ニコニコチャンネルメニュー

岡田斗司夫ゼミ

岡田斗司夫ゼミからのお知らせ

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「テレビの『ウルトラマン』が映画の怪獣に勝った1966年」

2019/03/23 06:00 投稿

  • タグ:
  • 岡田斗司夫
  • 岡田
  • アーカイブ
  • ニコ生ゼミ
  • ブロマガ
  • ウルトラマン
  • 怪獣映画
  • ウルトラQ
  • 円谷プロ
  • テレビ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/03/23
───────────────────────────────────
今日は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐり 2016/07/31放送の『ニコ生ゼミ』
のハイライトをお届けします。


動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

─────────────────────────────

 テレビの『ウルトラマン』が映画の怪獣に勝った1966年
 

 『シン・ゴジラ』からちょっと横道にそれてしまうんですけども、今日は「日本怪獣映画の黄金時代1966年」というのを考えてみたいと思います。

 『ゴジラ』と平行して考えるために。


 1966年がどういう年だったかというと、『ウルトラQ』が始まった年であり、日本の人口がやっと1億を突破した年。

 あと『笑点』が放送を開始した年ですね。

 あとウォルト・ディズニーが死んだ年。

 この1966年の12月31日までに核爆弾を爆発させた国は、核保有国として認められたという「核拡散条約」の締結された年でもあります。

 この年が、僕は、日本怪獣映画の最後の栄光の年だったなと思ってるんですよ。


 その前の1965年というのは、『フランケンシュタイン 対 地底怪獣』という、『ゴジラ』以外を模索していた東宝の映画です。

 同じ65年の11月には『大怪獣ガメラ』というのが公開されて、東宝以外の怪獣映画の路線がスタートしました。

 それで1965年の12月には『怪獣大戦争』というのが公開された。

 
 この年の東宝というのは、毎年、夏とお正月と、二回怪獣映画をやってたんですね。

 本当に黄金時代でした。

 それが1965年です。


 あけて1966年。

 状況が全部、変わってきます。

 それまでの怪獣映画というのは上りつめて、年に2回やって、他の会社も怪獣映画をやりだした黄金時代だったのが、今は なんで庵野くんが『シン・ゴジラ』をやるまで12年間も『ゴジラ』を作られなくなったのか?というタネが、この1966年から始まります。


 まず一番デカイのが、1966年の1月。『ウルトラQ』のテレビ放送が始まります。

 ウルトラQというのは、テレビの企画の時のプレゼンに「毎週『ゴジラ』が出ます」って言ったそうですね。

 円谷プロが。


 つまり、これまでは年に一回か二回、映画館でしか見れなかった大怪獣が、毎週毎週、お茶の間のテレビでタダで見れます。

 だったらもう、見ないはずがないでしょうが。

 ということで、ウルトラQの放送が始まってしまう。


 確かに、その通り。

 怪獣ブームというのがワーッと巻き上がったんですけども、その怪獣ブームというのは、すでに映画館よりも、テレビのほうに座を移しつつありました。

 そりゃそうですよね。

 だって、毎週テレビで見れるわけですから。


 それで同じ1966年の4月に『ガメラ対バルゴン』と『大魔神』という2本立てが公開されます。

 もう本当に怪獣ブームの頂点ですから。映画2本立てで、2本とも新怪獣なんですね。

 『ガメラ対バルゴン』というのは、その前の年に大ヒットしたモノクロ映画・白黒映画のガメラを、予算を山ほどかけて2時間以上にした映画なんですね。

 それと同時に『大魔神』という時代劇の中に巨大な魔人が出てくるという特撮映画を作って、大映が公開しました。

 これも、ものすごくヒットしました。


 ところが同じ1966年の4月。

 『ガメラ対バルゴン』と同時期に『サンダーバード』が放送を開始してしまいます。

 『サンダーバード』というのは同じ特撮でも、人間ドラマの部分でさえ特撮なんですね。

 つまり怪獣映画というのは、前半でも話したとおり、怪獣が出てくるシーンは子供たちがワッと見るんですけども、人間ドラマのシーンになってくると ちょっと退屈してくるんですよ。

 でも『サンダーバード』っていうのは、全編人形だから。全編特撮なんですね。

 それがカラーの品質が良い映像で、NHKで、また毎週放送されちゃうんですね。

 それでやっぱり映画館から、どんどん人間が取られていってしまいます。


 それで7月には『ウルトラマン』が放送を開始します。

 『ウルトラQ』と『ウルトラマン』の差っていうのは、『ウルトラQ』はモノクロで『ウルトラマン』はカラーというのもあるんですけど、一番大きい差は、怪獣映画とかホラー映画を見やすくしたことなんですね。

 つまり、ただ単に「怪獣が出てくる。どうしたらいいんだろう?」という「恐怖」とか「混乱」を描くのが『ウルトラQ』だったのに対して、『ウルトラマン』は、それに対して「勝つ」「負ける」という勝負の世界を入れたんですね。

 銀色の巨大な宇宙人の『ウルトラマン』が、怪獣と戦うことによって、あきらかに応援する対象に、感情移入をする対象に、そして一番大きいのは子供が見て模倣をする対象というのを出せたことなんですよ。

 ここに至って、テレビの怪獣映画と、映画館で見る怪獣映画の中に、大きな差が出来てしまった。
**************************************

この記事は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐって、ハイライトをお届けしました。

全文が気になる方、他の記事や動画も見たい方は、
岡田斗司夫の動画見放題、テキスト読み放題の
メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)
でお楽しみ頂けます。

ご入会はこちらから!

───────────────────────────────────

いかがでしたか?

「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

番組内で取り扱う質問はコチラまで!

よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
だから僕は、質疑応答が大好きです。

みなさんからの様々な質問をお待ちしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
     ヤムアキ
     起こしのヤスタカ(FREEex)
     歴史のカオリ(FREEex)
     マグネシウムのタツヤ(FREEex)

───────────────────────────────────


岡田斗司夫
and
Special Thanks To読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

岡田斗司夫ゼミからのお知らせ

岡田斗司夫

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事