ニコニコチャンネルメニュー

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル 第17号 【補講:若人のための押井守小説ガイド その2】

2015/06/01 07:00 投稿

  • タグ:
  • Dr.マクガイヤー
  • 評論
  • 押井守
  • 小説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第17号 2015/6/1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お楽しみ頂いているマクガイヤーチャンネル、次回の放送は6/4(木)20時~です。

「最近のマクガイヤー6月号」として、最近面白かった映画、漫画、出来事についてまったりと一人喋りで紹介する予定です。

具体的には、『チャッピー』 『百日紅』 『駆込み女と駆出し男』 『ムシヌユン』 「電撃ホビーマガジン休刊」……等々について語る予定です。お楽しみに!



さて、前回の続きになります。


○2006年『雷轟 rolling thunder PAX JAPONICA』

420325ee1174c7c6d8e482a0367508c73e4ccf07

「もし日本が太平洋戦争に勝利したら?」という架空小説は数多くあります。それらの大半は「日本が太平洋戦争に勝利していて欲しい」という夢を形にしたドリーム戦記小説です。

本書も同じような世界を舞台とし、同じように戦記小説のスタイルで書かれていますが、その理由は「太平洋に勝利し、覇権国家となった日本に、勝者として苦労して欲しい。現実の覇権国家であり勝者であるアメリカがそうであるように」という、かなり捻くれた欲望に基づくものです。その為に、架空の南北戦争について語る章を最初に置くという手間までかけています。

本書の眼目は第二章、これまでの小説と同じく、まるで押井守のように理屈っぽい爆撃機搭乗員を主人公とした章です。舞台はベトナム戦争で、「ローリングサンダー」とルビを振られた雷轟作戦を舞台に、薀蓄が語られまくられます。

しかも数十ページにわたって語りまくるその薀蓄は「近代戦争における勝利とか何か?」という問題だったりします。「戦争における勝利」とは「正義の正当性の証明である」という主張を経て、「これまで日本という国が自前の正義を掲げた戦争を経験したことは歴史上ただの一度も無かった」、「だから俺達はベトナムでこんなにも苦労しているんだ!」というベトナム戦争の本質に日本の立場から迫る、恐るべき薀蓄です。

そして、その薀蓄が現実の日本、決して覇権国家ではなく、勝利者としての責任も、敗者としての自覚も無い日本を照射します。

押井監督の力の入れ込み具合が分かる一冊です。


力を入れこみ過ぎたのか、本書に収められているのは上記した中短編二章のみ。それも三年有余かかったそうです。ハードカバーの単行本約1/3は企画書や企画経緯や軍事評論家 岡部いさくとの対談が収められており、なるべく早く世に出したいと書いてあった続編も、未だ発表されていません。



○2009年『ASSAULT GIRLS AVALON(f)』

1202fbdfeea150aedad4c636471ed7fbdf62d4fe

今をときめく黒木メイサやハリウッド女優である菊地凛子がオタク好みしそうな衣装に身を包み、背後にはカッチョ良いクリーチャーやらロボットやらがいる――映画『アサルトガールズ』のDVDジャケットに騙され、TSUTAYAでレンタルしてみると、菊地凛子が光の玉でお手玉したり、佐伯日菜子がスナイパーライフルを抱えてだらだらしたり、ガタイの良いおっさん(藤木義勝)が大島の裏砂漠で目玉焼きを食べているだけでガッカリしたという人が沢山いるのではないかと思います。しかも、クライマックスは黒木メイサと佐伯日菜子の口ゲンカです。

ですが、おそらく初期プロットに基づいて書かれたと思われる本書では、なぜ菊地凛子がお手玉するのか、なぜ佐伯日菜子がスナイパーライフルを抱えて物思いにふけり、最後にロボットに乗るのか、なぜ藤木義勝が食を楽しんでいるのか、そしてなぜクライマックスが口ゲンカでなくてはならないのか――等々がきっちりと理解できる物語になっています。

このまま映画化すれば観客の反応も随分と違ったものになったと思いますが、そうしなかったのは、おそらくアニメとは異なる実写映画の魅力――目の前にオタク好みする衣装に身を包んだ女優がいて、背後には幻想的な大島の裏砂漠の風景があり、それらを用いて実写映画でしかできないことをしようと苦心した結果なのではないかと思います。

言い換えれば、それは「地獄」でしかなかったのですが、それはともかくとして、本書は「地獄」どころか、いつものように薀蓄とクライマックスとオチがきちんと用意されているエンターテインメントになっています。

いつもはシンプルな物語しか作らない押井守ですが、本書はストーリーラインが複数あるのも特筆すべき点でしょう。



○2010年『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』

7ce884ce2b4b70ce03d208a39c5464486ded3d5f

舞台は1942年、シュタウフェンベルグ大佐による“彼”の暗殺計画が成功した架空のドイツ。東部戦線の激戦区であるスターリングラードには、プロテクト・ギアの基となるプロテクト・スーツ――異形の甲冑を纏う呪われし幻想の部隊、第101装甲猟兵大隊「ケルベロス」がいた……という、これで燃えなきゃウソだろという設定にて書かれた小説が本書です。

しかも、ナチスはウーファという映画会社を通じて大量のプロパガンダ映画を製作したことで有名ですが、主人公は元ウーファの演出部に所属していた宣伝中隊の大尉、しかもシュタウフェンベルグ大佐の姪にして日系ドイツ人女性であり、「ケルベロス」の姿を記録映画に納めるべくベルリンからスターリングラードに向けて旅たつというのが冒頭になります。

つまり本作は、これまで押井守が薀蓄を披露してきた「軍事」、「銃火器」、「歴史」、「現実と虚構」に加え、「映画」がテーマとして加わった小説になります。

「この場に漲る緊張感は、いまここに身を置いている者にとっては自明だったが、標準レンズの画角には映らない。

本来が劇映画のカメラマンであるホラーバッハは、長焦点レンズ特有の切れのない映像を好まなかったが、今回に限っては望遠レンズを置いてきたことが悔やまれた。」

……等々の描写にクラクラきます。

ラジオドラマの小説版として発表された本書ですが、最後にラブストーリーに着地するのは、自分が好きで好きでたまらない要素が揃ったせいで、その気が無かったにも関わらず、思わずパンツを脱いでしまったからではないでしょうか。

ちなみに、ラジオドラマ版で軍人にして映画監督であるところの主人公を演じていたのは押井のミューズである榊原良子であり、「ケルベロス」隊長を演じていたのは大塚明夫でした。

本書は、当然のごとく「食事」に関する薀蓄もたっぷりです。読了後は人造蜂蜜とマーガリンをたっぷり塗りつけた軍用パンが食べたくなりました。



○2011年『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』

dc5d387b6cf4f69a8116abaf34fee2fbf45d75cb

2011年といえば、実写版パトレイバーの話題が影も形も無かった頃ですが、その時分に「オリジナル監督による『パトレイバー』の続編!」として発表されたのが本書です。

内容はといえば、「三代目」であり「後藤田副隊長」の部下であるところの、押井守のように理屈っぽい特車二課男性隊員「泉野 明」がプロサッカー・チームのサテライトに潜入捜査する……というのが本書の粗筋です。ページの大半は「サッカーの戦術や歴史」やら「トレーニング」やら「勝利するためには何が必要か?」といった事柄についての薀蓄で溢れています。つまり、いつもの押井守小説です。

当然、アニメ版『パトレイバー』を愛していたファンたちは置いてけぼりです。今でもAmazonのレビュー欄には「売れない小説を売るためにパトレイバーを利用した」、「キャラは劣化コピー」、「悪意を感じる」といった怨嗟の声で溢れています。

しかし今読むと、本書における「レイバーが時代遅れとなった世界観」、「ヒットしたアニメ版『パトレイバー』への悪意というか事故批評となっている「<三代目>のキャラ造形」、「最後の最後になるまで動かないレイバー」……といった要素が、『THE NEXT GENERATION -パトレイバー』と共通していることが分かります。

おそらく、本書が無ければ実写版パトレイバーはもう少し違ったものになっていたでしょう。

まぁ、同じ企画書を基に出発した作品同士であるから、というのも理由なのかもしれませんが、「皆で練り上げた企画をどのように<自分の作品>にしていくのか」という点で、配置すべきところに人員を配置して後は個々の判断に任せる本作の後藤田隊長と、『THE NEXT GENERATION -パトレイバー』で「総監督」という役職についている押井守は、共通した戦術をとっているのでしょう。



本メルマガについては、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペは勘弁な!



Dr.マクガイヤー
Twitter : https://twitter.com/angusmacgyer
ブログ : http://d.hatena.ne.jp/macgyer/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第17号 2015/6/1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:Dr.マクガイヤー
     平野建太

発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To 読者のあなた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

マクガイヤーチャンネル

Dr.マクガイヤー

月額:¥330 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事