シシララな日々

【TiltBrush】マンガ家、イラストレーター、CGクリエイターがVR空間で女子大生を描くとどうなる!?【20160830_タダツグ】

2016/08/30 20:50 投稿

  • タグ:
  • シシララTV
  • 安藤武博
  • TilyBrush
タダツグです。8月もいよいよ終わり、すなわち1年のうちの2/3が終わったわけですね……。9月は東京ゲームショウに『ペルソナ5』の発売にと、ゲーム好きとして見逃せない出来事満載。こりゃあっという間に10月になっちゃいそうだなぁ……。

さて、まずは恒例の番組告知を。今週の金曜日は「つくった人がゲーム実況」の特別編として先日好評を博した『ライバルアリーナVS』の、実況プレイ第2弾をお届けします。女優の楠世蓮さん、藤嵜亜莉沙さん、プロゲーマーのふ~どさんと豪華ゲストをお呼びしてお届けしますので、みなさんどうぞお楽しみに!


ちなみに我々の番組は、このところ「FRESH! by AbemaTV」での同時配信も行っています。画質はこちらの方がキレイですので、興味がある方はぜひコチラのリンクからAbemaTVでもご覧になっていただければ!

また、最近我々は豪華ゲームクリエイター陣のコメントも楽しめるゲームニュースサイトも立ちあげました。その名も「シシララTV」! コチラもぜひご覧くださいませ。

というわけで今回のブロマガは、そんなVR特集の第二夜となった8月2週の「つくった人がゲーム実況」を振り返りましょう。

この回にゲームDJと、VRナビゲーターの二宮さんがピックアップしたタイトルは、以前の放送でも少しだけお見せしたことがある『TiltBrush』。VR空間で立体お絵描きを楽しめるという、新感覚のイラストツールとなっております。

f357245ab71fc14decf4271c9b5645b920611973

この魅惑のツールをいかにおもしろおかしくみなさんにお見せすればいいのか……。悩む我々にゲームDJが提案した企画はズバリこれ。

プロクリエイターによる業界の枠を超えたVRお絵描き対決

ほほほう、つまりは笹原さんと一緒にお届けしてきた「ザ・ワールド・イズ・マインZ」で好評を博した「プロクリエイターお絵描き対決」の新次元版ですね。

54cc767daf656138ab06117bbafc60defbfd8e27

これまではスケッチブックを用いて展開してきたイラスト対決が、今度はVR空間で巻き起こってしまうというのか……なんてこったい、これはおもしろそう!

ということでこの回にお越しいただいたのは、CGクリエイターの笹原和也さん、アートディレクター/イラストレーターの高木正文さん、マンガ家の武村勇治さん、CGIアーティストの由水桂さんという豪華プロクリエイターの面々。

シシララTVをよくご覧になられているファンの方にはおなじみのメンバーかもしれませんが、何気にみなさんCG業界やイラスト業界、ゲーム業界にコミック業界と、さまざまな分野でご活躍中の精鋭メンバーなわけですよ。おそれおおい!

1aedb3930c1e209f27a2ca96fb59a0d030a357a3

とはいえ、みなさんがVRでお絵描きをされるというのは今回がはじめて! いつもは平面に対してイラストを描かれている方々が、いかにして立体でイラストを描くのか……そこに焦点が当たったわけです。イラストのスキルはもちろん、空間認識や演出力が試される、と。

7a8384a1cf0eaa7c68d8468e2f6fbc9a477dc634

例によって、視聴者のみなさんが出してくれたお題候補からゲームDJがセレクトしたテーマは、まさかの「ゴジラ」。「ゴッズィーラ」でありました。ちょうどこの時期、我々の中で『シン・ゴジラ』が大ブレイクしていたこともあり、これは自分としては納得のチョイスです。

ということで、最初の挑戦者として手を挙げたのは我らがスピードスターの笹原さん。例によって「誰よりも早く挙手」を信条としているわけですが、今回はVRお絵描きということで、ちょっといつもと趣向が違うのでは……。ここは正直先攻が不利だと思うのですが、そんなの無視して手を挙げてくれるとはさすがは笹原さん、漢だぜぇっ!

2bd8f161e55c472c68481b8e1bbb0538716a7cb0

笹原あーっ、しまった! 後からの方が有利でしたね、気づかなかった……

って、天然だったんかーーーーいっ!!(苦笑)

案の定、最初だけあって操作がおぼつかない笹原さん。5分間という制限時間のうち、なんと3分をかけて描いたイラストを消去するなど、手探りぶりを存分に見せてくれました(笑)。「弘法筆を選ばず」とはいうものの、プロのクリエイターだって、はじめての最先端ツールを使うとこうなることもあるってことですよね……。

とはいえ、そこはスピードスターの異名を持つ笹原さんのこと。後半は怒涛の追い上げで最後まで仕上げてくれました! さすがっ!

02247cc9aa7e7ba2786ca2b1c2b5934f6e94c936

続いて武村さん、由水さん、高木さんが順番に挑戦していくことに。最初は笹原さん同様、操作に慣れずに戸惑っていたようですが、少しずつ独自のアレンジを盛り込んで、独自性を見せつけてくれる形になりました。

e3608681f524cf426515a3c67a33a8b8bed3bc55

ここらへんの順応性の高さが、クリエイターに求められる資質なのかもしれませんね。

ed998ae4fc4ac37c8adc3b7d827cbcb0cab38e7e

上記は武村さんのイラスト。普段はデジタルをいっさい使わないという武村さんでしたが、そんなハンデもなんのその。立体的な演出が施せるVRでのイラストに魅せられ、「これはおもしろい~~~」を連呼されていました。やはり、ゴジラといえば口から炎を吐いていなければ

b78ad0d48ea17ba9023d27bb2c314b7eaaa57ef5

武村さんのゴジラを見ての、由水さんのイラスト。これまた、炎に絶妙なエフェクトが施されていて目が引き付けられます。武村さんからの「マネだよね!」とのツッコミに、すかさず「表現というものはパクりパクられるものですから」と返す、その冷静さがかっこいい(笑)。由水さんも本当にこの『TileBrush』がお気に召したご様子で、とにかく楽しんで描いていることがものすごく伝わってきました。

e235117c9db774dcadee4b0bcc884a32e9113ae3

それを見た高木さんが描いたのがこちら。「炎を吐く」というギミックはやはりゴジラの代名詞ということで、高木さんも導入していますが、由水さんとはまた違ったアレンジを施しているのがよくわかります。ただ、イラストのクオリティはものすごく高かったのですが、肝心の写真のアングルが……。これでは、ちょっと全体がわかりづらいですね(苦笑)。

最終的に、出来上がったイラストを見直しながら、視聴者の人にどのゴジラが気に入ったかをニコ生のアンケートでおうかがいしてみると、見事得票率1位に輝いたのは武村さん。やはり、ゴジラの代名詞である炎を真っ先に取り入れたところが評価につながった模様です。

9992f0702f5c8f0aaea3365df368b3ec12e68988

続いてのお題は、この日偶然シシララTVのスタジオにお手伝いに来てくれていた18歳の女子大生・ミレちゃんをクロッキーすることに!

20a9461e9902cb10b8f3d29cbb558d14a27682c4

しかしミレちゃん、なんの打ち合わせもなしに現場で出演を依頼されて、その場で即決できるその気概は素直にすごいなぁと思いました。これがデジタル世代の平成生まれってヤツなのか……生放送に躊躇しないとかたいしたものだなぁ、と。これは逸材の可能性。

ということで、先陣をきったのはまたも笹原さん……だったのですが、ここでまさかの問題が勃発! 書き手がVRゴーグルをつけてしまうと、ミレちゃんが見えない……(そりゃそーだw)。急きょ、ゲームDJが「途中で1度だけゴーグルを外してミレちゃんを記憶してOK」というルールを設定するも、結果的にはやはり、後攻が有利である状況になっちゃいましたね笹原さん……(合掌)。

bf0d20956ba4db8419318785b870b8de4a48e4b8

とはいえ、短い時間でミレちゃんの特徴をつかみ、しっかりとクロッキーに成功。由水さんが思わず「さすがは美大卒というか、ちゃんと見てますね……」と認めるほどのクオリティに仕上げてくれました。

続いて挑戦したのは由水さん。美女のイラストには定評がある由水さんだけに、しっかりと顔の造形にこだわる形に。

2ae596c49746732184e006905ccf95a83dae5760

途中、笹原さんから「顔にばっか時間をかけて……そんなんじゃ全身をクロッキーできなくない!?」とのアドバイス(というかヤジ?)もありましたが、しっかりと全身を描き上げてフィニッシュ。さすがです!

0ceb5df4d91f5ca9ddca8e340bf6376695e65589

続いて高木さん、武村さんもミレちゃんのクロッキーに挑戦。高木さんは、頬をピンク色に染めて女性らしさを表現するなど、さすがの演出力を発揮。なんか後光が射してるし、これはマジで「ありがたやぁ~」ってイラストです。女神かっ! 

d346a750c3182ffc064b23a370cfa1b20adbf881

ただ、相変わらずのアングルなんですけども……(苦笑)。

最後の武村さんは、ご自身のキャラというか作風をしっかりと守る方向に。な、なんだか強そう!(笑) 全身からたゆたうオーラの表現など、『TiltBrush』ならではの演出を盛り込んでくるあたり、さすがは現役のマンガ家さんですよね。

b069230fa212386ad8d633f21db47b9c74979fc7

ってなわけで、今回もニコ生でアンケートを取ってみると……今度は高木さんが得票率1位に。アングルのマズさをものともせずに獲得した1位に思わずガッツポーズ。

78e4e87d51b4026579c73d2dfed2d1158704093e

これ、ミレちゃん自身が1番のお気に入りに高木さんのイラストをあげたのも大きかったかもしれませんね。

ちなみに、このときなぜかアンケートの投票率がすべて「0%」になるという謎のバグが発生し、視聴者のみなさんの手を煩わせることになったのですが、あの現象はいったいなんだったのだろうか。DJいわく「タダツグの呪いやろ」って言われたけど、そんなスキル、僕にあるの!? 有効活用したい……。

d1edd26cd37a4ef7cea0b264d167c93e29fa77e1

ラストはみんなで合作を描いたりと、最後までやんややんやと盛り上がった夜でした! いや~、VRによってこれまでになかった表現方法がいっぱいでてきますね。この『TiletBrush』を用いたコンクールなんか面白そうです。今度DJに提案してみようかなぁ……。

f421dceb78352df56f561ecc7cc0d8510dbd9207

e69db57ec816acda68630aa66a8478d76b218b5c

315bb49ddf9080528000179546d9d40bb38e2d28

ってなわけでこのへんで後告知! 今週金曜日には、先日好評を博した『ライバルアリーナVS』の実況プレイ第2弾をお届け。豪華ゲストとの夢の対決をみなさんお見逃しなく。



そしてそして、我々の「FRESH! by AbemaTV」でのチャンネルや、「毎日がGAME NEWS TV!」な「シシララTV」のサイトもぜひよろしくお願いいたします。

それでは、今日はこのへんで。タダツグでした~。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

シシララな日々

安藤武博 & シシララな人々

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

シシララTV

シシララTV

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細