ライスバーガー のコメント

「ゴー宣」の感想をひさびさに書けますね。
安保条約の事、自分はまったく思い付かなかったので、目からウロコが落ちてしまいました。
ホントそうですよね・・・。これに気付くよしりん先生が天才なのでしょうか?
政治や軍事の専門家は、指摘しているんでしょうか?
マスコミが、それらを取り上げないんでしょうか。つまり意見収集や勉強を、
マスコミ人がしていないのでしょうか。

それとも、専門家はただ自分の研究に没頭しているだけで、
マスコミ人は、話題になっている発言を分析せずに流すだけで。
「公のために、日本のために、自分は何をなすべきか?」
という根本的な信念が、足りないから、こういう見解が出てこないのでしょうか。

そう考えると、よしりん先生やゴー宣道場の存在が、
その根本的信念を広めてゆく核となるために肝要であるし、
専門家やマスコミ人にそれが伝わる事を、願ってやみません。

もうひとつ思ったのは、安倍晋三がオバマになめられ、嫌われてるのは
当然ですが(日本人でもそうですからw)、
べつに安倍に限ったことではなかったような気がしてしまいます。
さも日本のマスコミは対等な会談のように装ってきましたが、
昔から、日米首脳会談は、アメリカの大統領に完全になめられてきた印象があります。
日本はスパイや人脈を作って、アメリカに下調べや根回ししなくてはいけないと、
こういう事があるたんびに、いつも感じます。
でないと、天皇陛下まで侮辱されているようで、アイデンティティーが傷つきます。

そして、「施政下」。この言葉で、安倍は結局了承したわけですね。
オバマ側は、それ以上の言葉を出してこなかったわけでしょう。
強気で、時間の制約があり早くこれで合意しろって、圧をかけながら。
官邸やら、その周辺はこれでいいのかって、あたふたしたんでしょうね。
ひょっとしたら、オトモダチの岡崎とかに電話して、訊ねたかもしれません。
「”領土”って言葉にしてくれない。大丈夫かな?」
「だいじょうぶだいじょうぶ。大きい功績だよ。マスコミ対策は私がやるから!」
なんつって。妄想がひどすぎます?(笑)
でもなんかそういう、アメリカへの対応をオトモダチとあたふた話してる想像図しか
思い浮かばないんですよ。
とにかく、「施政下」でマスコミを誤魔化せる、誤魔化そうと、決めたわけですね。
しかし、小林よしのりは騙されなかったぞ、と。

どうしてみんなアメリカの奴隷になっちゃうのか、
よしりん先生に質問したいです。

No.53 89ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細