ニコニコチャンネルメニュー

藤津亮太のアニメの門チャンネル

アニメ評論家・藤津亮太のアニメの門メールマガジン

アニメ評論家・藤津亮太のアニメの門ブロマガ 第151号(2018/12/28号/月2回発行)

2018/12/28 23:33 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 藤津亮太
  • 交響詩篇エウレカセブン
  • エースをねらえ!
  • リズと青い鳥
  • 機動戦士ガンダムNT

 5月に発売したKindle同人誌『新聞に載ったアニメレビュー』ですが、11月一杯までで200冊以上が売れました。お買い求めいただいた方、どうもありがとうございました。まだの方、これを機会に是非どうぞ。
 あと昨年に引き続き、大晦日から元旦にかけての特番「あけおめ!声優大集合2019」(BSプレミアム)に出演することになりました。
 今年も豪華な出演陣(昨年より2人多い12人が生出演。プラスビデオ出演もあり)が生アフレコやこたつトークなどを繰り広げる予定ですので、お時間ある方は是非お楽しみください。

■広告■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Kindle同人誌『新聞に載ったアニメレビュー』(藤津亮太)
Amazonにて発売中!(税込540円) 【Amazonで購入する】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■広告■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 素敵なキャラと過ごす特別な日……
 人気キャラが華麗に描かれた キャラクターケーキ絶賛販売中!
 キャラクターケーキ専門店 あにしゅが
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


1.最近のお仕事紹介
2.連載「理想のアニメ原画集を求めて」
3.お蔵出し原稿
4.連載一覧


最近のお仕事

1.朝日カルチャーセンター新宿教室「アニメを読む」1月期(東京)
 1月19日 絵コンテワークショップ(ゲスト講師:『エウレカセブン』の京田知己監督)
 2月16日 「1979年の奇跡 『エースをねらえ!』『カリオストロの城』
 3月16日 『リズと青い鳥』
 【受講申込】(特に1月は混みますのでお早めに)

2.朝日カルチャーセンター新宿教室「アニメを読む」特別講座(東京)
 2月9日 『SAO』監督・伊藤智彦の人生を変えた作品
 伊藤智彦監督を招き、節目で出会った作品の魅力を聞くことで、伊藤監督のできるまでをうかがう予定です。業界志望者や創作に興味のある方は是非。
 【受講申込】

3.SBS学苑パルシェ校「アニメを読む」(静岡)
 2月3日は『宇宙よりも遠い場所』を取り上げます。【受講申込】

4.栄・中日文化センター「アニメを読む」(名古屋)
 2月24日 『コードギアス 反逆のルルーシュ』。
 TVシリーズを中心に、劇場版3部作と公開されたばかりの『復活のルルーシュ』にも触れます。【受講申込】


連載「理想のアニメ原画集を求めて」

文・水池屋(コーディネート:三浦大輔)

第79回『Kim Collection 2016 s/s』

『Kim Collection 2016 s/s』は、アニメーターの「金世俊」さんが2016年夏のコミケで出された原画集です。
金さんはサンライズ出身のアニメーターで、近年のガンダムシリーズのメカアクションで中心的な活躍をされていました。それにとどまらず、『機動戦士ガンダムTwilight AXIS』では、監督、脚本、キャラクターデザイン、メカニカルデザインを一挙に担当。現在公開中の『機動戦士ガンダムNT』でもキャラクターデザインを担当と、いちアニメーターの枠に収まらず、ガンダムシリーズの中でメインスタッフとして活躍されています。

12c3ffc99741adc6bb307e1c3938396954473aa4

いち作画マンとして活躍していた頃の金さんのお仕事で個人的に印象的だったのが『ガンダムビルドファイターズ』です。今回の原画集では、その『ビルドファイターズ』での金さんのシリーズ前半でのお仕事がまとめられています。
初めて金さんの原画集を手に取った時に一番最初に驚いたのが、そのアニメーターの原画集らしからぬお洒落な表紙です。まるで、ファッションカタログのような表紙で、一体どんな内容なのかと思いながら手に取りました。
中身は充実したアニメの原画集で、今回紹介する『2016s/s』は一部フルカラーのページがあり、金さんの描かれた原画をカラーの状態で見ることができます。影の部分がコピックで着色された緻密なMSの絵は、1枚だけ見てもイラストのように見事に見応えのある絵です。
掲載されている原画には細かくコメントが付いており、タイムシートやカメラフレームなども掲載されています。画像の質に少し見づらい部分もありますが、細かく資料が掲載されていて見ごたえがあります。

カットについて言及されている内容には、テクニック的な話題も多く、そのコメントを読んでいるだけでも作画ファンには楽しい内容となっていると思います。手間がかかるけれども地味なカットや、省力のためのテクニックなど、実際にカットにかかる労力を話題にするコメントは原画集でも意外と少ない気がします。
金さんのメカ作画は、リアル系というよりは、派手に動くアクションやエフェクトが中心ですので、1冊丸々アクション原画集として見ごたえのある内容です。
金さんの同人誌の全てに目を通せているわけではありませんが、掲載されている作品によって内容にはそれぞれバリエーションがあるようです。『ビルドファイターズ』の原画集は、恐らくまだ1冊しか出ていないので、シリーズ後半の原画をまとめた新たな原画集が出ることを期待しています。
金さんはメカアニメーター出身の人としては珍しく、演出やキャラクターデザインまで担当される、作画ファンのみならずアニメファン注目のクリエイターです。これからの活躍もとても楽しみにしています。また『ビルドファイターズ』のようなメカアクションを見れることも期待してしまいますね。

(『Kim Collection 2016 s/s』/キムコレ/2000円)


お蔵出し原稿

連載「主人公の条件」より、近々実写映画も公開されうる『がっこうぐらし!』について書いた原稿です。

 ゆるふわ日常系アニメがまた一本……と思って第1話を見ていた視聴者をラストで驚愕させた『がっこうぐらし!』。第1話が放送された週は、コミックスの売上げがその前の週の売上げのなんと10倍に伸びたそうで、第1話の衝撃がどれだけ大きかったかが分かる。

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事