Chariot のコメント

YouTubeの飲食業ゆっくり解説チャンネルで、こんな動画を見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=piRLsXm_EZg
飲食店に対する都の給付金の支払いが18.9%(恐らく申請件数に対しての割合)にとどまっている、という内容。
経営者らのリアルな憤りの声が紹介されており、都の対応が極めて杜撰で不親切であることがうかがえます。
グローバルダイニングのニュースにも少し触れており、他にも時短に従わない店は多数あるのにグローバルダイニングだけ狙い撃ちされたのではないか、と対応の不公平性に言及しています。
そもそも1日6万円程度では何の足しにもならないこと、売上の低い小さな店は給付金バブルと沸いていること、従業員らの生活を守るためにも背に腹はかえられぬと堂々と店を開けて酒を出している店も一定数存在するといったような現状が伝えられています。

また、映画館はそもそも法的に換気が義務づけられており、国は営業OKとしているのに都が休業要請を出しているのはおかしいこと、映画館の従業員らが「科学的根拠を示せ」と駅前で小さなプラカードを手にして訴えていたことは、私はこの動画で知りました。
日本映画史に残る大ヒットを記録した『鬼滅の刃 無限列車編』でもクラスターは全く発生していなかったのに、という憤りは全くその通りだと思います。

何でも小池は会議で「このままだと協力金の支払いは事実上不可能」と発言したそうで、それがネットでは大炎上しているそうです。
私はテレビの報道やワイドショーはほとんど見なくなったし、そもそも大阪在住なので東京の空気感が分かりません。
上で挙げられていた「現状」の幾分かでもマスコミで報じられたことがあるのかどうか。
そして、ピリピリしたムードはあるのかもしれませんが、昨年の今頃とは異なり、「小池憎し」という気運は高まっているのではないか。
ちなみに給付金支払い遅延は大阪でも発生しており、支払われているパーセンテージは東京より少し高い程度だったと思います。
吉村は何ら悪びれることなく、それどころか口角を少し上げた表情で「月内に支払い完了させるようにします」と言ってました。
本当に腹が立つ。
ちなみに上記の動画、所々ツッコみたくなる所はあるのですが、わずかでも現場のリアルな状況が紹介されているという点が参考になったため、投稿させていただきました。

No.252 4ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細