基礎医学研究者 のコメント

>>216
告知ありがとうございました、『ちぇぶラージオ』お疲れ様でした。楽しく聞かせていただきました(自分は、チャットに参加していませんが、音声はきちんと聞くことができました。

さて、印象に残った部分をいくつか挙げさせていただきました。

・ケロ坊さまが、冒頭の熱い「まえがき」から、第一章の「コロナ君とわし」のところで、よしりん先生のラップ調電話会話→かわいいコロナ君登場というふんわりした感じのギャップに驚いた、と言われたのは非常に印象的で、自分も同意でした。

・「お二人の力が入っていたところ」と自分は感じましたが、本来重厚な本のはずの「コロナ論3」をあえて要約したのが、「おしえて!コロナ君」であり、コロナ君が表情豊かでかわいいキャラだが、セリフの一言一言が異様に詳しく説得力があるという言及がありました。それで、よしりん先生は本来重厚な本を作る主義のはずですが、萬田先生がかつて「もっと短くまとめられないですかね~」といわれた要望をあえて実行するとこのようになる、というのは非常に新鮮でした(非常に説得力を感じた次第です)。

・それから、おしえてその9(PCR検査をふやせば感染をおさえられるってほんとう?)の部分のちぇぶ様の現場での体験談。仕事で一緒の20台のにいちゃんがPCR検査を何度も経験しているが、「PCR検査ってコロナのために開発されたんですよねー!」という認識に驚いた、という部分が、大変印象的でした。といいますのは、自分は研究者をしていてPCRは実験でも検査においても日常的に使用していますが、まさかこの1年で「PCR」というキーワードがここまで日常一般で使用されるとは思ってもみなかったので、”そのことに驚いた”というのが実感としてあるからであります(でも、このように現に広まってしまったのならば、PCRの概念の正しい普及は重要で、「コロナ論3」はその役を充分担っていると、私見では思われました)。

それでは、今後のラージオに期待しております。
とりいそぎ、感想まで

No.234 4ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細