醜さ、強情さなど、嫌な部分、目を向けたくない部分を徹底的に見て、受け入れて、改善する毎日でしたから、精神的にはかなりキツかったです。
でも、自分の底辺というんでしょうか?奥底まで見たら、その中に時々、自分の良さも見えてきました。
だからこそ、まっさらな自分に戻って、もう一度自分らしい人生を生きてみよう!と思えたのかもしれません。

変わりたいと思ったら、変われるんですね。
変わるというより、あの頃の私の場合は、『自分に戻る』のほうが正しいかもしれませんが^_^;

お返事に津田さんが書いてくださった、
『自分らしくいることで起きる問題は、自分を抑えている時に起きる問題と、質と意味合いが全く違いますから。』
という部分、ホントにその通りだと思います。
でも、その違いはわかっても、なぜ起こるのか、どうしたら良いものか、まだまだ、未熟な私はそこで悩み、自分の中で大会議が行われています^_^;

自分らしくいることで起こる問題と、どう向き合い、どう受け止め、どう歩むかが、今、私に課せられている問題なのかもしれません。

うっすらと見えてきた気はしますが、まだ見えず、モヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤ。。。(笑)

私の人生で未知の領域!
手探りで、歩みも慎重になります。
慎重になりすぎても良くないのはわかっていても、どうしても石橋を叩きすぎてしまう私。
まだまだ、精進が必要です^_^;

これからも津田さんのブロマガを読ませていただき、学ばせていただきたいと思います。
次のブロマガも、楽しみにお待ちしております☆

No.7 97ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細