天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

その10 操作される民主主義 フリーメーソンとカント倫理学 戦後教育が理想とする民主的人格をモデル化

2018/06/13 16:10 投稿

  • タグ:
  • カント
  • フリーメーソン
  • 民主主義
  • 人格
  • 旧教育基本法
※この記事は無料ブログ「天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論」
からの転載です。

https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12383417863.html


欧米の「操作される民主主義」を作り上げてきた中心勢力フリーメーソン。


そのフリーメーソンの密教の基礎にあるといわれるのが18世紀のドイツの哲学者
カントの倫理学である。


現在の民主社会の病んだ部分を理解するには、その原理をモデル化しなくては
ならない。

そこから、民主主義が患っている病の有効な解決策が導き出されるはずだ。


今回は、前回伝えきれなかった人格と民主主義の「相互作用」によって、
民主的人格が完成することを図解にして解説する。

下図の青い四角の枠線「相互作用」の部分




前回はカントの人格の原理の目的を達成するための「善の意志」(下の図③)と、

「民主主義の方向性と手段」(下の図⑥)が、下の図で融合することをお伝えした。

<リンク>その9 操作される民主主義 フリーメーソンとカント倫理学 隠されてきた民主主義の密教モデルの完成


しかし、人格のモデルと、民主主義の諸権利のモデルが「相互作用」によって
融合する説明については分かりにくく不十分だった。

そこで、今回は、「相互作用」によって、民主主義と人格が融合する過程をモデルにした。


まず、民主主義の論理の起点となる人格のモデルである。
人類にとって普遍妥当な道徳を目的とする「善の感情①」があり、その目的から
導き出される現実とのギャップを認識する「善の知性②」があり、
その目的と現状認識から導き出される「善の意志③」がある。

その人格の形式を最高価値として保障するために、
「人格を保障するための自由、平等、友愛の諸権利④」を与え、
その目的と現実とのギャップを認識するために「人格を保障するための真理の権利⑤」を与え、
その目的と現状認識から導き出される方向性と手段としての
「自由、平等、友愛、真理の相互発展、相互規制⑥」の関係が作られている。

42b87f5125d094e5a00cae8b2fcd259e48fbbd6f

更に、今回は、人格①~③と、民主主義④~⑥の原理が融合したモデルを、
「人類にとって普遍妥当な道徳法則として認めるとき」に作られる

民主的感情(上の図⑦)、民主的知性(上の図⑧)、民主的意志(上の図⑨)、
それらの人格の要素を統合する民主的理性(上の図⑩)

を図解にした。

⑦「民主的感情」は、①~⑥のモデルを実現することを欲する

⑧「民主的知性」は、①~⑥のモデルを実現するために現実とのギャップを認識する。

⑨「民主的意志」は、①~⑥のモデルを実現するために行動する。


上のモデルを「円モデル」にすると下の図になる


a7dfc7f64f3bba06c8629a657f4a57ff2fb4effa


「⑦⑧⑨の相互作用」は人格の円モデルと民主の権利の円モデルを
融合したモデルを、道徳法則としたことを表している。

このようにして、人格の形式モデルであった「善の感情、知性、意志」は、
民主主義の諸権利のモデルと融合することにより

「民主的な感情、知性、意志」の人格のモデルを下の図のように作りあげる。

392da1842cc416df9a303f091cbab0c2a4594285

以上が、⑦⑧⑨⑩により相互作用した時に発生する「民主的人格」の
形成モデルとなる。

カントが提唱した人格の原理を参考にし、起点にすることで、現代の民主主義が
目指しているものを法則化し図解にすることが可能になった。

これが、戦後の日本の教育が日本国憲法に基づいて掲げていた
「民主的人格の完成」なのだ。

問題は、このモデルが今まで学問の分野において作られてこなかったことにある。

哲学と倫理学から図形思考を排除してきたためだ。

モデルが作られていないならば、真に民主主義の原理を理解することをは出来ない。

フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力は、このモデルの原理を無意識化し、
バラバラに分裂させることで、民主主義のもとで人々の意識体験を管理してきたのだ。





次回に続く


(記事終了)



クリックして拡散のための応援をお願いします


br_c_4523_1.gif
社会・政治問題ランキング  

 


 


■講演会のご案内 民主主義緊急事態宣言

 

 

 

<リンク>6月30日 安部芳裕氏の新著『ロスチャイルドが知って隠したマネーシステム』の出版記念





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル


 


・上記の経済システムの説明動画はこちら→<リンク>真の民主社会を創る会 Youtube










■上記の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル(下図)







日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

こちらの本をお読みください。

o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

<リンク>天野統康の本 amazon


■動画での解説

 

<リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

 

<リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

 

 

 

■会報 真の民主社会を創る会

 

毎月、会報を作成しています。隠されてきた経済の仕組みと景気変動の原因を誰にでもわかりやすくビジュアル化しています。


<リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会


<リンク>【会報2号と動画】「国際銀行家に管理される通貨システムの全体像」を解説した会報と動画


<リンク>【会報3号と動画解説】「民間銀行がお金を無から作り、消滅させる信用創造の仕組み」をビジュアル解説




真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

軍事支配を無くす社会を目指しています。


<リンク>真の民主社会を創る会HP



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


■最新刊


98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


HP

<リンク>天野統康事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細