水間条項国益最前線レポート

獄中十八年 徳田球一編 一.小さな正義派

2016/11/02 10:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 日本共産党
  • 水間政憲
  • 国益最前線
  • 民共合作
  • 徳田球一
 一八九四年(明治二十七年)沖縄縣 國頭(クンチャン)郡 名護(ナゴ)村にうまれた。わたしが共産主義者になつたのには特殊な事情がある。―わたしの祖父は鹿兒島で舊(旧)藩時代に船乗りからだんだん立身してきた廻船問屋だつた。琉球に船をもつてきて、外國からのいろいろな物資を非常に安く買い、それを鹿兒島や門司や大阪に賣りさばく商賣をしていた。そういう船問屋は、みんな琉球で女をもつていた。私の父はそういふ鹿兒島人と、その妾の琉球の女とのあいだにうまれたのである。わたしの母もやはりそういう船問屋の主人と琉球人の妾とのあいだにうまれた。
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

Akko
No.1 (2016/11/09 08:08)
徳田氏の出自に驚いた。これはごく一部分ではあるろうが知られざる日本の歴史の学びである。しかし、実は世界中こういう歴史があったのではないか、また現在もこのような国や地域もあるのではないか、と思う。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

水間条項国益最前線

水間条項国益最前線

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細