ハックルベリーに会いに行く

教養論その26「言語能力における美的感覚(中編)」(1,754字)

2016/02/25 06:00 投稿

  • タグ:
  • 教養論
「言葉の美しさ」というのは、以下の四つの要素から構成されている。

1、音の美しさ
2、機能としての美しさ
3、概念としての美しさ
4、形の美しさ

ここで、この四つについてそれぞれ見ていく。

まず、「音としての美しさ」。
これは、別の言い方をすれば「朗読したときの聞こえ方の良さ」ということになろう。口から音として出したときの美しさだ。

その最も代表的なものといえば、「七五調」ということになる。

「古池や蛙飛び込む水の音」
「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」

これらを音読したときの、独特のリズム。また収まりの良さ。そうした要素が、聞く者に音としての美しさを感じさせる。

あるいは、七五調でなくとも美しい音の言葉というものはある。
例えば、ぼくが好きなのは「百年の孤独」の書き出しだ。

「長い歳月が流れて銃殺隊の前に立つはめになったとき、恐らくアウレリャノ・ブエンディア大佐は、父親のお供をして初めて氷と

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ハックルベリーに会いに行く

ハックルベリーに会いに行く

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細