藤田寛司 のコメント

コロナ論3読みました。素晴らしい内容で、1,2のまさに完成形。
わたしは、コロナ関連では、コロナ論のほか、専問い、コロナ脳、をはじめ
他にも、井上正康「本当は怖くない新型コロナウイルス」、西村秀一「新型コロナ正しく恐れる」、大橋眞「PCRはRNAウイルスの検査に使ってはいけない」、鳥集徹「コロナ自粛の大罪」などを読みました。
これらの著者に共通しているのは、今の自粛政策や、感染症対策は間違っていて、反コロナ脳なのは明らかです。
この際、コロナ脳の著者のものはテレビで十分なので読む必要はないので読んでいません。そもそも本は出している
人は少ないですが。

しかし、それぞれ、主張している論拠は少しづつ異なります。
マスクは必要だという人、空気感染の可能性を訴える人、などなど。
そして、コロナ論3を読んだ直後、近藤誠「怖いほどよくわかる、新型コロナとワクチンのひみつ」を読みました。
最後に読んだこの本は、同じ反コロナ脳でも少し趣が変わります。
大きな主張は以下の通り。
新型コロナは空気感染の可能性がある。(そのような研究結果がある)
インフルエンザが感染者が大量に罹患したのは検査病だから。(高原検査で診断されるから)
インフルエンザ脳症は、解熱剤等の薬害である。
ワクチンの歴史は、薬害の歴史でもある。
新型コロナの重症化は、治療薬が間違っていたからと常用薬との関係。
超過死亡が少ないのは、医者に行かないで治療しなかったから。(医者に殺されずに済んだ)
などです。
とにかく、この先生は医者ですが薬を飲むなと言います。熱があるのは戦っている証拠だからということです。
まさに、よしのり先生がインフルエンザに対しての対処をそのままのことを言っていました。
そして、新型コロナに対する考えは、
マスクは、ほぼ効果がない。外を歩くのにマスクなど必要はない。黙っていれば必要ない。
ワクチンより、なるべく多くの人が感染して集団免疫を獲得し、季節風邪のレベルに持っていく。
とにかく、ワクチンは打たないほうがいい。製薬会社をもうけさせるだけ。

新型コロナ、スペイン風邪、インフルエンザなどの感染症の歴史を薬害の点からみた
なかなか面白い内容でした。ウイルスの専門家ではありませんが、結論はほぼ同じ、
自粛は愚かなこと、一人一人が、自分で考え行動するべき。
健康な人なら罹っても心配いらない、自力で治せる、
ということです。

No.167 4ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細