天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

【動画】ドイツの大手新聞社の編集者が米国CIAのために記事を書いていたと衝撃の実名告白

2015/10/19 03:15 投稿

  • タグ:
  • 無料ブログ
  • 動画
  • 中央銀行
  • マスゴミ
  • ドイツ
  • 国際銀行権力
  • 世論操作
  • プロパガンダ
  • CIA

ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08e3363b6549b3856539b4d744ee6228c12c889cb1



=======================


HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



===================


ドイツの大手新聞の編集者が米国とCIAのための記事を
書いていたと実名で告発した動画である。

https://youtu.be/r7ko3bMKzR4


内容は以下のとおり

・第二次大戦後のドイツは現在まで米国の植民地である

・CIAから金をもらって記事を書いてきた

・そのために自分はオクラホマ州の名誉市民になった

・周りの編集者や同僚も、同じく米国から金をもらって記事を書いている

・内容は米国のプロパガンダで、ロシアと戦争させるためのもの

・大変な状態になっているので我慢できずに告発した

・ドイツのマスコミ以外にも、イギリスやフランス、台湾、ヨルダンなども同じ状態にある


以上のような衝撃的な内容である。


この編集者の方からは日本のマスコミに対しての言及はなかった。

日本のマスコミが米国の奴隷であるのは、火を見るより明らかなので
述べる必要がなかったのだろう。

EUやユーロのような米国の覇権に対抗しているかのように見える
ドイツでさえこの有様である。

日本のマスコミの実態はドイツよりも酷いのである。

国営放送であるNHKにはCIAが常駐している、という話を聞いたことがある。

金のための報道を行う民放は、なおさら欧米の巨大資本の言いなりだろう。

それでは、米国民が西側の支配者なのかというとそれは全く違う。

米国政府を管理しているのは、FRBの株主たち、つまりウォール街と
ロンドンシティーの銀行財閥である。

現在の日米欧のマスメディアの実体は、欧米を管理する国際銀行権力
のプロパガンダマシーンなのだ。

権力の全体像から今回の動画をみると以下のようになる。

 
   b460ce2c1ecb9128a966a7d332a05febd8f61099 
 

0d3aa597bce5ad25d3ee9ca8dca9339993327b26

725cef6f88d4994088a26459bcbfa497911186e6


マスメディアという真理(ほんとうのこと)の発信媒体を支配し、
自由、平等、友愛という民主主義の諸権利を誘導する。

そして世論形成を行い、選挙で安倍政権のような
国際銀行権力の望む政治を当選させるのである。

今回のドイツの編集者が告発したように、マスコミを通じた
世論操作のモデルは、日米欧の自由民主主義に共通した
ものなのである。


<参考動画リンク>国際銀行財閥・金融軍事権力による民主政治と人権の操作方法。その克服方法について 


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細