三味線弾き のコメント

Vol.169の配信、ありがとうございました。
悪事を働いているゆえか、よほど臆病なのか、政権側が憲法無視で表現の自由を侵害しまくりですね。一昔前は、政治家とゼネコン関係者が会食などしようものなら、マスコミにボコボコに叩かれて疑惑を追求されたものですが、いまや首相がマスコミトップと会食して堂々と癒着したり、高市のように圧力をかけても何のお咎めもなし。先進諸国では想像できない前近代的・原始的な惨状ではないでしょうか。
小林先生の仰るように、この政権とその応援団は、かなり頻繁に「だって民ちゅ君だってやってたから、ボクちん悪くないんだいっ!!」といったガキの言い訳を、少しの恥ずかしげもなく、むしろ誇らしげに吐きまくっていますよね。まともな社会人なら、上司や顧客から咎められても、こんなみっともない言い訳はあり得ません。小学生じゃあるまいし、こんな幼稚な連中が国政を担っている現実は怒濤に憂鬱ですが、これが140年前から進歩していない日本の民主制の現実なのでしょう。だからこそ徹底的に疑って監視の目を強化しなければなりませんね。

しかしカワイイもくれん先生の『ザ・神様!』、命がけのお産を担う女性がすべて神に思えてきます。イザナミは息絶え絶えになりながらも、新たな神々をお産みになったのですね(泣)しかもそのときの神の中に、皇祖神アマテラスに繋がる神がおられたとは全く知りませんでした。比婆山は小学校のとき林間学校で行きましたが、イザナミが葬られていることもつい最近まで知りませんでした。
インドの神話と日本神話が似ていると何かで読んだ記憶がありますが、こういう話だったのですね。生と死,破壊と創造,情と論理,発展と衰退,善と悪,...「物事の表裏一体」は普遍的なのでしょうね。ゴジラを思い出しました。あ、「いつの世も未練がましいのは男のほうやん」も普遍的真理です(笑) 『ザ・神様!』は勉強になるなぁ(^^)v

編集後記に大爆笑!!『けじめとは、ケツを締めることなり!』は名答です!

広島の府中緑ヶ丘中学校、拙者の卒業校で今春から長女も通う予定なのでビックリです。いろいろと思うことはあるのですが、担任の先生も学校も、生徒と接した体験や直感よりも既存の書類情報の方を信じてしまったのかも知れません。こういった件で、ルールの徹底や強化を試みても、健全な想像力や感性を活かせるようにしなければ、バカ化が促進されるだけで何も解決しない気がしています。

No.35 68ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細