天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

世界の支配者は誰? 上位62人と下位36億人の資産総額が同額であるという異常な格差社会の背景

2016/04/30 00:20 投稿

  • タグ:
  • 無料
  • 北野幸伯
  • ロシア政治経済ジャーナル
  • 格差社会
  • FRB
  • 国際銀行権力

講演会の予定

<リンク>5月29日 天野統康×孫崎享氏 ~世界を騙し続けた「詐欺経済学」「洗脳政治学」を超えて~


HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


==============

世界の支配者の構造はどうなっているのか?
それを知るには、現在の権力であるマネーの所有
状態を見ればよい。
何と、上位62人の資産総額は、下から36億人の
資産総額と同じであると、CNNが報じた。
36億人といえば、地球の総人口70億人の半数である。
更にCNNの報道では上位1%と、残りの99%の資産
総額は、
上位1%のほうが多いと報告している。
このような超格差社会が作られたのは、80年代の
米国のレーガン・
英国のサッチャー政権
から始まった新自由主義政策の影響である。
日本もこの流れの影響をうけており、
富の格差社会を作り出す新自由主義政策は、
80年代の中曽根政権から始まり、2000年代の小泉政権
以降に本格化し、
現在の安倍政権によって更に暴走している。
竹中平蔵氏などが主導して行ってきた労働市場の
規制緩和の結果、
正社員は減らされ、
非正規を拡大させ続けたため、日本が1億総中流から、
1億層下流に行きつくのも時間の問題である。
この新自由主義政策は、なんとなくそうなったのではなく、
マネーの権力者が富の格差社会を作り、支配権力を
強めるために
意図的に仕掛けたものだ。
その最大の武器になっているのが、マネー発行権であり、
それを牛耳る中央銀行を管理することである。
日米欧の中央銀行が大規模に行ってきた金融経済ばかり
潤わせる
量的緩和政策も、そのような背後関係から
考察することで、
政策のもたらす意味が見えてくる
のである。
このことについて、ロシア政治経済ジャーナルの北野
幸伯氏が
的確に伝えてくれているので、転載する。

(ロシア政治経済ジャーナルから以下転載)

★世界の支配者は誰?
全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!
北野です。
今日は、「この世の支配者は誰?」を考えてみましょう。
ところで、皆さんの会社の支配者は誰ですか?
そう、普通は、社長さんだったり、会長さんだったりですね。
(株主もいますが。)
社長さん、会長さんは、一番金があり、地位も高い。
そして、他の人の給料を上げたり下げたりすることもできる。
誰かがさぼっていても、さぼっていなくても、首にすること
もできる。
まさに、「会社の支配者」です。
こういう見方をもっと広げてみましょう。
皆さん、アメリカで数年前、「俺たちは99%だ!」という大規模な
運動が起こったことを覚えておられるでしょう。
意味は、「アメリカ人の1%はますます豊かになり、99%はますます貧しくなっている」というのです。
私は、この運動の話を聞いて、「うまいキャッチフレーズだな」と
思いました。
要するに、「本質はそうかもしれないが、少々大げさだ」と思った。
ところが、最近「それは本当なのだよ」という調査結果を知ったの
です。
CNN.co.jp1月18日から。
貧困問題に取り組むNGOオックスファム・インターナショナルは、
最新の報告書を出しました。
そこには「驚愕の事実」が明らかにされています。
↓
<オックスファムは今週スイスで開かれる世界経済フォーラム年次
総会(ダボス会議)に向け、米経済誌フォーブスの長者番付やスイ
スの金融大手クレディ・スイスの資産動向データに基づく2015
年版の年次報告書を発表した。
それによると、上位62人と下位半数に当たる36億人の資産は、
どちらも計1兆7600億ドル(約206兆円)だった。>
↑
どうですか、これ?
<上位62人と下位半数に当たる36億人の資産は、
どちらも計1兆7600億ドル(約206兆円)だった。>
つまり、トップの金持ち62人の資産は、貧しい方36億人の資産に
匹敵する!
また、オックスファムの報告書は、「格差が急速に拡大している
こと」をはっきり示しています。
<富裕層の資産は近年、急激に膨れ上がっており、上位グループの
資産はこの5年間で計約5000億ドル増えた。
一方、下位半数の資産は計1兆ドル減少した。>(同上)
上位グループの資産は、5年間で60兆円(!)増えた。
下位半数の資産は、5年間で120兆円(!)減った。
さらに、驚きの事実が出てきます
<また、上位1%の富裕層が握る資産額は、残り99%の資産額を
上回る水準にあるという。>(同上)
上位1%の資産は、残り99%の資産額より多い!!!
もう少し広くみてみましょう。
<富裕層と貧困層の所得格差も拡大を続けている。
1日あたりの生活費が1・90ドル未満という極貧ライン以下の生
活を送る下位20%の所得は1988年から2011年までほとん
ど動きがなかったのに対し、上位10%の所得は46%も増加した。>
(同上)
世界には、1日当たり1.9ドル(=228円)、つまり月7000円以下で暮
らしている人が、20%もいる。
世界の人口が73億人とすると、14億6000万人もいる。
どうですか、皆さん。
私は、かなり驚きました。
もう一度。
・トップ62人の資産は、下から36億人分の資産と同じ。
・トップ1%の資産は、残り99%の資産より多い。
・世界には、月収7000円以下の人が14億6000万人もいる。
・貧富の差は、ますます拡大している。
これを読んで、「俺たちは99%だ!」というのは、「事実なのだ
な」と知ったのです。
ところで、「36億人分の資産をもつ超富豪62人」って、どんだけ
パワーもっているんでしょうね?
▼この世の支配者、パワーの源泉
もう少し、別の観点から見てみましょう。
アメリカは、レーガンさんの時代の終わりごろから、
・世界一の対外債務国。
・世界一の財政赤字国。
・世界一の貿易赤字国、
であることは、皆さんご存知です。
ところが、30年もそんな状況を維持している。
なぜ、そんなことができるのか?
そう、米ドルが「基軸通貨」だからです。
つまり、アメリカは、「世界通貨」の「発行権」をもっている。
(近年は、ユーロや人民元に、その絶対的地位を侵食されつつ
ありますが。)
ところで、アメリカの中央銀行は「連邦準備銀行」(FRB)とい
います。
RPEの皆さんは、ほとんどご存知だと思いますが、アメリカの
中央銀行である
FRB は、100%【民間銀行】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なのです。
「トンデモ、トンデモ、トンデモ~~~!!!」
そんな新規読者さんたちの大合唱が聞こえてきそうです。
そうはいってもホントのことですから、ウソだと思ったら、興
味をもって調べてみてください。
誰でもアクセスできる情報として、ウィキペディアから引用し
ておきましょう。
<連邦準備制度は株式を発行していないが、
連邦準備銀行は株式を発行している。
ただし、合衆国政府は連邦準備銀行の株式を所有しておらず、
各連邦準備銀行によって管轄される個別金融機関が出資
(=株式の所有)義務を負っている。
また、個人や非金融機関の法人は連邦準備銀行の株式を所有
できない。>
こんな短い文章ですが、物事の本質を示しています。
・FRBは、株式を発行している。(株式会社である。)
・アメリカ政府は、FRB株を所有していない。
・個人、非金融機関は、FRB株を保有できない。
・金融機関(=民間銀行)がFRB株を保有している。
もう一つ、ここには書かれていませんが、「株主は非公開である」
という事実もあります。
ここまでの事実、意味を正確に理解しておく必要があります。
1、アメリカは世界通貨の発行権を握っている。(いた?)
2、世界通貨を発行しているのは、FRBである。
3、FRB株をアメリカ政府を保有しておらず、100%民間銀行
である。
4、FRBの株主は非公開である。

非公開なのでわからないですが、5~6の大銀行がFRBの株主だ
ろうと推測されているのですね。
「5~6の大銀行」というと、「銀行員うじゃうじゃ」思い浮
かべますが・・・。
しかし、5~6の銀行には、それぞれ頭取がいて、大株主がい
る。
そうなると、皆さんの会社と同様、「支配者は極めて少ない」
ことになるでしょう?
こういうことです。
5~6の銀行のトップ → FRBを支配 → 世界通貨ドルを発
行 → 世界に多大な影響
こういう構造になっていることは、丁寧に事実を追っていけば
誰にも否定できません。
▼なぜ彼らは支配者になれたのか?
民間銀行のトップが、覇権国家アメリカの中央銀行を支配している。
どうしてそのようなことが可能になったのでしょうか?
かつて、世界のほとんどの国々は、王によって統治されていました。
欧州の商人は平民で、なおかつ「金貸し」は、「キリスト教の倫理
に反している!」ということで、蔑まれていた。
(日本でも、江戸時代の身分は、士農工商。
商人は一番下に位置していた。)
彼ら(金貸し)たちは、そういう状況に不満で、徐々に権力に侵食
していきます。
そして、最終的には、覇権国家アメリカの中央銀行までも支配する
ようになった。
どうやって???
この件で最近、面白い本をプレゼントしていただきました。
「真の民主社会を創る会」天野統康代表の、
●「世界を騙しつづけた詐欺 経済学原論」
(詳細は→ https://hec.su/dzmx )
天野先生は、真の天才です。
今、世界は思想面でも行き詰っています。
共産主義が死に、
ケインズが死に、
唯一残った新自由主義の結果は、
「62人の資産が、36億人分に匹敵」
「トップ1%の資産が、残り99%よりも多い」
「14億6000万人が、月収7000円以下で生活」
世界中の人が、「現状はおかしい」と感じている。
それで、アメリカでもサンダースさんブームが起きている。
しかし、「じゃあ、どうすんの?」と聞かれたら、新自由
主義に変わる説得力ある代案を誰も出せない現状。
ところが、天野先生は違います。
現状のシステムは何が問題で、どうすれば解決するのかを
きっちり論理的に解説してくださる。
ジョン・ロック、
アダム・スミス、
マルクス、
ケインズ
を凌駕する天才といえるでしょう。
そんな天野先生はこの本の中で、
世界の支配構造がどうなっているのか?
どうすれば、よりよい世界をつくることができるのか?
を詳細に解説してくださっています。
是非ご一読ください。
●「世界を騙しつづけた詐欺 経済学原論」
(詳細は→ https://hec.su/dzmx
●PS
北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。
これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。
政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓
【4刷決定!】
●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)
北野 幸伯
(詳細は→ http://hec.su/hHN )
●面白かったら、拡散お願いいたします。>
(転載終了)


<リンク>ロシア政治経済ジャーナル 世界の支配者はだれ?




==============

(当ブロマガ記事は情報の提供を目的としており、投資の勧誘や個別の金融商品を
推奨するものではありません。
投資についてはご自身の判断で行っていただきますようお願い致します。)

================

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細