天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

国家主権を放棄させるTPPを進める安倍首相が、何故か「ナショナリスト」と言われる背景について

2017/01/26 02:50 投稿

  • タグ:
  • 無料
  • TPP
  • グローバリズム
  • ナショナリスト
 

■講演会

fa2874092f37f8a0a30cd091bcdb58c7cec4e061
05bade58b8e8353e9c99b97d037e09f57d01eab99288bcaa2e083e1766a378c7818041e4c32f2509
作家の安部芳裕氏と佐々木重人氏が参加します!

「増山れな&天野統康の民主主義緊急事態宣言」

1月28日(土)
午後3時から 日野駅前 カフェ・コロラド
900円(軽食付き) ドリンク代別
カメラ、音声
コント出演者 スタッフ募集!
renaart1225@yahoo.co.jp
その後交流会あり

過去の講演会の様子はこちら

https://youtu.be/onkvo1TN7m4

■最新刊

98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

■絶賛発売中の本

8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e5211efe7c17d9b3d9265132b19f30b765c41ef7652

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
1990円(税込) 5月24日発売

<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』



HP

<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。

 

・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


(本文)


米TPP離脱、安倍首相の敗北-米メデイア スプートニク
https://jp.sputniknews.com/business/201701253271861/



上記記事にあるように、トランプ大統領によって米国が
TPPから完全に離脱した。
TPPに加入させるように米国を説得すると述べていた安倍首相の敗北だという記事だ。


安倍支持者によると安倍首相は、ロシアのプーチン大統領のような愛国者であり
ナショナリストなのだという。
 
それに対して、オバマ大統領などは、国際主義者であり、グローバリストであり、
対立しているという。
 
しかし、安倍首相は国際銀行権力・多国籍企業連合体に国家主権を譲り渡す
TPPをオバマ大統領とともに熱心に推進した張本人である。
 
最もグローバル化を推進している安倍首相がなぜ、ナショナリストであり
グローバリストと対立している、という論調になるのか?
 
恐らく、安倍首相の靖国や憲法改革のようなナショナリスティツクな発言を
もとにナショナリストだと述べているのだろう。
 
しかし、靖国参拝を行いナショナリストの装いをこらした小泉内閣が
日本の上場企業や郵政を外資に売り渡す改革を断行したように、
売国政策を行うときは愛国者のフリをするのは当たり前である。
 
むしろ売国政策を行うときは、より愛国者のフリをしなければらならい。
 
この手法に日本の保守派はここ20年間、手玉に取られ続けているように
思われる。
 
一方、構造改革や外資規制の撤廃に反対し、日本の経済的権益を守るような
政策を言い続けてきたのが、共産党なのだ.
 
経済的なグローバリスト政策を行ってきた政治家を
ナショナリストと勘違いし、経済的なナショナリスト政策を提言してきた政治家を
グローバリストと糾弾する矛盾に、国際銀行権力の騙しのテクニックを見る思いである。
 
私自身はナショナリストが単純に良いとは思わない。
 
愛国とは、その名の通り感情の問題であり、その中身は千差万別だからだ。
 
それよりも民主主義の目的である個人の尊厳が実現する社会を目指す
中で、国家が活用されるべきだ。
 
TPPは国民主権を侵害し、多国籍企業に主権を譲り渡す条約である。
 
民主主義を破壊するからこそ危険なのだ。
 
この流れを、国際銀行権力による民主政治の操作として図解すると以下のようになる。
e71abd816b06bcf0832cd848b29ecf89d568e258

上記のモデル図の内容を詳しく知りたい方は以下の動画をご覧ください

<動画解説> 世界を騙し続けた詐欺経済学と洗脳政治学

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細