岡田斗司夫ゼミからのお知らせ

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』完全解説!息をつかせぬ無料110分拡大版!」

2019/12/28 07:00 投稿

  • タグ:
  • 岡田斗司夫
  • オタキング
  • アニメ
  • SF
  • 評価経済
  • ガイナックス
  • オタク
  • マンガ
  • ダイエット
  • よしもと

岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/28

 今日は、2019/12/08配信の岡田斗司夫ゼミ「宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』解説[前編]」から無料記事全文をお届けします。


本日の内容

nico_191208_00130.jpg
【画像】スタジオから

 こんばんは、岡田斗司夫です。今日は12月8日ですね。
 もう最初のうちに言っておくんですけども、今日は無料放送が長くなります。これ、もう、どうしようもないんですけど。
 今日は『On Your Mark』という、宮崎駿のちょっと問題作を取り上げるんですけど、この作品、見られない人が多いんですよね。まあまあ、TSUTAYAも最近では本当に流行っているものしか置かなくなったので、見ていないという人も多いと思うんですよ。
 なので、最初にストーリーとかをちゃんと説明するのに、かなり時間がかかると思うんです。映像的なトリックとか伏線が、もう本当に、異常なまでに多いアニメなので。
 たった6分40秒なんですよ、6分40秒しかないんですけど。これまでの宮崎駿の作品では考えられないほどの複雑さなんですよ。
 なので、これをちゃんと説明して、見るようにしておけば、「訓練になる」という言い方になるんですけど。この先ずっと、アニメを見る時の参考になると思うので、ジブリ初等教育として避けられない作品なので、今日は無料放送を長めにやらせてください。
 『On Your Mark』という作品は、ここにある、『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』というのに入っています。
(DVDを見せる)

nico_191208_00123.jpg
【画像】『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』DVD

 Amazonでは今の段階ではまだ売っているので、よろしければ買っておいてください。たぶん、終わった頃にはもう買えなくなってると思います。
 それでも、正直、今日の無料と限定で、全ての話が出来るとは思えないので、まあ、もし入らなかった場合は、次回12月11日の水曜日の夜7時に予定しているガンダムゼミを1回潰して続きをやりますので、すみませんけど、覚悟しておいてください。

ガイナックスの実情と社長逮捕の裏側

nico_191208_00247.jpg
【画像】スタジオから

 それでは、今日の最初の話なんですけど。
 「ガイナックスの社長が逮捕された」という、やっておかなきゃいけない話から、真面目にやります。
 「ガイナックスの社長がわいせつ罪で逮捕された」というんですけど、これね、正確じゃないんですよ。「犯罪者に会社を乗っ取られた」というのが僕の見方なので、これの説明させてください。
 これを曲げて報道しているマスコミも、誤解してリツイートしている個人も加害者側だと僕は思っているんですね。「乗っ取られたんだ」というのが、今回のポイントだと思います。
 ネットに流れている噂よりは、ちょっとくらい詳しい説明をします。

・・・

 とにかく、「『エヴァ』のガイナックス社長が逮捕」という報道には、ちょっと文句を言いたいんですよ。
 皆さんもご存知のように、すでにとっくの昔から『エヴァンゲリオン』の制作は、庵野君の会社カラーに移ってるわけですよね。にも関わらず、ニュース報道で「エヴァの制作会社」と言うのは、やり方が悪どい。
 いや、ニュース関係者も、そんなことは知ってるんですよ。知っているくせに「視聴率とかアクセスが欲しいから」という情けない理由で、間違った情報を流し続けている。そういうのは、まあ、やめて欲しいわけなんですけど。
 他にも、ガイナックスには京都ガイナックスとか、米子ガイナックスとか、いろんなガイナックスの名前を使った会社があるんですけど、今回の事件の中心になったのは、実はガイナックス・インターナショナルという会社であって、そこ以外は関係ないんですよね。
 それぞれ、みんな真面目に、アニメや作品を作っている会社なので、こういう報道の仕方はやめてほしかった。
 これに対して、庵野君のカラーが厳重抗議したわけです。まあ、そのおかげでテレビとかマスコミでは「『エヴァ』の会社の社長が~」と言われることは減ったんですけど。
 ネット報道に関しては、責任者が見えないし、アクセス率が彼らの小金稼ぎになるので、まあ、やめないんですよね。
 そういう報道に対して僕らが出来ることは「見ない」とか、「そういうタイトルを見たらリツイートしない」くらいしか、加害者側にならない方法はないんですけども。

・・・

 というわけで、今回の件をちょっと詳しく解説してみましょう。
 まあ、「詳しく」と言っても、僕の知っている範囲なんですけど。
 そもそも、今のガイナックスには実体がないわけですよね。ずっと倒産寸前なんですよ。「実体がない」と、よくニュースで書いているんですけど、これ、何のことかと言うと「倒産寸前で、いつ潰れてもおかしくなかった」ということなんです。
 倒産しなかった理由は、「倒産させなかったから」であって、倒産させなかったのは、ひとえに「先代の社長であり、『オネアミスの翼』の監督でもある山賀君の意地と見栄のせい」だと僕は思います。
 実際の山賀君というのは、『アオイホノオ』に描いてあるのとはちょっと違っていて……まあ、島本和彦は忖度の人ですから、すごい気を使うわけですよ。『アオイホノオ』の中に出て来る人らに、すごく気を使って描かれてまして。
 山賀君というのは、野心家以前にプライドとか見栄の塊みたいな人で、そのプライドとか見栄があるから、それ故に上昇志向がすごい強いわけです。それが、彼の能力とか、いろんなものを押し上げているわけなんですけど。
 しかし、山賀君にも欠点はあって、まず「人を見る目がゼロ」なんです。これはもう、本当にゼロなんですよ。あとは「責任感が独特」というのもあるんですけど、これは欠点とは限らないんですけど。
 その結果、今回逮捕された巻社長をガイナックスに引き入れてしまった。もともとは取締役だったのを社長にしちゃったのも、山賀君の大判断ミスですね。
 以前から、ガイナックスにはこういった脇の甘さがあって、逮捕された巻社長も、取締役のXさんという人のお友達人事なわけですね。
 この辺りの真相は、僕にはよくわからないんですよ。以前から、社内でも「あの巻さんという取締役は何をしているのかわからないんだけど、Xさんの友達らしいよ」と噂されてたそうなんですけど。
 今回の問題が浮上してきたのは今年の10月。
 実はこの時期に、ガイナックスの長年の懸案だった「倒産させよう」という機運がついに盛り上がったんですよ。
 ガイナックスというのは「何もしてない」と言うよりは、本当は「倒産寸前で、いつ倒産させようかというタイミングを見計らっていた」んです。なので、「もう今しかない! 倒産させよう!」という話が、今年の秋、10月くらいにあったんです。
 もう、ずっと赤字で、庵野君のカラーへの支払いも出来なかった状態なので、とっくの昔に倒産して当然だったんですけど。山賀君としては、会社を潰さなかったというか、タイミングを見てたわけですね。
 ところが、2019年になって山賀君に居場所が出来た、と。福島ガイナで『トップをねらえ3』というのを作ることになったじゃないですか。そこで監督と脚本が出来るということで、一応、花道が用意されたわけです。
 山賀君としても「『トップをねらえ3』を作るという名目だったら良いだろう」ということで、会社を倒産させようとしたんです。大部分の社員も「ああ、これはもう倒産だろうな」と、何年も前から倒産してもおかしくなかったので、この取締役会議は順調に進んだんです。
 しかし、そこで唯一、異議を唱えたのが、今回逮捕された巻取締役だったんです。今は巻社長ですけど、当時は取締役です。
 巻取締役は、その会議で「我々にはガイナックスというブランドを残す責務がある!」と言ってきかなかったんですね。

・・・

 ところが、この巻という人は、アニメも知らないし、ガイナックスのことすら何も知らないんですよ。
 これは、僕も噂で聞いただけなんですけど、例えばガイナックスに入った時に、僕の名前、岡田斗司夫の名前を知らなかったそうなんですね。「ガイナックスブランドを~」なんて言うわりに、俺の名前も知らねえのか。すげえな、と。……いや、知らなくても構わないけども(笑)。
 おまけに、アニメのことも別に知らないし、好きじゃなくて。例えば「ガイナックストマト」っていうのがあるじゃないですか。皆さんも調べたらわかる通り、何年か前に「ガイナックスがマジのトマトを作って販売を始めた」という事があったんですけど。これも、おそらく巻社長の引きでやった仕事だと思うんですよ。
 ただ、ちょっとここは自信ないです。ガイナックスの公式ホームページを見ても、もう「ガイナックストマトは誰が始めたのか?」とか、そういう情報が一切公表されていないので、わからないんですけど。
 アニメ会社がいきなりトマトを作って、トマトジュース作っても、売れるわけがないんですよ。でも、巻という人は、それがわからない人なんですね。アニメも知らないし、アニメファンにとっての「ガイナックスのブランド価値」というのは、作ったアニメの内容にあるということすらよくわかってなくて、ただ単に「ブランドだ」と思ってたわけですね。
 だから、こういう企画も無理やり通しちゃったんだと思うんですけど。
 そういうわけで、巻取締役は「我々にはガイナックスというブランドを残す義務がある!」と主張をしたらしいんですけど。
 まあ、みんな呆れて。だって、売上はもう本当にとっくにゼロなんですよ。だから、実質的に既に倒産しているんです。そもそも、「ブランド価値」と言っても、お前はアニメについて何も知らんだろう、と。みんなそう思ってたんですけど。
 しかし、Xさんの引きで入って来た人だし、取締役だから、会議は平行線。結局、「じゃあ、もう、そんなにお前が残すべきだと言うんだったら、巻取締役が社長になればいい」という落とし所で、倒産させる事が出来なかったわけです。
 この時、何がなんでも倒産させていれば、こんなことにはならなかったんですけど。その時は、誰も気が付かなかったんですね。

・・・

 ところが、11月に入った頃に、巻社長の周辺が何やら騒がしくなってきて、会社に来なくなり、「警察がわいせつ罪で捜査しているらしい」という噂が立った。
 そこで発覚したのが、このガイナックス・インターナショナルという会社の存在だったんです。
 この会社、この時まで、誰も知らなかったらしいんですよ。
 「ガイナックス・インターナショナルという会社は何?」と思ってネットで調べてみたら、そんな名前の会社がとうの昔に設立されていて「えっ、いつの間に?」って思ったらしいんですけど。
 まあ、巻さんが取締役だった時代に、いつの間にか設立した会社で、ガイナックス社内には知っている人がいなかったらしいです。
 今回の事件自体の始まり方は、「警察がある社長を捕まえた」と。
 そのある社長というのは、どうも未成年の女の子の親からの訴えで捕まったらしいんですけど。その女の子は、その捕まった社長……これはもう、僕も全然知らない人です。その社長の、いわゆる愛人というポジションだったらしいんですけど、それを斡旋したのがガイナックス・インターナショナルという名前の会社だった、と。そういう噂が流れたんですね。
 これは、僕が警察の内部事情を知っているわけではなくて、ここまでしか知らない噂として話しています。これ、本当に噂ですよ?
 会社の存在がガイナックス社内に知れた際、「このガイナックス・インターナショナルという会社は、声優のオーディションや手配をやっている会社だ」というふうに巻取締役からは説明があったそうなんですけど。
 どうもそれだけではなさそうだ、と。だったら、そんな捜査が来るはずがない、と。怪しい、と。
 というわけで、現在、その巻新社長は、「未成年の女の子を斡旋した」というルートで警察の捜査を受けているんだと思います。いろいろ書かれています。
 そこで、関係者一同は「ああ!」って思ったわけですね。「ああ、それで巻取締役は、あんなにガイナックスを潰すことに反対してたんだ!」と。ガイナックスを倒産させたら、ガイナックスの名前が利用できなくなるから。
 つまり、最初からガイナックスブランドを利用しようとしてたんですよ。ガイナックスブランドを利用して、声優志望の女の子を集めて、それを商品として、トマトみたいに売り捌くことを考えていたわけですよね。
 本体がなくなったら、この先、女の子の応募がなくなる。それで、あんなに必死に反対してたんだと思ったんですけど。
 今、コメントに流れている通り、これはなかなか危ない話で、僕もこれを言うのは、正直、怖いことは怖いわけですよ。
 というのも、こんなことを平気でやる人って、いわゆる反社との繋がりがある可能性もあるわけなので。だって「全然知らない会社にガーッと入って行って、その会社にブランドがあると知ったら、アニメの仕事をするつもりもないのに声優事務所を立ち上げて~」って、なかなかヤバい人じゃないですか。
 だから、まあ、この1週間以内に僕の名前が消えたら、これが原因だ、と。水曜日のニコ生がなくなったら「これが原因だ」と思って、お線香の1本もあげておいてください。よろしくお願いします。
 警察の捜査という段階になってから巻社長は出社しなくなって、そのまま社員の間で噂だけが流れて不安になっていた時に、いきなり今回の「逮捕された」という報道でバッと出て、「ああ!」と、みんな思ったわけなんですけども。

・・・

 事件で被害を受けたのは、もちろん、何も知らずに巻社長の作ったガイナックス・インターナショナルの声優会社に志望した女の子達ですよね。
 そんなところに登録しちゃった女の子とか、それでいけると思っちゃった親達。あと、斡旋されて被害を受けた人達なんですけど。
 しかし、報道による被害を一番受けたのは、やっぱり、『エヴァンゲリオン』という作品名と、今『エヴァンゲリオン』を作っている株式会社カラーだと思います。
 もう、関係ないのはわかってるくせに、知ってるくせに、ニュースバリューのために「あの『エヴァ』のガイナックス社長が~」と、ずっと言われ続けるわけですね。風評被害だけでなく、実際の被害も出ているというふうにも聞いています。
 その次の被害者が、福島や京都や米子ガイナックス。これも、まともな会社ですので、もう経営者も違うし資本関係もないのに、同じ名前だからという理由で、風評被害を受けている、と。
 「無責任なニュースとか発言は、とりあえずリツイートしないように」と僕が一番最初に言ったのは、風評被害を受けている人たちにとっての加害者は誰かと言うと、1次加害者は「事件を起こした人たち」、2次加害者は「事件を元に釣り目的でいい加減なニュースを作ってるニュースサイト」なんですけど。
 3次加害者というのは「それを、こんなニュースがあるよと友達に知らせている、善良な普通のネットの人」だと思うので。これを見ている人だけでも、そういうことを止めていただけると、これ以上の風評被害を防げると思います。
 来年、せっかく『エヴァ』の新作が、やっとやっと公開されるので、そこら辺は、ちょっと気をつけてあげてください。
 意外かもしれないけど、僕、もう1つ、今回の事件で被害を受けたのが、株式会社ガイナックスの本体だと思っています。
 なぜかと言うと、ガイナックスというのは巻社長に乗っ取られたわけですよ。そりゃ、引き入れたのが悪いんですけどね。
 だけど、全然、アニメを作る気もなくて、最初からこんな悪いことをしようと考えている、言っちゃあナンですけど犯罪者に乗っ取られただけで。
 乗っ取られた理由は、ハッキリ言って、それはもう、名前を出せば、前の社長の山賀君がマヌケだからなんですよ。マヌケで脇が甘いからなんですけど。
 それでも、会社とか、これまでの作った作品とかには罪がないと思うんですよね。別に、今回の犯罪で利益を得ていたわけではないんですから。
 アニメに興味がなくて、最初からガイナックスのブランド、名前を悪用しようというだけの目的で近づいて来た、悪いヤツがいて、そいつが勝手にガイナックス・インターナショナルという会社をでっち上げて、そんな犯罪組織を効率的に運営するために、スキを見てガイナックスを合法的に乗っ取った。
 合法的だったんですよ、その10月の会議は合法的だったんですけど。単に、やっぱり自分の犯罪に利用しただけだと僕は思います。
 この話は、最初に言ったように、かなり僕の推理なんですけど。大筋はこのラインで合っていると思うんですね。
 今日、なぜこの話を僕がニコ生の頭でしたのかと言うと、ガイナックスという会社も、今、いろいろ言われてますけども、乗っ取りにあった被害者であって、過去の作品とか別の会社とか、『エヴァンゲリオン』を関係づけたような記事や発言をリツイートするのは、これ以上は止めてあげてください。
 でないと、3次加害者の方になっちゃうので、そこら辺は控えてくださいね、というお願いでした。
 で、ここまで話した上で、今のガイナックスさんに言いたいことなんですけど。
 「早く公式声明を出せ!」と。
 あのね、発信元は「元社長、今は平社員の山賀博之」で、全然OKです。
 「元社長の僕の不注意で、会社が犯罪者に乗っ取られてしまいました。ファンには心配をかけてすみません」という声明を早いこと出せ、バカ!
 というのが、俺の今回の感想&解説です。ここまでにしておきましょう。

 誰かがちゃんと「どこが悪いことをしたのか? 何をしたのか?」というのをパッと言って、パッと謝罪する部分だけでいいんですよ。
 関係ないところまで謝らなくていいから、「脇が甘かったです。会社が乗っ取られました。そんなこととは全然知りませんでした」ということだけでも、早いこと言わないと収まるもんも収まらないので、チャッチャとやってほしいと思います。

宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』を6つのレベルで分析する

nico_191208_02345.jpg
【画像】スタジオから

 じゃあ、今日は……まあ、今日1日では済まないんでしょうけど。『On Your Mark』の話をします。
 『On Your Mark』というのは、この『ジブリがいっぱい』というショートショートに入っている6分40秒の作品です。
(DVDを見せる 『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016』)

nico_191208_00123.jpg
【画像】『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』DVD

 この作品の絵コンテは、『耳をすませば 絵コンテ集』の中に入っているんですよ。
(本を見せる 宮崎駿『スタジオジブリ絵コンテ全集10 耳をすませば On Your Mark』スタジオジブリ、2001年)

nico_191208_01800.jpg
【画像】『耳をすませば 絵コンテ集』

 これ、表紙には載ってないんですね。背表紙を見ると、やっとここに小さく『On Your Mark』って載っているので、わかりにくいんですけど。まあ、「資料としては、ほぼこれしかない」と思ってください。

nico_191208_01828.jpg
【画像】『アニメージュ』

 いや、他にもあるはあるんですよ。ここら辺の本に少しずつ書いてあるんですけど。それでも、一番デカい資料が、この『アニメージュ』(徳間書店)の1995年の8月号という。もう、これを見るくらいしかないんですね。
 本当に資料がない作品なんです。大変でしょ?
 もともとは、チャゲ&アスカからの持ち込み企画だったそうで、コンサート用の映像兼、ミュージックビデオやプロモーションビデオとして作られたそうです。
 本来だったら、宮崎駿はそんな音楽、それもJ-POPのPVを作るような男じゃないんですよ。では、なぜ、こんなのを受けたのかと言うと。この『天才の思考』という文藝春秋の本の中で、鈴木敏夫さんがこう書いています。(鈴木敏夫『天才の思考 高畑勲と宮崎駿』文藝春秋、2019年)

nico_191208_01925.jpg
【画像】『天才の思考 高畑勲と宮崎駿』表紙

(もののけ姫の)企画が決まり、宮さんは以前に書いたプロットを基にストーリーを作り始めました。ところが、なかなか筆が進まない。最初に話を考えたのがもうずいぶん前だったから、そのときの気分が自分の中に残ってなかったんですね。結果、「この話は今の時代には通用しないと思う」と言って、スランプに陥っちゃうんです。その期間が半年ぐらい続いたでしょうか。
そんな矢先、歌手のCHAGE&ASKAの関係者から、「新曲『OnYourMark』のプロモーションフィルムを作ってくれませんか?」という話が入ってきました。僕はCHAGE&ASKAのことを知らなかったんですけど、ともかくそれに飛びついた。これはスランプの宮さんにとって、いい気分転換になる──そう直感が働いたからです。


 鈴木さんはこんなふうに書いてますけども。
 なぜ引き受けたのか? それはね「この『On Your Mark』の公開が1995年の7月だった」というのがヒントだと思います。

 1995年というのは、その3年前の1992年に『紅の豚』が公開されて、前年の1994年には『アニメージュ』誌上で、ついに『ナウシカ』の連載が終わったと同時に『平成狸合戦ぽんぽこ』が公開された。
 これ、どういうことかと言うと、ジブリの経営危機なわけですよ。
 『紅の豚』は、そんなに興行収益があったわけじゃないし、『ナウシカ』という最大のコンテンツも連載が終了してしまった。『ぽんぽこ』は、まあまあ一応ヒットしたとはいえ、制作費が回収できるような金額ではない。
 当時は、ジブリがまだまだマニア向けだった時代なんですね。今の国民的アニメとしてのジブリではなく、まだまだアニメ好きの人が見ているだけの作品だったんです。
 なので、鈴木さんとしても「このままでは危ない! ジブリは倒産する!」と思ったんでしょう。だから、今となってはすごく意外なんですけど、当時の鈴木さんにとって、チャゲアスの知名度は喉から手が出る程欲しかった。
 「それくらいメジャーなものを手がけなければ、自分達のスタジオは潰れてしまう」と思っていた時代なんです。

・・・

 鈴木さんはこの本の中で、さらに「その7分ほどの映像を作る中で、行き詰まった『もののけ姫』の構想を別の角度から見直すことができたんでしょう」と書いています。
 どういうことかと言うと、もともと宮崎さんが考えていた『もののけ姫』というのは、1980年にですね描いていた、この絵本が元なんですね。
(本を見せる 宮崎駿『もののけ姫』スタジオジブリ、1993年)

nico_191208_02152.jpg
【画像】『もののけ姫』表紙

 つまり、この絵本を元にした「かわいい女の子がお化けに連れ去られる」という話だったんですよ。それをベースにコンテを描いていたんですけども。
 『On Your Mark』を作ることによって、宮崎さんは「ああ、もうこれ、全部、話を変えなきゃダメだ!」と言い出した、と。
 そこから、アシタカという少年を主人公にしたストーリーが出来上がっていった。
 つまり、「もののけを主人公にして、もののけに好かれたお姫様だからもののけ姫」というのではなくて、「アシタカという男の子が神様に呪われて、そんな中で自立する話」という物語を描こうと思ったわけですね。
 当初は気分転換のためにこれを作り始めた宮崎駿は、結局、宮崎駿のアニメの中で最も過激な、ものすごい6分40秒の作品を作ってしまいました。

nico_191208_02309.jpg
【画像】『出発点』表紙

 『出発点』(宮崎駿『出発点〔1979〜1996〕』スタジオジブリ、1996年)という、宮崎さんのすごく長いインタビュー集があるんですけど。このインタビュー集の中でも宮崎駿は、この『On Your Mark』に関してこう言っています。
 「チャゲ&アスカの歌詞をわざと曲解して作った」と。つまり、わざと誤解して、それも悪意を持って誤解することを曲解というんですけど。悪意に満ちた映画として作ったんだ、と言ってるんです。

・・・

 なので、今日は、この不思議な6分40秒のフィルムを、6つのレベルで解説しようと思います。6つのレベル。レベル1からレベル6まであるんですけど。
 今、コメントで「裏読み」って書かれたんですけど、裏読みじゃないんですよ。これね、裏読みするどころじゃないんですよ。もう本当に、レイヤー構造になっていて、そのレイヤー構造が1段階から6段階まで、うっすらと段々と向こうに見えるようになっているんですね。

 今回の無料放送でやるのは、レベル1とレベル2です。
 レベル1は「見ていない人にもわかりやすいストーリー説明」なんですけど。普通の人は見逃すレベルまで、一応解説しようと思います。
 レベル2は、「スポンサーやチャゲ&アスカ、レコード会社にバレないように、宮崎駿が忍ばせた悪意」。その悪意というのが3つあるんですけども、この3つを解説します。
 レベル3は、「かなりのアニメファンとか大人でも、なかなかわかりにくいように隠したテーマ」ですね。
 レベル4は、「押井守とか、高畑勲への挑戦状」って僕は呼んでいるんですけども。具体的に言うと『おもひでぽろぽろ』とか『ビューティフル・ドリーマー』、あとは『天使のたまご』への批判というのが入っている。
 レベル5は、「宮崎駿が自分だけにしかわからないように仕込んだ、自分自身へのメッセージ」ですね。「こういうのを、これからお前は作れ!」という。
 レベル6は、以後の宮崎駿作品に実はかなり影響を与えているので、その影響について語ろうと思います。

 ということで、これ、今日中には絶対に最後までいかないと思いますので、来週12月11日の水曜夜7時から、追加の講義をやろうと思います。

『On Your Mark』解説:「誰にでもわかる」レベル1

nico_191208_02556.jpg
【画像】スタジオから

 では、レベル1に行きましょう。
 ええと、しょっぱなからこれなんですよ。
(パネルを見せる)

nico_191208_02540.jpg
【画像】タイトル © 1995 Studio Ghibli

 始まった瞬間に「ジブリ実験劇場」というタイトルが出てきます。こんなのが出てくるのは唯一なんですね。他の作品では、こんなタイトルは出てきません。
 無音で5秒間、「ジブリ実験劇場」というのがドーンと出て、それからイントロ開始です。
 「タタラーン、タンタン~OHOHOH~♪」というコーラスが掛かる中、草原が映ります。
 腐った鉄条網があります。美しい自然なんだけど、なんか立ち入り禁止な感じで鉄条網がある。それがもう腐ってて、後ろには不気味な建物が見えます。
 その次が……超デカいフリップになるんですけど。
(パネルを見せる)

nico_191208_02627.jpg
【画像】町と巨大な建物 © 1995 Studio Ghibli

 右端からカメラのフレームが左に行くと思ってください。画面がこういうふうに流れて行くんですけど。
 破棄された町、人気がない町が見えて、その後ろには、すごく巨大な真っ黒な建物があります。
 ここまで行って、やっとタイトル。
(パネルを見せる)

nico_191208_02648.jpg
【画像】『On Your Mark』タイトル © 1995 Studio Ghibli

 「On Your Mark CHAGE&ASKA」というのがドーンと出てきます。
 「巨大なトラックの運転席に、チャゲとアスカが乗っている」という、まあ、こういうシーンのタイトルです。

・・・

 ここでイントロが終わって、「ドンドンドンドン~♪」とドラムスが入った瞬間に、ここまでの、のどかな風景とは真逆のシーンが始まります。
 いきなり「POLICE」と書かれた飛行機が何機もフレームインしてきて、こいつらが急降下して行くんですね。
 そのままトンネルに突っ込みます。
 猛スピードでトンネルに突っ込んでいく。ドラムスが入った瞬間に、すごくスピーディーな映像になるんですよ。
 このトンネルを抜けると、いきなりメッチャクチャ怪しいビルが建ってます。
 「GOD IS WATCHING YOU(神はお前を見ている)」とか書いてあって、この目が開いたり閉じたりしてるんですね。
 このビルに向かって、一直線に飛行機が突っ込んで行きます。
 そして、ドーンとこのビルの窓をぶち破って、さっきの飛行機が突入していくんですけど。
(パネルを見せる)

nico_191208_02835.jpg
【画像】ビルに突入する飛行機 © 1995 Studio Ghibli

 ここまでがイントロなんですね。歌が始まる前の「ターンタンターン~♪」という音楽だけの部分ではのどかな田園風景を見せて、「ドンドンドンドン♪」というドラムスで飛行機が急に何機も怪しいビルに飛んで行き、バシャーンと突っ込んだ瞬間に、「そして僕らはいつもの笑顔と~♪」という歌が始まる。
 この歌が始まるタイミングが、超カッコいいんですよ。
 「そして僕らはいつもの笑顔と姿で~♪」という歌詞で、バーンと突っ込んで行って、銃撃戦が始まるんですけど。この銃撃戦が、もう本当に完全に訓練された動きなんですね。

・・・

 警察じゃなくて彼らは軍隊なんですよ、もう本当に。
 で、「いつもの笑顔と姿で~♪」という歌詞のところで、いきなり銃撃戦を始めます。
 それに対して、ビルに立てこもっていた新興宗教側は防戦一方です。破壊力が違う。火力が違う。警察の方は爆弾を使っているわけですね。
 なぜ警察の方がガスマスクつけているのかと言うと、突入する時に毒ガスを使うからですね。警察の側は「毒ガスを使う」という前提で突入していて、新興宗教の側はそういう防備を持っていないから、どんどん押されていくわけです。
 この「埃にまみれた服を払った~♪」って歌詞、すごいでしょ?
 「そして僕らはいつもの笑顔と姿で」というのは、「彼らにとってはこれが日常だ」ということなんですね。彼らにとっては、この人殺しが日常の世界。
 そして、「埃にまみれた服を払った」って、これ、埃じゃないんですよね。「血を払った」って意味なんです。「返り血の付いた服を着替えるのが日常だ」と。
 これは、オウム真理教のサティアン事件とかが起こる前に作られているんですね。だから、宮崎駿は、そういう事件を参考にして作ったのではなくて、完全に自分の想像だけで、「未来の社会」ということはないんですけど、「自分が描きたい世界はこれだ!」というふうに描いているんですよね。
 で、「埃にまみれた服を払った、OH~♪」という、「OH~♪」という部分で、爆発がバーンと起こる。
 この、音と絵の合わせ方も見事です。「そして僕らは~♪」という歌が始まった瞬間に突入が始まって、歌の間の「OH~♪」という小さいシャウトのところで爆弾が爆発して、爆炎がブワーッと右から左へ広がっていく。メッチャクチャカッコいいんです。

「この手を離せば音さえたてない~♪」というところで、このビルの周りに、空中を飛ぶパトカーが10機以上飛んでいる。
 これで、このビルが完全に制圧されたというのがわかります。
 ここまでを一気に見せるわけです。なかなかすごいんですよ、このアニメ、本当に。

・・・

 で、「落ちていくコインは~♪」ってところで映るのがこれです。
(パネルを見せる)

nico_191208_03155.jpg
【画像】死んだ女の子 © 1995 Studio Ghibli

 これね、「死んでる女の子」なんですよ。武装集団のカルト教団って、僕らはついついオッサンばっかりって考えるんですけど、そんなことないんですよ。こんな幼い女の子が、大人向けのダブダブの信者の服を着ているんですね。大人の服しかないから。
 でも、そんな年端も行かない女の子に対してまで、生きているか死んでいるか確かめるために、持ち上げて、顔から落とすんですよ。落としたら、動かないんですけど。
 そんなシーンのバックに掛かっているのが「落ちていくコインは二度と帰らない~♪」という歌詞。もう、チャゲ&アスカは、そんな意味で全く書いてないのに(笑)。
 この「二度と帰らない~♪」という部分では、逆光の中、今の女の子と同じように、死体を1つずつ確かめている警官隊が映るんですね。
 もちろん「生き残りがいたら撃ち殺すため」です。そのために、こうやって死体を1つ1つ確かめていくんですけど。
 ここで、あえて逆光にしているのはなぜかと言うと「警察側の非人間性を見せるため」ですね。こういうふうに、逆光の中、入ってくる人間というのは、人間味がないように見えるんですよ。これを、あえてここではやってます。
 ここまで、実は一番最初の無音の状態から「OH~♪」という、スキャットから数えて、わずか90秒。歌が始まってからは40秒しかないAメロと言われるパートです。
 Aメロ、Bメロ、サビというふうに、J-POPの曲は進行するんですけど。そのAメロの40秒までで、「信者のビルに突入して、ほとんど全滅させて、死体を確認する」というところまで行くわけですね。
 流石の宮崎駿。
 「そして僕らはいつもの笑顔と姿で~♪」ということで、「これが彼らの日常だ」と。
 「埃にまみれた服を払った~♪」で、「血にまみれた服を着替えるのが、これが俺達の毎日だ」と。
 「この手を離せば音さえたてない~♪」については、ちょっとレベル2の方で説明します。
 で、「落ちていくコインは~♪」というところで、持ち上げた女の子の顔をゴトンと落とす。
 もともと、この『On Your Mark』というのは恋愛の歌であって、「この手を離せば音さえたてない、落ちていくコインは二度と帰らない~♪」というのは、失恋のことを指しているんですよね。
 どう考えても、チャゲ&アスカは恋愛の歌として歌っているのに、宮崎駿はそれをこんなに残酷な話に仕立て上げているわけです。
 これはたぶん、世界のアニメでも最も衝撃的な冒頭90秒だと思います。
 後の『エヴァンゲリオン』の25話とか、『Air/まごころを、君に』とかで描かれた、国連軍によるネルフの虐殺シーンというのは、明らかにこの1995年の宮崎駿の、わずか6分40秒のアニメから、すごく強い影響を受けているんです。
 だって、それまで、アニメでこんなシーン、誰も描いたことがなかったんですよ? 宮崎駿というのは、それを、よりによってチャゲ&アスカのPVで、それも冒頭の90秒でやっちゃうような、ちょっと頭のおかしいオジサンなんです。

・・・

 Bメロに入ります。
 「君と僕並んで~♪」というところで、やっと事件が起きます。
(パネルを見せる)

nico_191208_03551.jpg
【画像】主役の二人 © 1995 Studio Ghibli

 これは1分36秒のところなんですけど。奥の方に翼の生えた女の子が見えて、ここでやっとチャゲ&アスカ、主役が登場します。
 で、「夜明けを追い抜いてみたい自転車~♪」というBメロの後半に入ります。
(パネルを見せる)

nico_191208_03618.jpg
【画像】翼のある女の子 © 1995 Studio Ghibli

 「ここで女の子を確かめると、実はその女の子の背中に翼が生えてたんだ」と。ここ、大事なシーンですから覚えておいてくださいね。
 さっきのAメロは40秒あったんですけど、Bメロの方は10秒くらいしかないんですよ。
 Bメロは、Aメロで描いた残酷な世界に対して、そこに起きた小さい奇跡を描いてるんですね。
 「教団ビルの奥に翼が生えた少女がいた」と。「その翼の生えた少女が酷い目にあってる」と。では、宮崎駿が言う酷い目とは何か? 「それは人間性の否定だ」と。
 「まず、鎖だ」と。鎖に繋がれている=酷い。「そして、コカ・コーラを飲まされている=酷い」という(笑)。
 宮崎駿のコカ・コーラ嫌いというのは、僕も知ってたんですけど。宮崎駿の言う酷い扱いというのは「鎖で繋がれて、コンクリートに寝かされて、そしてコカ・コーラを飲まされている」なんですよね。
 もう本当に、『空飛ぶゆうれい船』という昔のアニメ見てください。そこではボアジュースという名前で隠してるんですけど、「世界中の子供達がコカ・コーラを飲んでいるおかげで、我々は怪物に支配されていて、脳が溶かされていく」というメッセージが、メチャクチャ強く入ってて。宮崎駿というのは、あの頃から無茶する人だったけど。ここでは「コカ・コーラ」っていうブランド名まで書いちゃってるという。
 まあ、「何て酷い拷問に遭っているんだ!」というふうに、宮崎駿は言っています。

・・・

 ここから、サビに入ります。
 「夜明けを追い抜いてみたい、自転車、OH YEAH~♪」となったら、急にオープンカーで走るシーンになるんですね。
 黄色いオープンカー。アルファロメオ・ジュリエッタらしいんですけど、僕は詳しくないのでわかりません。
 ここはね、わりと明るいシーンなんですよ。つまり、これからの予想。「これから、こういうお話になりますよ」というふうに、みんなに期待や希望を見せるシーンですね。
 そして、「On Your Mark~♪」というサビに入ります。サビの1回目は明るい希望です。
 「On Your Mark、いつも走り出せば~♪」というところでは、チャゲが立ち上がって、女の子が翼を広げて空を飛ぼうとするシーンですね。
 この時、女の子はちょっと不安そうにしているんですよ。「私、飛べるかしら?」と。それに対して、チャゲが「できるよ!」と励ますシーンです。
 こんな感じですね。「私飛べるかしら?」と不安になっている時に、チャゲが「できるよ!」と言って、腕でぐっと押し上げて、女の子がちゃんと飛ぶ。なかなかいいシーンなんですけど。
 このシーンが終わったら、パッと現実に戻るんですね。
 この現実への戻るところで、歌詞が「On Your Mark、いつも走り出せば~♪」の次の、「流行りの風邪にやられた~♪」になるんですよ。
 つまり、歌のサビが「やろうとしたんだけど、ダメだった」という歌詞になっているんです。この「ダメだった」という歌詞の部分で、急にポッと現実に戻されるんですね。
 つまり、この青空の部分は、現実には存在しない場面なんですね。
 この女の子を見つけた瞬間に、「ああ、きっとチャゲ&アスカが、この女の子をこんなふうに開放してあげるんだ」と、見ている観客側に期待させるようなシーンだと思ってください。
 まあ、「自分達が憧れている黄色いイタリア車に、こんな可愛い女の子を乗せて、外の世界に離してあげる。そんな良いことが、俺達にも出来たらな」という、2人の願望だと思います。
 冒頭からすごく暗くてエゲツないシーンが続いているので、「でも、最後はハッピーエンドに向かう映画なんだ」と期待させるわけですね。
 しかし、そこで「走り出せば、流行りの風邪にやられた~♪」ということで、ちょっと現実に戻されてしまうわけです。

・・・

 サビのリフレインです。
 「On Your Mark~♪」という中で、女の子を抱っこして、2人は走って行きます。
 周りに、逮捕されてる人みたいなのが一切いないことに注目しておいてください。これはレベル2で説明します。
 「On Your Mark 僕らが、それでもやめないのは~♪」というところで、チャゲが女の子に水を飲ませると、女の子は、なんとか口を開いてゴクゴク飲んで、2人はちょっと安心したような微笑みを見せるわけですね。
 もう本当に、みんなが見たことないアニメ、それもPVを説明するのは大変なんですよ。俺、歌いながら説明してますから、かつてないほど喉がガラガラになってるんですけど。
 「それでもやめないのは~♪」というところで、女の子が救急隊員に助けられるんですけど、「夢の斜面見上げて~♪」という時に、かなり厳重にパッケージされるんですね。
 女の子が防護服を着たやつらに囲まれて、袋に詰められて、いきなりジッパーを上まで上げられて、さらにその上から黄色いフードみたいなものを被される、と。なんか、エゲツないほど厳重に警戒されているわけですね。

 で、「病気なのかな?」と思ったら。
(パネルを見せる)

nico_191208_04232.jpg
【画像】女の子を乗せた飛行機 © 1995 Studio Ghibli

 「夢の斜面見上げて~、行けそうな気がするから~♪」というところなんですけど。女の子が飛行機に乗せられて、ドアが閉まると、この不気味なマークが描いてあるんです。
 「良いことをしたつもりなのに、なんかあの女の子、まるで実験動物みたいな扱いを受けている。なぜだ?」というふうに、チャゲ&アスカは、やるせない気持ちになります。
 それでも2人には、仕事があるから、もう一度、仕事に戻らなければいけない。
 チャゲに預けていた銃を受け取って、仕事の現場に戻って行きます。
 ここまでが1番。Aメロ40秒、Bメロ10秒、サビがあって、このサビが終わるところまでで、2分40秒くらいですか。これで、ようやっと一番が終わります。

・・・

 ここから間奏に入ります。「チャーンチャンチャン~♪」という間奏に入るんですけど。間奏のところは、2人とも、やさぐれてるんですね。
 「そして僕らは~♪」の、「そして」のところで、コップを持っている手を「ガタン!」というふうに、テーブルに置く。このコップの音と同時に「そして僕らは~♪」というふうに歌が入るんです。
 もう本当にね、世界中のPVを作る人が全員、宮崎駿みたいに上手ければいいのにと思うんですけども。
 「助け出した少女は病院に運ばれたんだけど、温かみを感じない。これでいいんだろうか?」と。
 この「これでいいんだろうか?」という悩みが、実は、少女を乗せたヘリを見送る秒数に表れているんですよ。さっきの屋上でヘリを見送っているシーンって、8秒くらいあるんです。かなり長いです。6分40秒しかないのに、8秒近くも見送っているシーンがあるんですよ。
 それは「この2人の心に、何かが引っかかっているから」であって、そんな心に引っかかっていることをそのままにしちゃったので、ここから2人は延々と悩むことになるわけですね。
 安酒をカウンターにドンと置いて、「そして僕らは、心の小さな空き地で~♪」というところで、2人でやさぐれて酒を飲んでいます。
(パネルを見せる)

nico_191208_04450.jpg
【画像】酒を飲む二人 © 1995 Studio Ghibli

 絵コンテによると、ここでチャゲが食べているのは「山芋の千切りを酢漬けにしたもの」なんだそうですけど。
 「女の子を助けたんだけど、なんか割り切れないよな、俺達」と言っている。

・・・

 この後、ちょっと不思議なシーンになるんです。
 丸窓の外から見たアスカが、「互いに振り落とした~♪」というところで、何かを操作をしている。つまり、計画が始まっているんですね。
(パネルを見せる)

nico_191208_04525.jpg
【画像】機械を作るチャゲ © 1995 Studio Ghibli

 「言葉の夕立~♪」といういうところで、チャゲはチャゲで、何か怪しげな機械を作り始めている。ハンダ付けをしているわけですね。
(パネルを見せる)

nico_191208_04537.jpg
【画像】パソコンとアスカ © 1995 Studio Ghibli

 「答えを出さない、それが答えのような~♪」というところで、アスカの方はパソコンを操作してハッキングみたいなことをしています。
 で、ハッキングしているアスカが、「おっ成功!」って、さっき変な装置作ってたチャゲもそこに仲間として入ってくるんですね。
 たぶん、「2人はあの女の子を助ける道筋というか、システムを騙す方法を見つけた」というのが、ここまでの話になってくるわけです。
 つまり、間奏があって2番に入って、Aメロの間は「あの女の子を助けたい!」ということで、手短かに2人が計画して、その準備が出来たというところを描いているわけです。

・・・

 ここから、やたら早いんですよ。
 いつの間にか、2人とも歩きながら、防護服をちゃっかり手に入れて。「それが答えのような、針の消えた時計の文字を読むような~♪」ということで、いつの間にか防護服を着ている。
 後ろには、「さあ、皆さん、読んでくださいよ?」という感じで、あのマークが出てるんですね。
 そして、施設の作業員の防護服の口の部分から中にガスを注入する。
 チャゲがさっき作ってた装置はこれなんでしょうけど。「ガスで殺す」わけじゃないんですね。この防護服をパンパンに膨らませて、動けなくする。
 まあね、かなりコミカルになってくるんですよ。さっきまでの残酷な描写がまるで嘘だったかのように、急にコミカルになって、女の子の検査をしている作業員たちを次々と倒すわけですね。
 「君と僕全てを~♪」というBメロに入った頃には、この部屋の全員をさっきのガスで丸々と太らせて、奥の真っ赤な部屋に入って行きます。
 ここら辺はメッチャ段取り良く進むんですけど。これってコメディなんですね。ちょっと笑わせて安心させようというようなシーンです。
 奥に入ると、制御室らしき場所にはレーザー光線が走ってて、もう、バリアというか、センサーがいっぱい張ってるわけですね。
 「君と僕 全てを認めてしまうにはまだ若すぎる~♪」という部分で、チャゲが、さっきハンダ付けして作っていた装置で、このレーザーセンサーをオフにして。
 もう本当に野蛮に上に登って登って、登って登ってって猿みたいに登って、それでこの女の子を助け出すシーンになります。
 ここ、歌詞は書いてないんですけど、2人の「OH YEAH~♪」のところです。
 Bメロが鳴って、「認めてしまうにはまだ若すぎる、OH YEAH~♪」というところで、2人が女の子を抱えて走ってくる。まあ、この辺りは、ルパンぽいコメディだと思ってください。
 「On Your Mark~♪」とサビに入ると、2人は防護服をどんどん脱ぎながら逃げていきます。
(パネルを見せる)
 チャゲはついつい笑っちゃってます。女の子は、まだ包まれたままですね。
 「いつも走りだせば~♪」というところで、2人はトラックに女の子を無理矢理詰め込みます。
 トラックのタイヤがギュルギュルっと回転して、トラックのタイヤが遠心力で膨れ上がるシーンを入れて、このトラックが動き出すんですね。
 まあ、まだまだルパンなんですけど、この辺りから全体的にアクションカットに入ります。

・・・

 で、トラック走り出します。
 「流行りの風邪にやられた~♪」というところで、トラックが外に出ますね。
 次は、またデカいパネルなんですけど。
(パネルを見せる)

nico_191208_05132.jpg
【画像】ドーム都市 © 1995 Studio Ghibli

 これは、トラックが逃げていくシーンなんですけど。「On Your Mark~♪」というサビの2回目のリフレインでは、下から上に向かってカメラがパンアップして行きます。
 この都市自体が、実はドーム都市で、地下にあったということがわかりますね。
 2人は地下都市から逃げて、道伝いにどんどん上へ登っていって、その果てに地上がチラッと見える。ここで「彼らは地上へ向かっているんだ」ということがわかるんですけども。
 この一番上に飛んでいる、なんか小さいゴミみたいなやつ。これ、警察のヘリなんですね。だから、上まで行けば逃げれると思ったら、上から、一番最初に教団を襲っていた、警察のヘリコプターみたいなロケット機みたいなやつが、何十機も襲ってくる。降り注いでくるという。
 まあまあ、ワンカットで、かなりのアクションを説明しているんですね。
 これは、「僕らがこれを無くせないのは~♪」という歌詞のところです。
 上から警察の飛行機がどんどん降りて来るところなんですけど、実はこれ、かなり怖いんですよ。この迫って来る飛行機が、わりと強くて、コックピットの中の人も見えるくらいクローズアップになるくらいまで降りて来て、上から押し潰すように2人が乗っているトラックを襲うわけです。
 これは2人の側からの視点です。2人が運転席にいて、その間に女の子がいるんですけど。お腹に回転式のパトランプがついているヘリコプターみたいなパトカーが上から襲って来ています。自分達の体重でこのトラックを止めて、グーッと押し込んで壊そうとしてくるわけですね。
 「夢の心臓めがけて~♪」というところで、アスカが「もうこうなったら!」ということで、ヤケクソでアクセル踏んで加速します。そうやって、なんとか飛行機をやり過ごそうとするんですけども。
 「僕らと呼び合うため~♪」というところでは、チャゲはずっと女の子を抱きしめています。
 で、上から飛行機に押しつぶされて、どんどん高速道路が壊れていく。
 いわゆる『ラピュタ』みたいな感じですね。
 その結果、飛行機が壊れてドーンと爆発しちゃって、このトラックは、高速道路から落ちてしまうわけですね。飛行機に衝突して道路が崩壊します。
 で、トラックが落ちていくんですけども。
(パネルを見せる)

nico_191208_05508.jpg
【画像】落下するトラック © 1995 Studio Ghibli

 4分18秒。トラックが落ちるところまでで、サビが終わるんですね。
 ここから「チャーンチャンチャン、チャーンチャンチャン~♪」という、かなり長い間奏が始まります。1回目のサビで流れたのは「閉じ込められていた女の子を大空に救出する」という、いい感じの映像だったんですけど、2回目のサビでは、まあ後半の逆襲部を強調するための失敗シーンなんですけど、「見ろ! この見どころ満載の映像を!」というふうな感じで、見どころをいっぱい入れてます。

・・・

 かなり長い25秒続く間奏の間、この自動車がゆっくりと落下していく。
 しかし、落下していく運転席から、チャゲとアスカが、女の子だけを外へ逃がそうとしているのが見えるんですね。この辺が見どころなわけなんですけども。
 女の子を逃がそうとして、一生懸命、アスカが「飛べ! 飛べよ!」って言うんですけど、女の子はなかなか飛ばないんですね。チャゲの方も、「頑張れ、頑張れ、飛べ!」と言っている。
 これね、無音シーンでやっているから、なかなか良いんですよ。サイレント映画みたいに、曲が流れているだけで、セリフは一切なしでやっているから、この2人の優しさみたいなものが伝わってくるんですけど。「俺達のことはいいから、飛べ!」って言うんですね。
 だけど、この女の子は手を離せないんです。
(パネルを見せる)

nico_191208_05618.jpg
【画像】手を離せない女の子 © 1995 Studio Ghibli

 手を離せなくて、「ダメ、ダメ」と言ってるんですけど。なんで、こんな構図になるのか? 女の子が落ちて行く時に顔の方向が変わるのかと言うと、僕がよくニコ生で話す上手・下手進行なんですね。
 つまり、女の子が画面左(下手)を向いている場合、彼女は「状況を進める側」なんですよ。でも、女の子が画面右(上手)を向いている場合は「状況を止める人」になっているという意味なんですね。
 だから、落ちて行く時、最初は下手を向いているんですけど、落ちる最中に方向がゆっくり変わっていくというのは、この女の子が一生懸命、落ちないように止めようとしているということを表現しているんです。
 それをセリフなしで表現するために、あえてここでは女の子の方向を変えることをやっているんですね。でも、女の子は羽ばたいて2人を引き上げるわけではない。この謎はもう少し後で説明します。
 こういうふうに、映像というのは、カメラ位置とか俳優さんの向きで文法を作っていくようなものなんだというのを、ちょっと覚えておいてください。
 チャゲとアスカの2人で、「俺達のことはいい! さあ、手を離して、お前だけでも飛ぶんだ!」と言うんですけど、女の子は手を離せないわけですね。
 そのまま残酷に、女の子と2人は、どこまでもどこまでも奈落の底へ落ちていくわけです。
 最後、もう本当に、このまま画面の底の底までビューンと小さくなるまで落ちて行くんですね。見えなくなるまで落下します。もう、これは絶望という感じです。

 この間奏部分が、メチャクチャ上手いんですよね。
 歌詞がないからというのもあるんですけど、2人は、とにかく女の子を助けようとするんですけど、助けることが出来ない。なぜか、羽ばたいたりもしない。果てしなくトラックは落ちて行くんです。

・・・

 ここで終わりかと思ったら、シャウトが入るんですね。「そして僕らは~♪」というのが入って、サビの3回目に入るんですよ。
 Aメロ、Bメロ、サビ1回目と来て、また2番のAメロ、Bメロ、サビ2回目と来た後で、長めの間奏が入り、「そして僕らは~♪」というシャウトが入ったかと思ったら、もう一度、サビの3回目が入る。
 サビの3回目が入るとどうなるのかと言うと、いきなり最初の方に時間が巻き戻るんですね。
 もう一度、虐殺のシーンが出てきて、「On Your Mark、いつも走り出せば~♪」と、女の子を助け出すシーンが、なぜかもう一度入るんですよ。

 で、次に、「走り出せば~♪」で、女の子が空へギューンと飛んでいくイメージ。
(パネルを見せる)

nico_191208_05935.jpg
【画像】空に昇っていく女の子 © 1995 Studio Ghibli

 羽の色が銀色に光るくらいの高い空まで飛んでいく、と。
 あの、これを「マルチエンディング」みたいな言葉で説明する人も多いんですけど、ちょっと違うんですよ。
 宮崎駿は、マルチエンディングという発想をする世代の人ではないんですよね。マルチエンディングでもないし、エンドレスエイトでもありません。そういう時代の作家ではないんです。もっと意図があるんですね、明らかに。
 で、また抱えて逃げるシーンが繰り返されて、「流行りの風邪にやられた~♪」ということで、トラックが墜落するシーンが入ります。
 で、「また同じか?」と思ったら、ここで、なぜかいきなりトラックのあちこちからロケット噴射が始まって、「僕らがそれをやめないのは~♪」ってなった瞬間に、トラックが空を飛んじゃうんですよね。
(パネルを見せる)

nico_191208_10111.jpg
【画像】ロケット噴射するトラック © 1995 Studio Ghibli

 飛んじゃうどころか、上昇を始めるんですよ。
 絵コンテ見たら「根性で飛ぶ」と書いてあって(笑)。もう本当に根性で飛んでる感じですね。
 「夢の斜面見上げて~♪」で、どんどんトラックが地下都市を上昇して、上の方の、人が住んでいる近くにドカーンと突っ込んでしまうわけですね。
 最上階近くまでロケット噴射で上がっていって、突っ込んでいくわけです。
 「行けそうな気がするから~♪」で、貧民街みたいなところのドアを2人で開けて、ようやっと、女の子をお姫様抱っこして逃げるわけですね。
 この辺も、ルパンとかのコメディのノリです。
 このサビの3回目は「時間が巻き戻ってやり直し」な感じです。
 絵コンテを見たら「永劫回帰が始まる」と書いてあるんですけど。この永劫回帰の意味は、後で語ります。
 こんなふうに、またダメかと思ったら、トラックからロケット噴射が始まって、一気に脱出に成功します。

##


 記事全文は、noteもしくはKindleストアから購入いただけます。

 なお、「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」にご入会いただければ、過去動画・テキストなどのコンテンツを見放題でお楽しみいただけます。

ゼミ、マンガ・アニメ夜話 電子書籍販売中!

AmazonのKindleストアで、岡田斗司夫ゼミ、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話の電子書籍を販売中です(「岡田斗司夫アーカイブ」でもご覧いただけます)。

ジブリ特集

月着陸50周年特集

岡田斗司夫ゼミ

マンガ・アニメ夜話

岡田斗司夫 のLINE@ 、はじめました!

岡田斗司夫 のLINE@ 、はじめました!

YouTube動画の無料公開開始のお知らせなど、最新情報をお届けしています。
岡田斗司夫が好きなキーワードを入力すると、楽しいお返事が来ることもあります。
皆様、ぜひ、ご登録お願いします!

番組への質問

「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

岡田斗司夫アーカイブのご紹介

 岡田斗司夫の動画やテキストなどのコンテンツは、「岡田斗司夫アーカイブ」から見放題、読み放題でお楽しみいただけます。「岡田斗司夫アーカイブ」は、以下のいずれかにご入会いただければ、利用可能です。

岡田斗司夫
and
Special Thanks To 読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

メルマガに関するお問い合わせ

有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

岡田斗司夫ゼミからのお知らせ

岡田斗司夫

月額:¥550 (税込)

コメント

コメント不可の記事です。

いまブロマガで人気の記事

岡田斗司夫ゼミ

岡田斗司夫ゼミ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細