弱いなら弱いままで。

なぜ彼らは山崎貴監督の映画を攻撃するのか?

2014/12/06 00:50 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • 映画
  • 漫画
  • 山崎貴
  • 寄生獣
1158352f6c4b04c0acef0559c1eb266e9726ef21

 いつになっても晴れる気配のない新潟の冬空を恨みつつ、雪中行軍で映画『寄生獣』を観て来ました。山崎貴監督の新作ということでそれなりに期待して行ったのだけれど、その期待に違わぬ傑作でした。

 前後編の前編なのですが、これだけでも満足感は高い。今年もいろいろ映画を見たけれど、かなり上位に入る出来ですね。

 ネットでもおおむね好評な模様。まあ、この映画を攻撃しているのは一部の山崎貴アンチくらいのものなのではないかと。

 ネットを見る限り、貶すつもりでいったら予想外に出来が良くて驚いているという人もいるようで、よっぽど心の狭い人原作ファン以外は少なくともそれなりには楽しめるクオリティだと思う。

 山崎貴監督は近年、『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』と立て続けに記録的なヒット作を生み出したわけですが、必然的に残酷描写が伴う『寄生獣』はさすがにそこまでのキャパシティはないでしょう。

 しかし、それでもヒットしてはいるし、この出来なら口コミで客足が伸びるかも。ぜひひとりでも多くの人に観に行っていただきたい作品だと思います。まあ、何しろ『寄生獣』だからグロいのがダメな人は受けつけないかもしれないけれど……。

 それにしても、山崎監督の作品を口汚くののしってやまない人たちの存在は不思議です。いまの日本でこの人ほど続けざまに漫画やアニメ原作の作品を実写映像化して成功している監督はいないと思うのですが、一部の人はとにかくこの監督が気に入らないようですね。

 多くの場合、その種の人たちは監督の「原作破壊」を問題にするわけなのだけれど、そもそも映像化される以上、そのメディアの特性に合わせて内容を改変することは必須の作業です。

 単なる再現VTRなりコスプレショーを希望するならともかく、一本の「映画」を見たいなら原作をそのままに再現しろというのは無理な相談なんですね。

 そういう人は、いや、原作から変更すること自体は問題ないが、原作のエッセンスを破壊するような改変だと困るのだ、というかもしれない。しかし、きちんと作品と向き合って考えれば、どの改変も納得がいくものだと思う。

 やれリスペクトが足りないだとか、やれ原作の長所を活かしきれていないといった意見は主観的な見方の問題に過ぎないので何ともいえません。あえていうなら、ぼくはそうは思わない、というだけのことです。

(ここまで983文字/このあと1139文字) 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

memetaa2
No.3 (2014/12/07 12:24)
 幼馴染ですか。それは納得せざるをえませんね…!

 原作はさっそく電子書籍で全巻買いましたー。
niki
No.5 (2014/12/08 02:29)
評判いいようですね。
「何の問題もなく映画化してくれたのを確認したから後編みなくていいや」といある意味最高の評価をきいたこともあります。
ところで、叩いているのは本当に山崎監督の映画なんでしょうか。
もしかして漫画原作の実写映画化というもの、それを叩いているのでは。
数多くの実績、とどめのデビルマン。傑作漫画プラスCG、またか、もういやだ助けて。
これまで漫画ファンに刻まれた傷はけして浅くなく、漫画の実写映画は叩くものというのはもはや条件反射なのかもしれません。
出来るならば映画寄生獣を偏見なく観て、傷を癒すと共に希望を持ってくれればと思います。
ぱふぱふ屋さん(1985年生組)
No.6 (2014/12/10 00:11)
>>1
若くてかっこいい男の子が身近にいたら好意もつのふつーじゃね?
あほ?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細