女子力アップcafe Googirl

タイプ別!夏疲れを改善してくれる食材たち!?

2012/08/24 23:45 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ヘアケア
  • 夏バテ
  • 食欲不振
  • 飲み過ぎ

9ec58b91b50d29e179209b9c2d13f3970ae05b22

今年の夏は早くから暑かったですよね。
暑さや紫外線の影響で、体の中も外もお疲れな人、多いのではないでしょうか?夏疲れを改善するためには、食材に頼るのが効果的。タイプ別に改善効果のある食材をとって、夏疲れを秋に持ち越さないようにしましょう!


「疲労、食欲不振に→すっぱい食材」

夏の暑さに疲労感がたまったり、食欲の出ない人には「すっぱい」食材がオススメ。クエン酸や酢酸が体の疲労を改善し、落ちた食欲を取り戻してくれます。
代表的な食材は「酢・レモン・梅干し」。自分で調理する場合、夏野菜を切って合えるだけで、簡単に酢のものやマリネ、梅肉和えが作れます。他にも酸味のあるグレープフルーツやキウイなどの果物を食べても、同様の効果が得られます。


「ビールの飲み過ぎに→ビタミンB1」

夏に美味しいビール。ついつい飲み過ぎてしまいますが、実はアルコールのとり過ぎは夏バテの一因。糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」が減ることで、体や脳に疲れがたまりやすくなるのです。「夏バテぎみだから、夕飯はビールとおつまみで軽くすます」という人は、さらなる夏バテを自ら引き起こしているのかも。
ビールを飲むならビタミンB1豊富な「うなぎ、豚肉、枝豆、レバー、豆腐」を一緒にとって。これでアルコールによる夏バテも改善されます。


「お疲れ肌に→抗酸化作用の食材」

キツイ紫外線は、入念に日焼け予防をしてもダメージを受けてしまいますよね。傷付いた細胞には、抗酸化作用のある食材が◎。
代表的な食材は「トマト、パプリカ、大葉、オクラ、モロヘイヤ」など。抗酸化作用のある野菜の中でも、季節の夏野菜は効果抜群!安く手に入れられるので、サラダやスープにしたり、冷奴にのっけるなどして多くとるようにしましょう。


「パサパサヘアーに→アーモンド」

紫外線は肌だけでなく、髪にも影響を与えます。髪がパサパサになったり、カラーの色落ちも日焼けが一因。
パサパサヘアーにはタンパク質やビタミンE、亜鉛の含まれる「アーモンド」が◎。他に「うなぎ、ホタテ、牡蠣」なども亜鉛を多く含み、髪のパサつきを抑えてくれます。

あわせて読みたい

コメント

翠香
No.1 (2012/08/25 01:03)
わかりやすい・・・(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

女子力アップcafe Googirl

女子力アップcafe Googirl