コジマ店員の【全力投球】ブログ!!

遊園地ホラーゲーム〔THE PARK〕翻訳テキスト 最終回

2015/12/11 13:30 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

THE PARK動画も次回でたぶん最終回! 

自分でも頑張って翻訳をしてみたんですが、今回もなんか文章が上手くまとまってなくて、これで動画を出したら恥ずかしい状態になってしまいました。。。


もし翻訳が得意な方が居ましたら、ご指摘頂けると勉強になりますし、大変助かります。

たぶんこれで最終回なので誰か助けて下さい><



~~~~~~~~ここから翻訳~~~~~~~~

お化け屋敷1

After they let me Callum back and sent me home with a handful of breadcrumbs.


彼らはカルムにパンの切れ端を持たせて家まで送り私のもとに戻した。

Home bittersweet home.


徹底的にビタースイート家。


 

I barely recognized it. where there had been color and light, there were shadows and regrets.


私は、それをかろうじて認めました。光や彩があった生活には暗い後悔の念があった。


 

 

where there had been warmth, there was a bone-deep coldness that never went away.


暖かさがあった場所で、骨の髄まで凍えるような決して取れることもない寒さがあった。


 

I tried my hardest to keep the ghosts at bay.


そんな悪霊どもを自分から引き離そうと試みた。


 

Don, watching from the dusty corners while. I tried to teach his son to read.


旦那は埃っぽい角から、私がカルムに読み方を教えているのを見守っていた。


 

My father, coldly assessing me and finding me lacking


父親は冷たい感じで私の育児で不足しているところを分析していた。


 

I devoted myself to Callum and did the things that they told me.


私はカルムに尽くし、父親や旦那の言うとおりに動いた。


 

It will get better, they said. Every day will be a little better then the last.


その内、今の気分も少しは晴れるだろう。と彼らは言った。まあそれなら毎日少しずつ良くなっていくだろう。


 

I am in the woods now, lost and afraid. Things never got any better.


現在私は森で迷い、恐怖を憶えている。物事は決して良くならなかった。


 





お化け屋敷を終えて

Stories are told again and again and from their shape we build our understanding of the world.


幾度も語られていく物語の中で、私たちは少しずつ世界の輪郭を掴んでいく。

 

two children are led into woods. they are lost a for a time, but then are captured by old witch.


ふたりの子供は森で迷子になりババアな魔女に捕まってしまった。


 

A child goes missing in Atlantic island Park. He wanders lost, for a time, before finding his way into the mouth of an old witch.


遊園地でも子供が行方不明になって、発見される前に魔女に食べられてしまった。


 

In the oldest version of this story, the mother and the witch the same person.


この古い話では、魔女と母親は同じ存在だった。


  

I never wanted to be the witch. But I am, aren't !?


絶対に魔女になんてなりたくなかった。でも、私は魔女なんだよね?


 


取り調べ

Take a deep breath and think about the last place you saw your son.


ひとつ深呼吸をして、あなたが最後に息子を見た場所を応えてください。


 

In my heart and mind.


私の心は常に。


I always return to Atlantic island Park.


アトランティック アイランド パークに つながっていく。






落ちている書類
(これは長いので何が書いてあるかなんとなく教えて頂くだけで大丈夫です><)


 85ee2ef75b633d52994a96267979d1701007ada7

7e24d945b63da55c20c58ff5302623ee1533000a

74edf35c9d32ca420640061b60353c6f5695e80f

3d666cd08fd2af01be4b148733a6c723e83ae8f7

aaed1585e2c214568b842d5254c653b8c164d688

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

コジマ店員の【全力投球】ブログ!!

コジマ店員

月額:¥550 (税込)

コメント

kmai
No.5 (2015/12/12 03:06)
投稿お疲れ様です。
翻訳は時間が無いので、書類だけまとめます。
1枚目は医者からお母さんへの手紙。あなたのうつ病は治りましたので仕事に戻れます、もう薬は取らないでくださいとのことです。
2枚目は弁護士からお母さんへの手紙。ドン(旦那)が事故で死んだ場合の遺産相続人がドンの親になっていて、その親に連絡したがカルムがドンの息子だという証拠がないのでお母さんは遺産がもらえないとのことです。
3枚目はお母さん(ロレイン)の母からの手紙。ロレインは母に助けて欲しいと手紙を書いたらしいが母は今更遅いと、(ロレインの父と母が別れた時)ロレインがお父さんに付いて行った事をいまだに許せないとのことです。
4枚目は病院の診断書。お母さんのうつ病は妊娠中に始まり、その原因は旦那を6ヶ月前に亡くした事と父との関係。治療して治ったとのこと。下の欄にはお母さんがうつだったので、カルムは生まれてすぐ養護施設に入れら... 全文表示
らいち
No.9 (2015/12/12 03:35)
書類の類は内容だけでよいとの事でしたので文章の翻訳は削除させて頂きました…申し訳ありません><
内容をざっくりまとめると、一枚目が医師からお母さんへの手紙で、病気から完全に回復していつでも仕事に戻れるので薬の服用を止めるようにというものでした。
二枚目は弁護士からお母さんへの手紙で、ドンの遺産の第一受益者はニューヨークにいるドンの両親で、その二人はカルムが息子であるという生物学的証明書なしには認めないと言っており、お母さんにはドンの遺産は一銭も入らないというものでした。
三枚目はお母さんのお母さん(カレン)からの手紙で、何年も前に離婚してお父さんについて行ったのに今更助けてと言っても遅い、もう連絡してこないで、というようなものでした。
四枚目は一枚目と同じ病院からの手紙で、お母さんが妊娠の初期状態から夫を亡くした事と父親との問題によって鬱になっていたこと、電気治療を含む治療を施したことなどが書いてありました。
5枚目はお母さんのメモ?で一行ごとに抗鬱薬が書いてあるあたりお母さんの精神がだいぶ危険であることが伺えます…最後の行にアトランティック・アイランド・パークのチケット、と書いてありますね…
みこと
No.10 (2015/12/12 18:19)
もう本文も翻訳されている方がいらっしゃいますが、一応私がやってみた訳も載せておきます。

After they let me out, they gave me Callum back and sent me home with a handful of breadcrumbs.

彼らは私を外に出した後、カルムを返してくれて、ヘンゼルとグレーテルのように私を家まで送ってくれた。

Home bittersweet home.

いいことも辛いことも、たくさん味わった我が家。

I barely recognized it. where there had been color and light, there were shadows and regrets.

私は気づかなかったけど、鮮やかで光があったはずの家には、暗い影と後悔があって、

where there had been warmth, there was a bone-deep coldness that never went away.

温もりがあった場所には、拭い去れない、骨の髄まで凍えるような冷たさがあったの。

I tried my hardest to keep the ghosts at bay.

私は亡霊を寄せ付けないように頑張っ... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

コジマ店員のプレイボールチャンネル

コジマ店員のプレイボールチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細