ハックルベリーに会いに行く

好きなことを見つける方法:その11(1,581字)

2021/07/26 06:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 好きなことを見つける方法
守屋くんがすすめてくれた『ドカベン』を、ぼくは読み始めた。

この日のことは、よく覚えている。どう覚えているかというと、「何も覚えていない」ということを、強烈に覚えているのである。

気がつくと、夕方になっていた。もう帰らなければならない時間だ。
いつの間に、これだけの時間が経過したのか?
ぼくは、そのことの不思議さに呆然としながらも、一方で、その場をまだ離れがたく思った。その耽溺の時間から、抜け出すのに強烈な抵抗を覚えたからだ。

それから連日(数日間)、ぼくは守屋くんの家に通い詰めた。そして、守屋くんの家にある『ドカベン』を、全部読み通した。

ただし、全部といってもほんの数冊である。おそらく3冊ほどではなかったか。
3冊読むのにも、ぼくは数日かかった。その頃は子供だったし、しかもマンガを読むのは初めてだったので、それだけの時間がかかったのだ。

その間、守屋くんは何も言わなかった。嫌な顔一つせ

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

abc
No.1 (2021/07/26 14:42)
自分は子供の頃にはこういう瞬間ってないな。覚えてない。大人になってからはあるけど。なぜかその時に自分がいた場所の空気感までよく覚えている
岩崎夏海 (著者)
No.2 (2021/07/26 19:38)
>>1
空気感は記憶に焼きつきますね。記憶はふとしたときに蘇ることもあるから不思議です。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ハックルベリーに会いに行く

ハックルベリーに会いに行く

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細