ビュロ菊だより

<菊地成孔の日記記 2024年2月5日~11日記す>

2024/02/12 10:00 投稿

コメント:11

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

月5日(月)

 

大雪が降って、ベランダがカナダのクリスマス並みに積雪したのでタバコを吸っていたら、1本が短いiQOSがいつまで経っても終わらないので「あれ?フー。あれあれ?フー」とか煙を吐き続けていたら、自分が吐く息だった笑。部屋で湯を沸かし、紅茶を入れて、膝掛けをして編み物でもしましょうかという気分だ。
 

グラミー賞の授賞式を見たが、とうとう「僕にとって、USオーヴァーグラウンダーが全く魅力を失う時」が来た。4~5年前から軽く予感はしていたのだが、とうとう本格的に来た感じだ。ポップミュージックは聴き込んでいたつもりで、最近のUSovg以外はK-POPJ-POPもとても良いというのに。
 

テイラーが嫌いなわけでもなんでもないんだが、あの曲はなんというか、MTV黎明期の思い出というか、曲だけ聞いてもなんとも思わないのだが、MVが途中から(歌詞の中のワンラインを使った)ドラマになって、そこはすごく面白い。なんかそれだけな気がする。
 

アメリカは今、かなり暗く、テーラーの「アンチヒーロー」の歌詞も、ちょっと気が利いているだけで、マイリー・サイラスの「フラワー」や、ビリー・アイリッシュの「ワットウォズアイメイドフォー」も、形式が違うだけで、結局どれもみんな同じ歌だと思う。聴いていて暗い気分にすらならない。「ああ、大変なんですね」と思うばかりだ。
 

マイリーの「フラワー」のMVはネットではなく、地上波の「流派R」みたいな海外MV紹介番組の中で偶然見たんだが「どこまで零落したんだ」と驚愕していたら、零落していなかったので2度びっくりした笑。
 

彼女の露出癖は、現代のセンスを集めれば、如何様にでも料理できると思うのだが、ビキニの水着ではなく下着でプールに入り、その後、綱引きだの、パワーチューブ系のエクササイズが続き、ニップルが見えるギリギリの線で、全裸にスーツだけ着て踊る。というのは、どう考えてもダメだと思う。
 

ビリー・アイリッシュは残念だがもう何もない気がする。「バービー」の挿入歌の中の「悲しい歌」として機能しているが、彼女の歌というのはそういう器を超えないとダメではないかと思う。ミュージカルナンバーの捨て曲にしか聞こえない。
 

いずれにせよ歌詞が悪い。USovgにちょっと前まではあったポエジーもイロニーもなんもない。女性がリアルでちょっと大胆な物言いをしているだけで、すげえーとかいうのはもうやめた方が良い。僕は米国における「X世代」は、我が国における「第7世代」と大して変わらないと思う。
 

ヴィクトリア・モネも、オリヴィア・ロドリゴも、「なんかすごそう」と思って聞くと、10秒おきに「がっかりメーター」が下がってゆく。
 

SZAとか何せあのカイリー(長年の推し)が受賞したのは嬉しくもあるが、曲がなんかもう、頑張ってる感しかしない。あのトラックならAI使えば5分でできる(もっと良いのが)。カイリー・ミノーグはまだ55のはずだ。
 

アメリカで今、一番面白い音楽はジャズだ。ケイト・ジェンティルは「スナークハウス」からびっくりはしていたが、最新の「ファインドレターX」は、相当凄い。腹の座り具合が違う。
 

ポップスにおける女性の時代は終わり(消費されつくし)、いよいよ長年の悪性男性性(性が多い笑)に苦しんだジャズ界こそ女性の時代だと思う。
 

アメリカンポップスが零落した理由は明白だ。「(扇情的な衣装や動き等々を)エロいんじゃない。かっこいいんだ」とか言い始めてから一直線に落ちている。シンプルに言うけど、エロいで良くない? ブリトニーもビヨンセもエロかったよ普通に。そして「エロいもんはカッコいい」のではないの?
 

K-POPが素晴らしいのは、なんてことはない。普通にエロいからだ。日本の坂の人たちもあれは普通にエロい。芸妓さんたちの舞と一緒だ。エロけりゃいいってもんじゃない。エロくてクオリティが高いので素晴らしい。アメリカのリベラルとフェミニズムは何がしたいのかマジで全くわからん。いつかはっきりするかもしれないと思って70年年代からずっと見守っていたが、やっぱ何もないことがわかって義憤に近い感情に駆られている。バイデンは「ワールドリベラリズム」をアジェンダ以上に標榜し、中国のCO2排出を抑えさせると宣言したが、結局また空爆だ。こんなことだからまだトランプ期待論が消えないのである。
 

単に傷ついた人主体の社会把握に僕は反対だ。ルッキズムがどうのとか多様性がどうのとか全くパワフルにもポジティヴにも聞こえない。引かれものの小唄だ。いいじゃん見た目で判断されたって。僕だってされてるし、してるし、音楽市場の多様性のなさ(特にジャズに対して)に上げたり下げたりされ続けているけれどもなんとも思わんよ笑。

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

userPhoto 菊地成孔
(著者)

>>12

 テクノロジーは便利だから、手放せないですけど、勘とか野生とか、気の流れを失わせますよね。今「知らない音楽と出会う」なんて、占いとかのレヴェルにありますからね笑。良く気が出てる人(「気分の良い人」「気前の良い人」「気が合うひと」)の近くにゆくと、ご自分の気流も良くなります笑。プレイヤーを購入されるのはとても良いことです。何せプレイヤーですからね笑。それに、コンパクトディスクは死にメディアではないです。

 ゴダールの新作は、もうそろそろ公開されますから(公式に僕や蓮見先生のコメントが出揃っております)、御自分で映画館にゆくのが一番良いと思います。20分間のために映画館にゆくのはなかなかラディカルですよ笑

No.13 1ヶ月前

菊地さんの悪夢のお話を読んで(だからなのか?)私も悪夢を見ました。(定期的にみるほうですが。)
性と死にまつわることが多く、苦しくて起きるのですが、私の場合は創作と人生の軽い転機になることが多いです。

菊地さんの次の作品、本当に気になります!!

No.14 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔
(著者)

>>14

 悪夢は吉兆だとするのが、まあ、一番健康的ですよね笑。「僕の新作」が実を結ぶかどうかは神のみぞ知る。ですし、僕自身も楽しみです笑

No.15 1ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ビュロー菊地チャンネル

ビュロー菊地チャンネル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細