monta のコメント

海燕さんの本連載、傑作だとおもいます。

ぼくは、FF8のスコールとキスティス、リノアの関係で理解しました。
スコールはすべてをATフィールドで遮断します。ナルシシズムの塊です。

一方、リノアはエロティシズム。
リノアは「気持ち悪い」「うざい」のがオタクからの評判ですが、
リノアと対話をするとナルシシズムの中に閉じこもっていられないからで、さもありなん、なのですね。自分の認知のゆがみを見る羽目になる。
エロティシズムでスコールに接し、ついにはスコールを「コミュニケーション」と「共感」の世界にいざなっていきます。

一方、キスティス先生は、スコールのことが好きだけれど、
教員としてどうしたとか、若くてキャリアがどうとか、
色々な「比較級」の自意識にさいなまれて、
ATフィールドをまとったまま近づいてきますね。
「壁にでも話してろよ」と言ってもやっても、スコールの心が痛まない。
#後半リノアのおかげで痛みを感じ始めますが。

リノアが正ヒロインでなくてはならない真の理由が、
海燕さんの連載によって極めてクリアになりました。
ありがとうございます。


さて、海燕さん。
2点、ぼくはこの論考にいちゃもんがあります。

1点目は、「なぜスコールはリノアに会えたのか?」「なぜハチマキはタナベに会えたのか?」

です。
海燕さんご本人も、
> ATフィールドを開いて相手の「心」に寄り添い、自分の「心」も変える。それが大切なのだと思います。
> ただ、こういう人はすぐにだれか相手を見つけて結婚してしまったりしますから、恋愛市場にはあまり残っていないかもしれません。残念ですね。

といっておられます。たぶん間違いなくすぐ結婚するんでしょう。よく分かります。
そんなレアキャラに「なぜ出会えたのか?」

スコールはSeeD就任パーティに出席したから、で
ハチマキは、高給取りの宇宙飛行士であり、定期的に若い女性が「食う寝る遊ぶ」活力の保証を求めて現れるから
とぼくは考えます。
特にプラネテスは,タナベの出現はストーリー上のご都合主義にも思いますが、職業と収入を考えると、一定のリアリティがあるのも確かです。

若いときにSeeD就任パーティに出るイケメン、宇宙一家で高給取りなデブリ屋で会話好き。
彼らのスペックを「比較級」の世界で見ると、色々どす黒いものが渦巻いていきます。
でもどうなんでしょう。
リノアやタナベが、引きこもりの家に突然降臨するなんて、リアリティがありません。
なぜなら、引きこもりの家の中には、彼女らが豊かな生と性を謳歌するための資源と安全がないからです。

現実は、最低限の食う、寝る、遊ぶ、が存在しないといけないのです。
現実世界は「生きろ」そのうえで「心を開け」と言っているように感じます。
海燕さんは、その部分を意図的に省かれたのでしょうか?

だいぶ長くなったのでまずは一つ目の質問をかきました。
的を外した質問かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

No.3 63ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細