ニコニコチャンネルメニュー

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル 第18号 【補講:若人のための押井守小説ガイド その3】

2015/06/08 07:00 投稿

  • タグ:
  • Dr.マクガイヤー
  • 評論
  • 押井守
  • 小説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第18号 2015/6/8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回の続きになります。これで押井小説はコンプリートだ!


○2012年『ゾンビ日記』

3a229ac562af1bb9deab9f61f974d4fec16d5760

何故か人類が皆ゾンビになってしまい、主人公だけが生き残っている――そんなゾンビ映画ではよくある世界を舞台に、押井守のような主人公「俺」がいつものように理屈っぽい薀蓄を垂れ流す小説です。

ただ、ゾンビとはいっても普通のゾンビではありません。この小説でのゾンビはゾンビ映画のように人間を襲いもせず、食い殺しもせず、何にも関心が無いまま歩き回るだけなのです。しかし、ゾンビ映画のように世界はしっかり滅んでしまい、「俺」はただ一人残されました。

普通の人間なら孤独で狂い死にしそうなものですが、そこは中身が押井守な主人公です。なんと狙撃銃でゾンビを狙い打つことをライフワークとするのです。

人間は「俺」ただ一人、そして趣味はゾンビの狙撃、ページのほとんどは「狙撃」、「殺人」、「戦場におけるあれやこれや」、そしていつもの「食」……といった自省のような、自問自答のような薀蓄で占められることとなります。スナイパーライフルのメンテナンスへのこだわりと、ほかほかごはんに「穂先メンマやわらぎ」を敷き詰めたお弁当へのこだわりが並列に語られるあたり、やはり押井守小説は最高だなと言わざるをえません。

しかし、ある時「俺」は自分が唯一の生き残りでないことを知ります。そして、もう一人の生き残りは自分と同じくスナイパーであり、人類が絶滅したこの世界でスナイパーVSスナイパーの戦いが始まるのです!

実の姉であり、舞踏家である最上和子をモデルにしたと思しき主人公の姉についての内省や、牧羊犬と狼についての薀蓄が、きっちりと伏線として回収されるクライマックスに唸ります。

なによりも、「狙撃」、「ゾンビ」、「戦場での殺人」……といった要素がただ羅列されるだけではなく、「生きる意味とは何か」「人生とは何か」といったテーマにきちんと絡む構成が最高です。もし伊藤計劃が生きていたら狂喜しそうな一冊です。現時点での、押井小説における最高傑作と呼んでも過言ではないと思います。



○2015年『GARM WARS 白銀の審問艦』

8ae7badc4ad6b909c7e12915669b7df49592f679

全ての住民が電脳化した異種族が跋扈する異世界ガルムを舞台に、樋口真嗣、竹谷隆之、細田守といった錚々たるスタッフを集め、アニメと実写の映像技術を融合させて作る超大作映画……それが『G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR』こと『ガルム戦記』です。しかし、2000年に公開される予定だったこの映画は、予算オーバーにより企画凍結、早い話が製作中止となってしまいました。「現実と虚構」とか「幻の戦闘」とかいったものをテーマやモチーフにすることが多い押井守監督ですが、映画そのものが幻となってしまったのです。

ところが2013年、『ガルム戦記』は『GARM WARS The Last Druid』として、再び製作されることが発表されました。2015年現在、映画は既に完成し、幾つかの映画祭で公開されていますが、不思議なことに劇場公開日は未だアナウンスされておりません。幸運にも映画を観た人の弁には「押井守の最高傑作」と「制作費をドブに捨てた最低映画」という正反対の声が混淆しています。自分はというと「いつもの押井映画」なのではないかと想像しております。

さて、同じ企画、同じ脚本を基に執筆されたと思しき小説版ガルム戦記が本書です。押井小説の特徴として、「主人公は若い男性」「一人称」「蘊蓄たっぷり」があるのですが、本書は決して「いつもの押井」ではありません。主人公は記憶を受け継ぐことで不死を実現した異世界人であり、三人称であり、重火器や食の蘊蓄は皆無です。代わりにページを占めるのは架空世界を演出する架空の専門用語であり、架空の空飛ぶ艦艇の描写であり、架空の種族の架空の風俗や伝承の描写です。

まるで早川書房や東京創元社のSF文庫本を読んでいるような感覚になるのですが、まるで榊原良子が声をあてそうな女艦長が登場したり、犬が聖獣扱いされていたりする描写でニヤニヤするのがオシイストです。お話も、「現実と虚構」や「幻の戦闘」といったテーマやモチーフをしっかりと含んだものになっています。

いずれにせよ、映画版と同じく、押井守にとっての野心や挑戦が詰まった一作であることは間違いないでしょう。押井守だって頑張ってるんだぞ!



【その他のおすすめ押井本】

押井守が書く小説は、様々な映像企画の副産物や遺産として出版されたケースがほとんどです。

一方で、作家としての押井守は小説以外にもエッセイや対談本を何冊も発表しています。最近は忙しくなってきたのか、知り合いの編集者が聞き書きや「構成」を務めることも多いのですが、ほとんどが押井守の知られざる側面を浮き彫りにする興味深い本になっています。

その中でも、自分のおすすめは以下の三冊です。



『注文の多い傭兵たち―オシイマとその一党のコンピュータゲームをめぐる冒険』

1afc41ba3f57253a46c96a32a7a4628635f2ea12

押井守が年齢のわりにゲーム好きであり、『ULTIMA』『WIZARDRY』といったパソコンゲーム華やかりし時代、つまりは『天使のたまご』などが原因で仕事を干されていた時代にゲームばかりしていたことは有名です。

本書は押井守がプレイしたゲームのリプレイ……というか、妄想や薀蓄やゲームにかんするあれこれを「ゲームのリプレイ」という形式にまとめたエッセイになります。

どのリプレイも主人公は自らの分身である「オシイマ」であり、『御先祖様万々歳!』『紅い眼鏡』のキャラクターがパーティの仲間やNPCとして出てくるあたり、ニヤニヤしてしまいます。

後半にはオリジナル・ゲームの企画書……というか妄想企画も収められており、まるで押井守の白昼夢を覗き見したような一冊です。『AVALON』『アサルトガールズ』といった企画への影響や変遷を妄想したりするのも、また楽しいでしょう。

本書には『サンサーラ・ナーガ』で一緒に仕事をした桜玉吉による味わい深いイラストが添えられており、これも魅力の一つになっています。



『犬の気持ちは、わからない―熱海バセット通信』

f30861cfd504bc4490a4df2427425945b74b9e65

押井映画といえば鳥、魚、そして犬ですが、なんと本書は押井守が飼っている犬猫たちとのペットライフを題材にしたエッセイになります。連載されていたのも『Wan』なるペット雑誌です。おそらく、編集部にシンパならぬオシイストがいたのでしょう。

そういうわけで、本書には熱海に住む押井守が、犬を抱く幸せ、犬と散歩したりシッコさせたりする幸せ、犬の匂いの充満した布団で寝る幸せ――つまりは、犬二匹、猫一匹、(加えて妻一匹)とどのような「ゴクラク生活」を送っているかが詰まっています。

しかし、その「ゴクラク」を支えるためにはおカネが必要です。映画の仕事をこなすため、東京のスタジオと熱海の本宅という二重生活を送る押井守。遠く離れた東京で愛犬の病気に気をもんだり、月曜の朝、納豆をこねながら「東京に行きたいくない!」と叫んだりする押井の姿にニヤニヤします。


2000年に出版された本書は、愛猫である「ねね」がウイルス性腹膜炎で亡くなったことを報告するあとがきで終わります。2015年現在、本書で押井から愛を注がれていたガブリエルやダニーも亡くなり、それが映画監督押井守の契機となったであろうことを考えると、感慨深くならざるをえません。

本書も桜玉吉による魅力的なイラストが添えられています。

数ある押井本の中で、自分が最も好きな一冊です。



『勝つために戦え!〈監督篇〉』

『勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉』

04c684adf7587a7a558c601653f1b5c48ae93c9e   704f4a3743c02f19b9623b9b284f1df47d15ad5f

押井守は『勝つために戦え』という勝敗論をテーマにした本を三冊ほど出していまが、映画監督をテーマにした二冊はどれも面白いです。


押井守の考える「映画監督にとっての勝利」とは、以下の二点です。


・常に映画を作り続けることができる(理想は死ぬまで)

・「自分の作品」としての映画を世に出せる


だから、作る映画は常にヒットするわけではありません。むしろ、常にヒットし続け、ヒットすることをスタジオ側に求められると「自分の作品」を作ることができず、映画監督としての敗北に近づいてしまいます。

この押井守の勝敗論を他の映画監督にも当てはめ、編集者の野田真外相手に語りまくるというのがこの二冊です。

俎上に載せられる監督は洋の東西を問いません。スピルバーグは敢えてホームランを打たず、たけしはフィルモグラフィーに敢えてしょうもない映画を混ぜ込み、三池崇史は映画に愛されている……ヒット作を連発してしまったため「敗北した」と考えていたキャメロンが『アバター』を撮れば「負けた」と評価し、「自分の作品」を未だ世に問うてない樋口真嗣はけちょんけちょんです。

宮崎駿が「機動部隊ごと突撃しちゃった司令長官」、高畑勲が「軍隊を維持することに失敗した将軍」という評価は、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』が発表された今となっては頷けることこの上なしです。

他にも興味深い記述が満載で、以前ブログで二回もネタにしました。

映画監督押井守にとっての勝利と敗北──もしくはキャメロンに「負けた」理由
押井守がデル・トロを褒める理由:『勝つために戦え!監督篇』

そういうわけで、かなり長くなってしまった本ブロマガにおける押井守編もこれにて終了です。

これで貴方も立派なオシイストの仲間入りだ!



本メルマガについては、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペは勘弁な!



Dr.マクガイヤー
Twitter : https://twitter.com/angusmacgyer
ブログ : http://d.hatena.ne.jp/macgyer/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第18号 2015/6/8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:Dr.マクガイヤー
     平野建太

発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To 読者のあなた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

マクガイヤーチャンネル

Dr.マクガイヤー

月額:¥330 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事