天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

円安が進む2つの理由 米国の景気回復と日銀の量的緩和と銀行貸し出しの増加

2014/12/06 22:55 投稿

  • タグ:
  • 有料記事
  • 黒田日銀
  • 円安ドル高
  • 雇用統計
  • 量的緩和
  • FRB
  • 金利上昇

=======================

■HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ

<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Twitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
  


==========================

【今回の記事】

「米雇用改善32万人増 11月ドル買い優勢、円121円台 12月6日 日本経済新聞」

「銀行貸出金11月末2.4%増 12月6日 日本経済新聞」

ここのところ急激に円安が進んでいる。

その理由は主に以下の2つである。

・日銀の量的緩和の拡大と民間銀行貸し出しの増加によるマネー量の増加

・米国の景気回復による量的緩和の終演と、金利上昇圧力

この二つの要因が円安ドル高圧力をもたらす理由を解説する。


58148fd343dc7212b925b22ae279822ba43738a9

(以下有料)

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細