音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」

100年残る音楽の魅力 ~ YOSHIKIの限りない可能性

2013/10/07 15:30 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 津田直士
  • YOSHIKI
  • 音楽
  • XJAPAN
  • 100年残る音楽
 僕が音楽に目覚めたのは、バッハの曲がきっかけでした。

 小学4年の頃。
 毎日、同じことの繰り返しにうんざりしていて、未来に希望はあるものの、その未来を
自分自身が創っていく方法も鍵もまだ見つからず、もしかしたら灰色の毎日が限りなく続
くだけの、つまらない人生をこれから何十年も送っていくのかな、そんな不安が時々よぎ
る頃でした。

 その日の音楽の授業は、音楽鑑賞でした。
 流れ出したのは、バッハの「小フーガト短調」
 それを聴いた途端、僕は胸が苦しくなって、机に突っ伏していました。
 そして、生まれて初めての感覚を、はっきりと意識しました。
 「心臓から涙が流れている。体が感動で泣いている・・・」
 
 音楽で、体が変わるほどの感動を得ることを初めて知った日でした。

 それからは、大好きだったベートーベンやチャイコフスキーのレコードの聴き方も、気
がつくと少し変わっていきました。
 聴きながら、何となく「心が泣く」ような瞬間を探すようになったのです。
 そうすると、今まで気がつかなかったところに、そのポイントはいくつもありました。
 そして、その切ない旋律や美しいハーモニー、心を震わせる和音の響きが、自分の心を
浄化してくれて、おまけに強いエネルギーで満たしくれることに気づきました。
 
 その力を持っているのは、クラシック音楽だけではありませんでした。

 「Let It Be」がリピートで流れていたのは、ラジカセを選びに行った電気屋さんの店頭
でした。
 僕は目的を忘れ、聴いたことのないその曲を繰り返し聴き、そのメロディーの持つ魔力
に取り憑かれ、その場を動けなくなりました。そう、あの感覚が、延々と続くのです。
 その曲がビートルズというアーティストの作品だと知るのは、それから半年以上も先の
ことでした。何しろ、まだ小学生でしたから。

 その、身体が変わるほどの感動を与えてくれる音楽は、さらにもっと大きなものを僕に
与えてくれました。
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

userPhoto 津田直士
(著者)

>>3
このブロマガを通して、こういう大切な意識や感動の共有ができて、とても嬉しいです。
書いていてよかったな、と思いました。
すごく幸せです。コメント、本当にありがとう。

No.6 99ヶ月前

 「心臓から涙が流れている。体が感動で泣いている・・・」

ホントそうでした。私の場合は、コンプレックスの為に、がんじがらめの鎖で己を武装してて、感情や心や存在や、そういうものがあやふやで…
そんな時に聴いた曲。
Xという刃で鎖をぶった切ってくれたのがYoshikiさんです。ちぎれた鎖が崩れ落ちる音をはっきりと聞いた覚えがあります。心臓から涙なのか、青い血だったのか…流れ出すのを感じた時、「自分は生きてるんだなぁ」って、剥き出しの感情で、心で感じる事が出来たんです。。

No.7 99ヶ月前
userPhoto 津田直士
(著者)

>>7
素晴らしいですね。凄い、っていうか…。
人生を変える音楽…。
ああ、良かった!
メッセージ、ありがとうございます!

No.8 98ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細